MANILA SOUTHWOODS GOLF & COUNTRY CLUB
Congressional Rd, General Mariano Alvarez, Cavite

 

メンバーの豊島さんとキャディさん

 

2017年8月27日~10月21日までプレイ可能です。

 

 4~10月
平日料金

P5700

週末料金

P7000

 

  11~3月
 平日料金

P6600

 週末料金

P8600

 

 

マニラからの送迎
セダン

P4900

 バン

P5400

 

 

キャディー(18H)

P450

カート(2人乗り)

P800

貸しクラブ

P850

貸しシューズ

無料

 

ジャック・ニクラウス設計、レ ジェンドとマスターズの2コースがあります。数々のフィリピンオープンが行われた名コースです。

※当コースは、メンバーと同伴であれば一般の方でもプレーができます。

マニラから約車で2時間
マニラサウスウッズのご案内
マニラサウスウッズはマスターズ(MASTERS)とレジェンド(LEGEND)の2つのコースがあります。マスターズコースGOLD=7225ヤード/75.8(コースレート)
バック=6896ヤード/73.5(コースレート)
レギュラー=6613ヤード/70.3(コースレート)
レッド=6033ヤード/70.1(コースレート)

 

レジェンドコース
GOLD=7152ヤード/74.1(コースレート)
バック=6851ヤード/72.8(コースレート)
レギュラー=6535ヤード/68.6(コースレート)
レッド=5895ヤード/69.4(コースレート)

 

マスターズはジャックニクラウス設計でアメリカのPGAツアートーナメントでよく見かけるような景色をしています。戦略的にかなりハードなコースです。レジェンドは南国特有のフラットなコースで比較的早めにグリーンオンしますがパッテンググリーンがとても早く油断出来ません。れはあくまでもイメージでの説明です。個人によってイメージは異なりますのでご了承ください。どちらのコースでも選択できますが初めての方にはLEGENDをお勧めしてます。

 

サウスウッズゴルフ
カビーテ州は、カルモナにありますメンバーシップコースです。ゴルフ場の敷地は広大ですので正式な住所はカルモナとなっておりますが、メンバーであればマニラから向かうと専用出口と言っても過言ではないサウスウッズ出口ご利用をされると近道になります。メンバーでなくてもサウスウッズ出口から向かえる道もあるのですが、道に詳しい方でないと難しい為、一般にはその先カルモナ出口ご利用の方がわかりやすいです。フィリピンに数あるゴルフ場の中で、ツーリストに門戸を開いていない名門ゴルフ場がいくつかありますが、こちらサウスウッズもその一つです。通常は旅行会社では扱えないゴルフ場ですが、知り合いのメンバーさんのご協力で、ねもとでも昨年より限定期間ではありますが、予約をお受けできるようになっています。ご協力をいただいておりますメンバーさんは、豊島さんと言う日本人の方です。現役時代は日本で会社を経営されていましたが、数年前にリタイアされて今は日本とフィリピンを行ったり来たりの生活をされています。サウスウッズゴルフは、メンバーと同伴であれば一般の方でもプレーができますので、現在は豊島さんがフィリピンにいらっしゃる期間だけご予約をお受けしております。今回、豊島さんの案内で初めてゴルフ場を見学させていただきました。さすが名門コースだけあって、駐車場には高級車がずらりと停まっていました。コースもとても整備がされていて、日本からVIPが来られてもはずかしくないコースだと思います。

 

プレイに先立って
根本トラベルへのお支払いの他にかかる費用がございますので下記に御説明いたします。乗用カートは別料金になってます。2人乗りで1台600ペソ(1500円位)です。例えば3名様がプレイする場合2台の乗用カートが必要になります。また、プレイの進行上必要台数を借りていただく方向でお願いしております。同伴するメンバープレイヤーがお立替して御用意いたしますので事前にネモトトラベル宛御連絡下さい。(一人一台注文されるお客様も御座います。)キャディーフィー(450ペソ/1名様)は前払いシステムとなっております。カート同様前もってお立て替えした同伴メンバープレイヤーにお支払いください。またこの国のほぼ常識になっておりますチップをプレイ終了後キャディに払う形になりますが(強制ではありません。)おおむね300ペソ前後お支払いいただければ幸いです。茶屋が9ホールに1箇所有りまして簡単な飲食が出来ます。また概ね2ホールに1箇所ミネラル水飲み場が有りますがコップがないのでペットボトルの様なものを持ち込むと便利です。飲食代金は現金払いなので細かいお金を持参すると便利です。お持ちで無い場合はフロントロビーで両替が出来ます。万が一の時のためにパスポート(コピーでokです。)を御用意下さい。日本と違いゴルフ場では傘を用意してません。たとえ雨が降らないとしても日差しが強い時、日よけとして使えるので便利なのでご持参いただければと思います。クラブハウスには売店も御座いますのでそこで購入することも出来ます。キャディーの他にアンブレラガールも手配可能です。半ズボンやスカートでのプレイは蚊に刺されたりラフに入ると蟻に噛まれたりするのでやめた方が良いのではと思います。但し、半ズボンやスカートでプレイをしておられる方もいらっしゃいます。

ティーオフタイムに関して
平日は特別なトーナメントが無い限り比較的空いてます。また36ホール有りますのですし詰め状態になる事は滅多にありません。また日本と同様に土日祝日は多くのプレイヤーがプレイしますが、たとえメンバーでも3人以上のグループでないと午前中のプレイは出来ず午後2時以降でのプレイとなります。従ってもしお客様が2名様以上で有れば私を含め3名以上ですから如何なる時間も可能です。また10時位までは3名以上のプレイヤーでごった返しますがそれ以降はガラ空きなので(2名以下のプレイヤーが2時まで待つ状態)。10時以降のティーオフで有れば前後を気にせずプレイ出来ると思います。

 

注意事項

マスターズコースの土日祝日は3人以上のプレイヤーの条件で8時までのティーオフで打ち切りになります。それ以降は11時からのティーオフになりますのでご注意ください。8時01分から10時59分までの予約は出来ません。毎週月曜日は芝の養生目的で36ホール中18ホールがクロースになります。どのホールがクロースになるかは当日で無いと解りません。練習場はドライビングレンジ(午前11時までですと芝の上から直接打つことが出来ます。)アプローチグリーン、バンカー練習場、パッテンググリーンと全てそろっています。但し月曜日は全ての練習場がクロースになりますのでご注意ください。ねもとでの手配は、平日料金6600ペソ。週末料金8600ペソとなっております。キャディ代は別途になっております。キャディ代は、450ペソとなっております。