タイでもワクチンの開発が進んでいます。

みなさん、こんにちは。

7月13日月曜日、パサイ市は朝から雨模様で涼しいのですが、やはり晴れている方が気分は良いですね。、。。

昨日ネットニュースを見てると、タイでも新型コロナウイルスのワクチンの開発が進んでいるようで、開発中のワクチンがサルへの投与実験で良い結果が得られたそうです。

以下が記事の内容ででの紹介いたします。

新型コロナウイルスのワクチンを開発しているタイの研究チームは、早ければ9月にもヒトへの臨床試験を始めると明らかにしました。

タイの国立大学の研究チームは、開発中のワクチンについてサルへの投与実験の結果、十分な効果が得られ、ヒトへの臨床試験に必要な基準を満たしたと発表しました。

研究チームは早ければ9月にも150人規模でのヒトへの臨床試験を始める予定で、ボランティアの治験者を広く国内で募集する方針です。

来年には量産体制を整え、タイ国内向けに供給することを目指しています。

タイでは2009年に新型インフルエンザが流行した際、他の国で開発されたワクチンが、流行が落ち着くまで国内で十分に流通しなかったことを教訓として、政府は国産ワクチンの確保に力を入れています。

現在、タイ国内では約20種類のワクチンの開発が進められています。

早くワクチンが開発され、安心した生活に戻れると良いですね。

 

今日の散歩紹介は、昨日の写真になります。パサイ市のハーバースクエアまで行ってみました。

日曜日ということもあり、自転車に乗っている人が多かったです。

 

いつものブエンディア通り

 

 

ロハス通りに向かって歩きます。

 

めちゃくちゃ暑いです!

 

さっそく自転車グループがいました。

 

 

 

ブエンディア通りのUターンスロット

 

 

水売りも大変ですね。1日何本くらい売れるのかな?

 

 

 

 

 

ここにはバイクショップあり、大勢自転車乗りが集まっていました。

 

 

 

ネットワールドホテル

(現在は閉まっています)

 

 

 

 

 

ブエンディア通りとロハス通りの交差点

 

サービスロード

 

ネットワールドホテルの入り口は閉まったまま

 

ホテル前の駐車スペースにも車はありません。

 

 

 

 

明日に続く

 

  
トップに戻る

コメントする