アンヘルスの現在の様子

皆さんこんにちは、いつもご覧頂きありがとうございます
2,020年3月、コロナウイルス感染対策のため国内外の移動を禁ずる「ロックダウン」がスタートして以来、
遠方への移動は規制が厳しく、州またぎの移動は各種書類(警察からもらう移動許可証や健康診断証明書など)が

多く必要で、中々簡単に訪問することが出来ませんでした。

ようやく最近、それらの書類が無くても行ける箇所が増えてきましたので、
今回は「アンヘルス」の現在の様子を見に行って来ました。
ねもとのお客様にはアンヘルスファンが多いので、行きつけのホテルやバーが今どうなっているか、
大変気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
街の一部分ではありますが、どうぞご覧くださいませ。

 

 

久しぶりに見た「DAU」の文字!!そして、ルソン島では、昨年12月2日より、全高速道路が「キャッシュレス支払い」が

義務付けられました。NLEXは「RFID」という会社のキッシュレス方式を採用しているので、

日本でおなじみの「ETC」とは表示されていません。

 

 

インターを降りてすぐのダウの街。明らかに車も人も少ないです。
まさかこんなに静かな街になってしまったのか・・・。
このまま、アンヘルスを目指してマッカーサー通りを走りましょう。

 

 

アンヘルスに近づくにつれ、徐々に車もバイクも増えて来ました♪
やっぱりこうでなくちゃね!

 

 

 

でもやはり、閉店を余儀なくされた店は多いようです。

ロックダウン前に建設中だったショッピングモールも、進行が大変遅れているように見受けられます。

 

 

ねもとアンヘルス事務所の前の道路です。

この道を、写真右手に方面に真っ直ぐ進むとウォーキングストリートです。

 

 

 

ワイルドオーキッドリゾートです。
現在は閉館中・・・。

 

 

パシフィックブリーズも、閉館中。
ちなみに、オーキッドインは完全に閉館してまったそうです(涙)

 

ルイスグランドホテルも閉館していました。

白い塗装は剥がれ落ち、ロビーには荷物が山積みで、あの豪華なイメージとは真逆の状態でした。

  (写真が不鮮明ですがご容赦くださいませ)

 

 

ウォーキングストリートに近づくにつれ、車と人は増えてきましたが、以前に比べるとかなり少ない印象です。

 

今まで「バー」とし営業していたお店は、レストランに業態を変えて営業をしているようでした。
そして、韓国人向けのお店が大変増えている印象です。街にはハングル文字が溢れていました。

 

観光客の受け入れがスタートすれば、きっとすぐにまた以前の賑わいを取り戻すはず!

一刻も早い観光VISAのオープンを、心から願います。

  
トップに戻る

コメントする