マカティ市31日からアルコールの提供解禁

みなさん、こんにちは。

現在GCQ(一般的なコミュニティ隔離措置)の首都圏マニラです。

レストランでは店内飲食が可能になっています。

マカティ市では7月の中旬からアルコールの提供が禁止されていましたが、8月31日より飲食店でもアルコールの提供を認めると発表されました。

レストランで飲食する場合は2時間まで、アルコールを飲む場合は、食事とともにオーダーすることがルールとして規定されています。

ワインは1人2杯まで、ビールは一人330ミリリットルボトル2本まで、カクテルは一人2杯までなど、細かい規定も発表されています。

 

 

 

Leveriza 通り

 

 

ファイスシールドを着用していおる人が増えました。

 

 

 

キリノ通りとの交差点

 

 

 

 

 

 

サンアンドレスのフルーツマーケット

 

 

MA Orosa 通り

 

 

 

  
トップに戻る

コメントする