首都圏マニラGCQ継続、7月末まで

みなさん、こんにちは。

昨晩、7月16日からの防疫措置見直し発表がありました。

首都圏マニラは、GCQ(一般的な防疫地域)の継続、ECQだったセブ市は、MECQ(修正を加えた強化された防疫地域)に緩和されました。

発表された防疫措置は7月末までとなり、その都度見直しされます。

首都圏マニラはギリギリGCQの継続になったようで、7月末までの間状況が悪くなったら、MECQに戻る可能性を大統領スポークスパーソンのハリー・ロック氏が述べています。

GCQに地域は以下の通り

首都圏
ラグナ
カビテ
リサール
マンダウエ市
ラプラプシティ
オルモックシティ
南レイテ
サンボアンガ市
ブトゥアン市
アグサンデルノルテ
バジラン

 

 

 

ロハス通り

 

オカンポ通りを歩きます。

 

 

 

 

F.Bハリソン通りの交差点

 

 

センチュリーパーク

 

 

 

 

 

この辺も交通量が少なくなりました。

 

 

野菜屋さんが多いエリア

 

 

 

タフト通りの交差点

 

 

次はどこに行こうかな

 

 

  
トップに戻る

コメントする