MGCQで許可される産業

みなさん、こんにちは。

首都圏は、昨日から理容店の営業が再開されました。

6月からGCQに緩和され、多くの業種が再開しています。

許可される業種は4つのカテゴリーに分けられ、現在首都圏で許可されていないのは第 4 種産業カテゴリーに分類された業種になります。

第 4 種産業カテゴリーは、フィットネスジム、スポーツ施設、娯楽産業(映画館、劇場、カラオケ・バー など)、子供向けアミューズメント産業(プレイルーム、遊具 など)、図書館、美術館、博物館、その他の文化的施設、観光施設(遊泳場、ビーチ、リゾート施設など)、旅行代理店、旅行添乗員、旅行に関する予約サービス等、パーソナル・ケア(マッサージ、サウナ、美顔、ワックスなど)

となっており、GCQからMGCQに緩和されると、この第 4 種産業カテゴリーの業種も50%の人員体制で営業が許可されます。

これからMGCQに緩和され、この次にいよいよすべての隔離措置が解除されるという流れになります。

おそらく解除されてもマスクの着用などやソーシャルディスタンスなどは義務付けられるかと思います。

隔離措置が解除されてしばらくすると海外旅行者の受け入れが検討されるかと思います。

現在発表されている学校の開始時期が8月24日という予定ですので、海外旅行者の受け入れは、それ以降になるかもしれません。。。

まだ、フィリピン政府から、いつから首都圏がMGCQになるかは発表されていませんので、発表されたらご報告したいと思います。

 

現在ねもとレストランでは、デリバリー及びテイクアウトを行っています。

ねもと定番メニュー「ねもと弁当」

営業時間、午前10時~午後7時

デリバリーは下記にお電話お願いいたします。
(02)8525-58-95 / 0917-550-66-40

メニューはダウンロードできます。

ねもとレストランメニュー(PDF)ををダウンロード

 

  
トップに戻る

コメントする