MGCQ下での国内旅行15から65歳まで緩和

みなさん、こんにちは。

こんげつの10日から昨日まで13日間、新型コロナ感染症の1日の新規感染者が2千人を下回っているフィリピンです。

少しずつですが、フィリピンでの現在感染者数は2万4千人余りと現象方向で6月末以来の数字になります。

首都圏は、現在GCQ下に置かれフィリピンは世界最長のロックダウン中になっていますが、少しずつ規制緩和が進み、かなりの業種が営業許可されてきました。

国内旅行も修正一般防疫地域(MGCQ)下の国内旅行ができる年齢を15歳から65歳までと緩和されました。

先日も9Dビザ取得者のフィリピン入国が緩和されましたね。次の緩和は9Gビザでしょか?、その次はいよいよ観光ビザ(9A)かな???期待してしまいますね。。。

3月から始まった防疫措置・・・慣れては来ましたが、早くコロナが終わることを願っています。。。

 

今回はリベルタッドにあるPasay city Mall & Public Marketの様子をご紹介いたします。

 

このBOXで体温チェックを行います。

 

 

ロンガニーサが売っています。

 

 

BBQ(串焼き用の食材)

 

豚肉

 

魚屋さんもありますが、午前10時を過ぎると完売して閉まるお店もあります。

魚は早い時間に行った方が良いですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  
トップに戻る

コメントする