ジープニー運転手25万人職を失う

みなさん、こんにちは。

8月最後の週末、いかがお過ごしでしょうか。

フィリピンでは、9月からBER monthsに入り、クリスマスシーズンになります。

例年ですと、各ショッピングモールでは、クリスマスツリーやデコレーションが販売されたり、クリスマスソングが流れたりします。

コロナ禍の今年はどうなのでしょう。自粛ムードになるのでしょうか。気になるところです。

 

フィリピンを代表する交通機関といえばジープニーですが、現在コロナ禍の影響で25万人の運転手が職を失っているそうです。

運輸省と新型コロナウイルス対策省庁間タスクフォース(IATF)は、ジプニーは感染防止の観点から安全でないので禁止されているのですが、許可されている新型ジプニーや急行バスに比べるとジプニーは窓が大きく乗降口に扉がなく換気が良いと医療関係労働者団体セカンド・オプションは訴えているそうです。

 

Finlandia通り、オスメニアハイウェイ付近

 

 

 

 

 

 

渋滞です。

 

 

 

PNR(フィリピン国有鉄道)

 

 

 

Dela Rosa通り

 

 

 

 

 

 

交差点付近は、結構渋滞します。

 

Dela Rosa通りとChino Roces通りの交差点

 

  
トップに戻る

コメントする