健康保険公社(PhilHealth)の大規模な汚職問題

みなさん、こんにちは。

コロナ禍で、ロックダウンが続いている中、フィリピンでは健康保険公社(PhilHealth)の大規模な汚職問題が取り上げられています。

すべての企業の従業員は公社の健康保険への加入が義務付けらていて、病気の治療や入院時に給付や特典があるのですが、健康保険公社が病院に治療費を過剰に支払っていた問題やコンピューター機器などの購入にも大幅な水増し請求になっていたと伝えられている。

その汚職金額が半端ない数字で1500億ペソとも報じられています。

フィリピンの汚職防止委員会(PACC)は、PhilHealth(フィルヘルス)の職員36人が不正に関与していたとする調査結果を明らかにしています。

 

ドゥテルテ大統領はめちゃくちゃ怒っているそうです。

 

 

8月13日の新規感染者数は4,002名

 

昨日は1403名が回復しています。

 

 

 

  
トップに戻る

コメントする