モンテンルパにある、鯛焼き屋さん

皆さんこんにちは。
いつも、ねもとのブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は、モンテンルパにある鯛焼き屋さんをご紹介します。
このお店は日本人が経営する本格的な鯛焼き屋さんで、
「フィリピンに住んでいる日本人ならば、たいていは知っている」と言われる程有名なお店です。
また、「安くて美味しい」と、フィリピン人にも評判が良いんですよ。

実は先日、こちらに鯛焼きを買いに行った時、予約をしないで行ってしまったので購入することが出来ず、

私達はとても残念な思いをしました・・・。
今回、朝7時ごろ電話をしたら見事?!予約が取れましたので、購入して参りました。
その様子をご案内致します。

 

 

今日もマニラはとてもいい天気です。
スカイウェイから、カランバ方面へ向かい「スサナ」と言うインターチェンジを目指します。

 

インターチェンジをおりて左折すると、直ぐ左手にお店があります。

沖縄出身の「仲宗根さん」がこちらに開業して丸14年だそうですよ。

名前を告げたら、早速準備を始めてくれました。この焼き型はご主人が日本から持ってきたそうです。

 

 

値段は1個12ペソ(約30円)。激安です!
中身は、現在は、チョコレートとカスタードクリームの2種類。
あんこは、小豆が手に入れにくく作れないとのこと……。残念ですがワランマガガワ。

 

華麗に生地を流し込んでいるのは、「ミコ」さん。

生地に火が通ってきたら、カスタードクリームを絞っていきます。
たっぷり入れてね!

 

 

クリーム側の皮が、焼き上がるのを待つ間に反対側の皮を作ります。

両方の皮に火が通って、型をくっつけたら完成です!いい匂いがしています〜

 

 

表面をカリッと仕上げるためにそのまま放置。

その間に次の鯛焼きを作っていきます。

 

 

出来上がった鯛焼きは、ピックを使って余計な生地を取り除き、一旦トレイへ。

 

 

私が待っている間に、続々と地元?のお客様がやってきます。

本当に人気のある鯛焼き屋さんですね。

 

ちょうど出来たてのホヤホヤの鯛焼きを、1つ頂いて見ました。

先ずは、恒例の?中身チェッ〜〜ク!

頭、ぎっしりです!

 

胴体部分も、Ok!

しっぽも合格~♪

外はカリッと焼き上がり、中はホクホク。
日本の鯛焼きと遜色ありません。うーん、美味しい♬

 

 

帰宅後、カスタードクリームの方も割ってみました。

こちらも合格ですね♬

 

ちなみにオーナーの仲宗根さんは、このテクニックをミコさんに伝授するために、

1日付き切っきりでトレーニングをしたそうです。

そして見事にノウハウを取得したミコ君が、現在は殆ど焼いているんですって。

 

現在フィリピンにお住まいの方も、日本で読んでくださっている方も、

ぜひ一度、お試し下さい。

 

住所 : 567-F Nat’l rd. Poblacion, Muntinlupa City (スサナハイツIC下車、Caltexの反対側)
TEL : 02-986-3906
営業時間 : 月曜日~土曜日7:00~19:00、日曜日8:00~19:00
休日 : なし

  
トップに戻る

コメントする