コミュニティ検疫期間(また週末になりました。)

みなさん、こんには。

日本では1日の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者が100人を超えるなど暗いニュースが伝えられていますが、イタリアでは103歳の感染者が回復したと明るい話題もあります。

現在フィリピンでは、1か月のコミュニティ検疫期間で、外出には制限があります。今日のマニラ新聞ではヤップ下院議員が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染したという話題が1面にありました。

テレビニュースではスーパーマーケットに買い物に来た人が入り口で入場制限されるため、入り口付近では多くの順番待ちの人が集まり、濃厚接触に繋がりかねないと話題になっています。

 

在フィリピン日本国大使館から「【感染症情報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その28:マニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)発着便の状況)」が発表されていますので、ご紹介いたします。

 

 

【感染症情報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その28:マニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)発着便の状況)

●現在,フィリピン・マニラのニノイ・アキノ国際空港の発着便は,通常時から大幅に減少しています。
●3月28日から,同空港を発着する全ての国際便は,ターミナル1(NAIA1)での到着・出発となります。
●ご利用の際には,航空各社のウェブサイトなどで最新の情報をご確認ください。

フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在フィリピン日本大使館

1. 世界的な需要の急減や各国における入国制限などを背景に,航空各社は大幅な運休・減便を行っており,フィリピン・マニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)を発着する便も,通常時から大きく減少しています。なお,日本への直行便については,一部が運航を継続しています。

2. 3月26日,フィリピン航空当局は,3月28日(土)午前零時から,ニイノ・アキノ国際空港を発着する全ての便につき,ターミナル1(NAIA1)での到着・出発とすることを発表しました。これまで,他のターミナル(NAIA2,NAIA3)を利用していた航空会社の便も,3月28日からは,ターミナル1(NAIA1)での到着・出発となりますので,ご注意ください。

3. なお,香港,台湾,シンガポールにおいては,現在,乗り継ぎ(トランジット)について禁止されています。

4. 在留邦人及び渡航者の皆様におかれては,感染予防に万全を期すとともに,感染状況,出入国に係る規制,検疫措置等に関する最新情報に注意してください。また,航空便をご利用の際には,航空各社のウェブサイトなどで最新の情報をご確認ください。

●マニラ国際空港庁(MIAA)フェイスブック
https://m.facebook.com/MIAAGovPh/

●外務省海外安全ホームページ-各国の入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する状況
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

(問い合わせ窓口)
○在フィリピン日本国大使館
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, Philippines
電話:(市外局番02)8551-5710
(邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
FAX:(市外局番02)8551-5785
ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在セブ領事事務所
住所:7th floor, Keppel Center, Samar Loop cor, ardinal Rosales Ave., Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
電話:(市外局番032)231-7321
FAX:(市外局番032)231-6843

 

昨晩のねもと前ブエンディア通り

 

 

本日のブエンディア通り、良い天気です。

 

 

  
トップに戻る

コメントする