PALAWAN UNDERGROUND RIVER TOUR

 

 

 

プエルトプリンセサ地下河川公園ツアー

(1日コース)

 

1名様P1900

※ご宿泊のホテルによって料金が変わる事がございます。

 

☆ご予定日から最低1週間前のご予約が必要となります。
プエルトプリンセサ地下河川公園ツアー(1日コース)は、プエルトプリンセサの宿泊ホテルからの出発となります。
1名様からご予約お受けできますが、現地での移動車は他のゲストとの混載となります。

 

プエルトプリンセサ地下河川公園(PPUR)
PPURは、Puerto Princesa Underground River の略。プエルトプリンセサ市街より、車で約3時間。島の反対側である西フィリピン海(南シナ海)に面する、サバンと言う地区にあります。1999年、既にユネスコの世界遺産に登録されてましたが、人気が沸騰したのは昨年2011年11月11日、新世界の7不思議に選ばれてからです。現在、現地を訪れる方は毎日1000人前後、多い日には1200名を超える観光客が訪れるそうです。以前は無料だった税金が、今年3月6日より環境税としてP40が徴収されるようになりました。現地ツアーは、現在完全予約制となっており、1か月ほど先まで予約がいっぱいの状態でした。事前の調査では現地への道も未舗装のところが多く移動が大変との情報でしたが、観光客が落とすお金が道の整備にも使われているようで、今回一部の道路を除いて殆どの部分で舗装がされており、思ったほどの苦痛はありませんでした。上記のように現在は、直接行かれても地底川へ入ることは実質無理のため、事前予約を済ませてからの出発になります。

 

ツアーの車が連れて行ってくれる港には観光事務所があり、ここで予約者名の確認があるため、写真付きのIDが必要となります。

 

手続きは現地ガイドがすべて行ってくれます。

ここでバンカボートに乗りますが、このボートは直接地底川へは入りません。

 

地底川へ入る拠点までは約15分程度の移動です。

 

ボートの乗り降りの際に濡れますので、サンダル・短パンに着替えた方が良いと思います。

 

拠点に着いた後、徒歩で数分の移動があり、地底川へ入るボートの順番待ちとなります。

 

今回我々は20分程度の待ち時間で乗れましたが、ピーク時の場合1時間待ちはざらのようです。

 

訪問時の話では、20名の船頭さんでローテーションをしているそうで、1艘10名程度の乗員のため、ここでの待ち時間はある意味仕方ないかもしれません。

 

近いうちに10名程度の船頭さんの増員があるとの情報も聞けましたので、現在少しは状況もよくなっているかもしれません。

 

ボートの順番待ちをしている間に、ライフジャケットとヘルメットを装着します。

 

いざ出発するとツアーの行程は、約40分程度。

 

全長8.2キロと世界最大級の地底川ですが、ツアー客が入れるのは入口から2キロ程度。

 

テレビの特集などでは、幻想的で厳かな感じですが、実際には船頭がタガログ語で冗談ばかり言って船上は笑いの渦。

 

下船後、いつも冗談ばかり言っているのか聞いてみたところ、「暗い洞窟の中、笑わせないとゲストは怖がるから」なんて言ってました。

 

フィリピンらしいと言えばフィリピンらしいです。タガログがわからない方には、あまり意味はない説明ばかりでしたので、耳栓でも用意してじっくりと雄大な鍾乳洞に浸るという楽しみ方もあるかもしれません。

 

プエルトプリンセサ国際空港と地下河川公園の位置関係
画像をクリックで拡大します

 

徒歩数分の移動で、地底川へ入るボート乗り場へ
新世界7不思議に選ばれた記念碑 いよいよ地底川へ入るボートの順番が来た観光客
地底川、鍾乳洞への入り口