CORREGIDOR TOUR

 

戦跡コレヒドール島
マニラ湾の出口に浮かぶコレヒドール島は太平洋戦争当時、沢山の戦死者を出した要塞の島です。
スペイン統治時代からマニラを海から守る戦略上の要衝として利用されて来ました。
太平洋戦争中の1941年12月に日本軍がフィリピンに攻め入ると、ダグラス・マッカーサーはコレヒドールに司令部を置いて防衛戦線を指揮しました。
 

1942年4月にバターン半島の米比軍は降伏しましたが、コレヒドールでは戦いが続きました。その後、日本軍が占領したものの、結果的に双方での戦死者は10000名を超え、日本軍は約4500名以上の戦死者を出しました。それはたった9平方キロの島の出来事だったのです。

 

島には日本軍戦死者の慰霊墓地がありますが、訪れてみると若い20代の墓地もあり、何かいたたまれない気持ちになります。
賑やかなマニラも良いですが、歴史があって現在があります。フィリピンが好きな方には、一度はコレヒドール島を訪れて頂きたいと思います。所々に残っている銃弾の後で、フィリピンという国の歴史を再認識できると事と思います。

 

※お申込の際、「フルネーム」と「満年齢」が必要になりますので、メールフォームの備考欄にご記入をお願いいたします。
※ターミナルフィー P30が別途かかります。お客様が直接お支払い下さい。

 

◆7月から9月の期間は木曜日~日曜日の運行となります◆

 

料 金
1名様参加の料金

P4300

2名様参加の1人様料金

P3800

3名様参加の1人様料金

P3800

4名様参加の1人様料金

P3800

5名様参加の1人様料金

P3800

6名様参加の1人様料金

P3800

※コレヒドール島入場料(昼食付)
※往復ボート代
※マニラエリアのホテルからの往復送迎
(7:00AM)ホテルへお迎え(7:30AM)ボート乗り場着
(8:00AM)ボート出発
※昼食はレストランにてビュッフェです。
(2:30PM)コレヒドール出発
(3:45PM)ボート乗り場着~解散

 

※Light & Sound Show at the Malinta Tunnel (ライト&サウンドショー マリンタトンネル)

マリンタトンネル内のライト&サウンドショーがご覧いただけます。

 

マリンタトンネル入り口

 

マリンタトンネル内

 

有名なハーン砲台。これで対岸の
バターン半島を攻撃しました。
こちらは弾薬庫近くのウェイ砲台。
米軍将校用の映画館跡。
当時は優雅な生活の時もあったようです。
島の中央にあるマリンタトンネル。
ここで多くの日本軍が自決しました。
日本人戦没者の慰霊碑。
近くには戦没者の墓地もあります。
敷地内には博物館もあり当時の銃器や
備品等が展示されています。
 

ボート乗り場はMoll of Asiaの近くです。