マカティ市内とマンダルヨン市役所のクリスマスイルミネーション

皆さんこんにちは。
今日はマカティ市内のクリスマスイルミネーションをご紹介します。。

マカティ市はねもとのあるパサイ市の直ぐ東隣に位置し、ねもとからも車で10分程度で行ける場所になります。
日本人はじめ外国人駐在員がたくさん住んでいますので、オシャレなレストランやショッピングモールがいくつもありますから、行かれた事のある方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

マカティ市にはいると同時に、中央分離帯はイルミネーションでいっぱいです。

 

 

RCBCタワー前。
この青い傘と親子連れのイルミネーションは、
アヤラアベニューまで、いくつも交互に飾られています。

 

 

ブエンディアアベニューとマカティアベニューの角にあるBPIタワー。
赤と白の捻れた電飾は、日本のねじり飴を思い出しました。カワイイ!

 

 

アヤラアベニューに入ると、金貨を連ねた様な電飾が、中央分離帯の樹木を彩ります。

 

そうこうしているうちに、マカティ市役所に到着しました。

 

正面入口から全体を見たところ。

 

 

 

センターのサンタクロースがとても印象的だったので近くまで行ってみました。

 

 

サンタを取り囲む様に、色々なイルミネーションが飾られています。

 

 

 

マカティ市役所でサンタクロースのイルミネーションを堪能した後は、直ぐお隣のマンダルヨン市役所に行ってみました。

市役所ごとのイルミネーションの違いも、楽しみです♪

 

 

ほんの10分程度の道のりですが、あちらこちらに色々なイルミネーションを見る事が出来ます。

 

マンダルヨン市役所に到着しました!
建物全体の電飾は無いのですが、
巨大なパロルがひときわ目立ちます!

 

そして、メインエントランスの頭上には、迫力満点の「トラ」のオブジェが!?

 

理由を調べてみましたら、
それまで「眠った街」と呼ばれていたマンダルヨン市が、2000年代に入り破竹の勢いで経済成長を成し遂げたので、フィリピン産業貿易省が
2002年に「The New Tiger City of Metro Manila」に認定した記念なんだそうです。

 

 

  
トップに戻る

コメントする