はやくMGCQになってほいいなぁ~

みなさん、こんにちは。

首都圏はMECQからGCQに緩和され、順調にいくと今月16日は、MGCQとなり、すべての業種に制限付きの業種もありますが、事業再開の許可が出ます。

旅行代理店は第4種産業カテゴリーに区別され、MGCQに緩和され50%以下の再開が認められます。

ねもとで現在行っているサービスは送迎サービスで、自宅から会社の送迎や、帰国される方の空港送迎などを行っております。

旅行代理店が営業再開いたしますと、いよいよいつ観光目的でフィリピンに入国できるのかということになりますが、正直まだ分からない状況です。

ただ、世界的に見ると、ギリシャは、6月15日より29ヶ国からの観光客を認める発表が出されるなど、国際的に観光が再開しそうな兆しです。

マニラも多くの会社が再開し、車も多くなり活気が戻りつつあります。

フィリピン旅行を計画しておられるお客様、もう少しの辛抱をお願い申し上げます。

 

ねもと前のブエンディア通り、渋滞はないですが、交通量は日々増えています。

 

 

 

 

 

LRT(電車)を利用する人は思っていた以上に少ないです。

話によると、50%以下の乗車でも密室空間で第三者と乗るのは危険と考える人が多いみたいです。

ねもと近くのバスステーションはまだ再開していませんが、バスの同様に危険と考える方が多いようです。

  
トップに戻る

コメントする