クリスマスバザール ”Puskuhan sa Maynila”

みなさん、こんにちは。

マニラ市役所の近くにある「メハン・ガーデン・マニラ」という公園で、
マニラ市主催の「クリスマスバザール ”puskuhan sa Maynila”」がスタートしたので、早速見に行って来ました。

これは、コロナパンデミックで職や収入を失った人・中小企業を助けようとマニラ市が開催したイベントです。

モレノ市長は「地方自治体はこれらの企業と協力して、引き続き損失した経済の回復を支援する」と述べています。

コラナ感染対策はもちろん施されていて、
出店者は、必ずマスクを着用していますし、入場者も、マスク、シールドを着用して、エントランスブースでは、
消毒用アルコールのミストシャワーブースを通過しないと、公園に入れません。

 

 

エントランスを抜けると、中央の噴水広場まで既に綺麗にライトニングされています!

 

噴水広場では、それを取り囲むようにたくさんの出店が並んでいます。

 

香水のお店

 

枕のお店

 

ローストチキン屋さん

 

今大流行のタピオカ屋さん

 

ドイツソーセージのお店

 

電動工具を扱うお店まで!!

 

 

お店の出店も、お客様が集客しないように、距離を開けてテントを並べています。

 

噴水ショーが始まりました!!

 

コロナ禍でずーっと自粛を続けていましたので、心にとても染み渡ります……。大変綺麗でした。

 

21:45からは、レーザー光線を使った更に派手なライトニングショーが、始まりました



美味しいタピオカドリンクを買ってもらって、大満足のネモトスタッフ(マッキー、インダイ、マナン)

 

お?
ソーシャルディスタンスの見回りかな?
夜間外出規制のよびかけかな?

それでは、我々も帰路に着きましょう……。

この、マニラ市クリスマスバザールは、
夕方4時から夜の11時まで、毎日来年1月2日まで開催されます。

  
トップに戻る

コメントする