マニラ名物の2つの「車」

皆さん、こんにちは。
いつも、ねもとのブログをご覧頂き、ありがとうございます。

先日、マニラ名物の2つの「車」に乗ってきました。
1つ目は、MALL OF ASIA にある観覧車。
2つ目は、イントラムロスを闊歩する馬車。

どちらも、今まで気になりながらも乗ってみたことがありませんでした。

実際に乗ってみたら実はと~っても楽しかったので
その時の様子をご紹介させて頂きます!

 

 

MOAのプレイランドエリアにそびえたつ「MOA EYE=モア・アイ」
料金はお一人150ペソです。

 

 

 

コロナ感染対策のために、乗客者リストに名前と電話番号、体温などを記入します。

そして、ゴンドラへ。スタッフさんが既にお出迎え♪

 

 

全ゴンドラエアコン付き(窓はあります)
でも、太陽の日差しが暑い・・・💦💦

 

 

 

 

MOAがどんどん小さくなっていきます。

 

多分この辺が最高地点かな?
地上高55mだそうです。
超~気持ちイイ♪

 

 

マニラ湾がキラキラ光っていて、とても素敵な景色です。水平線が遥か彼方に・・・。

 

 

うっとりマニラ湾を見ていたら、気が付いたら地上付近。
下りる準備をしなくてはなりません。
スタッフの姿がどんどん大きくなる・・・

 

 

所要時間は10分間。
夕方になったら、「世界三大夕陽を」この観覧車から見るのも、お薦めです。

実はこの観覧車は、日本からやってきた、しかも日本製というだけではなく中古の観覧車なのです。
2009年に閉鎖となったモータースポーツをテーマとした遊園地「多摩テック」にあった観覧車は当時「トップキャビン」という別の名前を持っており、地域の人々を楽しませてくれていました。
その後、2011年になって日系企業による移転作業が日本からフィリピンへ海を超えて実施され、

今の場所に移ってきたのですって。
当時はスクラップ処理されることも検討されていたそうなので、

再利用できる場所が見つかったことは、とても嬉しいことですよね!!

 

続いて私たちは、マニラ名物「馬車」に乗るために、イトラムロスにあるマニラ州知事公舎前にやってきました。

ここにはたくさんのカレッサ(馬車)がいて、お客さんの利用を待っています。

 

客待ちのカレッサに、後ろから乗り込み、乗車完了!
ちなみに料金は、完全交渉制です。今回は「500ペソ」で交渉成立。
座席が高くて、見晴らし最高♪

 

 

 

スペイン統治時代の建物がそのまま残されていて、
とてもロマンチックな街並みです。
スターバックスもとってもオシャレでしょ♪

※画像が揺れます。ご注意ください。

馬の蹄の音が心地よく響いています。

 

 

うっとりと街を眺めていたら、突然ガイドさんが
「ニホン、タイホ!ニホン、タイホ!」
え?日本逮捕って?!何が起きたの?!

 

なんと、第2次世界大戦のときにに日本軍が設置した「大砲」でした・・・
「日本、大砲」・・・って(笑)

このように、観光中は多少ガイドもしてくれます。
私が日本人だと分かってがんばって日本語で話してくれたのでしょうね。

 

 

 

途中の広場で、いったん休憩のようです。
ガイドさんが、今度は「ダイトリオ、ピクチャ」を連呼!
ダイトリオとは大統領のことでした(笑)
だんだん夕暮れになってきて、これまたロマンチック♪

 

急な曲がり角も、難なく曲がりましたよ!

 

 

 

そろそろ終了の時間のようです。
マニラ大聖堂が見えて来ました・・・・。

 

出発地点だった州知事公舎も、ライトアップされていました。

あっという間の20分間。
古き善きマニラを思う存分堪能することが出来ました。

 

 

マニラの2つの「車」、いかがだったでしょうか。
両方とも、ムード満点♪デートにぴったり♪♪
もちろんご家族でも楽しめます。
皆様もぜひ一度お試しください。

  
トップに戻る

コメントする