首都圏メトロマニラ7月15日までGCQ継続

みなさん、こんにちは。

昨晩遅くにドゥテルテ大統領が会見を開き、殆どの地域で7月15日まで防疫措置の継続が発表されました。

ECQ(防疫強化地域)
セブ市

GCQ(一般防疫地域)
ルソン地方=首都圏、ベンゲット、カビテ、リサール各州◇ビサヤ地方=レイテ、南レイテ各州、セブ州(セブ市を除く)

その他の地域は、さらに規制が緩い「MGCQ」(修正一般防疫地域)か「低リスクMGCQ」に分類されます。

首都圏メトロマニラは、7月15日までGCQが継続されます。マニラ市では、バランガイによって7月4日から7月5日の二日間、ハードロックダウンが実施されます。バランガイハードロックダウンの地域はマニラ市のFaceBookをご確認ください。

https://www.facebook.com/ManilaPIO/

GCQの継続により首都圏の旅行代理店は、引き続き営業できないこととなります。

悲しいことですが、感染者に歯止めが掛からない以上致し方ない処置なのでしょう。。。

早く新型コロナウィルス感染症が終息し、フィリピンで皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。。。

 

今日の散歩風景紹介は、パサイからマラテエリアの散歩になります。

タフト通りを歩き、オカンポ通りからFBハリソン通り、マビニ通りを歩きながらマラテエリアを散歩してみました。

タフト通りをオカンポ通りに向けて歩きます。

 

 

 

LRT(高架鉄道)の下なので、風景はあまり変わりません。。。

 

SOUTH CIYU BUS TERMINALは営業していました。

 

オカンポ通りの交差点が近づくと、信号の影響で渋滞します。

 

 

反対車線に移動しました。

 

オフィス家具のお店のようです。

 

こっちの車線は空いていますね!

 

 

タウト通りとオカンポ通りの交差点。

 

今回はここを左に曲がります。

 

このビルの1階にはスターバックスがあり、コロナ前は学生さんがよく利用していました。

 

 

オカンポ通りは車線が半分通行止めになっています。

 

 

この日は、Leveriza通りの所で、無許可営業の露店野菜売りの強制撤去が行われているようでした。

 

左のトラックに野菜を積んでいて、おばちゃんたちが大声で文句を言っているようでした。

 

 

アドリアティコ通り

 

 

 

センチュリーパークホテル

 

 

ハリソンプラザあった場所に行ってみます。

 

建物はまだ壊されていません。敷地に沿って囲いがされています。

 

 

 

 

FBハリソン通り

 

  
トップに戻る

コメントする