明日から首都圏マニラはGCQに緩和です。

みなさん、こんにちは。

昨日遅くにドゥテルテ大統領が会見を行い、今日までMECQ下におかれていたマニラ首都圏及びラグナ、カビテ、リサール、ブラカンを明日19日よりGCQ(一般防疫地域)にるると発表されました。

これにより、公共交通機関が再開し、レストランでも飲食が制限付きで認められます。ヘアサロンやスパについても制限付きで再開できますので、散髪に行きそびれてしまった方も嬉しい発表です。

フィリピン全土ですと、ECQ及びMECQが無くなり、GCQ以外の地域はMGCQになります。

ただし、3月16日より続くロックダウンは続きていますので、マニラにおられる方はルールに従って、健康には十分にお気を付けください。

 

昨日のドゥテルテ大統領の会見

 

昨日の新規感染者数は3314人

 

回復者数237人

 

検査総数は1,921,207件

  
トップに戻る

コメントする