フィリピンでの隔離中の食事①

みなさん、こんにちは。

いつもねもとのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

現在、外国からフィリピンに入国する場合は、ほとんどの場合で隔離施設もしくは隔離ホテルにて

5泊から7泊を過ごさなくてはならないことになっています。

その間は、部屋から1歩も出ることはできません。

そうなると心配になるのが「食事」ですよね・・・。

隔離ホテルでの食事の方法は、以下のように3パターンあります。

 

①ルームサービスで自分の好みのものを注文する

②決まったメニューを、使い捨てのランチボックスに詰めて提供してくれる

③外部のレストラン・ファストフード等からデリバリーをする

(受渡しはエントランスでホテルスタッフが行います)

メトロマニラのホテルは殆どが②で、③に至っては数か所のホテルしか許可していません。

 

そこで、今日は、マニラのとあるホテルの「隔離中の食事」をご紹介いたします。

ねもとにてホテルのご予約を頂き隔離生活を送られたお客様が、何食か撮影してご提供くださいました。

外国でこのブログをご覧の皆さんがいつかフィリピンに来ることになったら、

参考にしてみてくださいね。

朝食:焼き鮭、温泉卵、ごはん、みそ汁

別の日の朝食:スクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコン、ハッシュドポテト、

オレンジジュースまで!(主食は、ご飯かパンかを選べるそうです)

夕食:白身魚の中華風あんかけ

昼食:豚肉と野菜の炒め物、カップケーキののデザート付き!

夕食:牛肉と野菜のソテー

昼食:肉まんと焼きそば

夕食:チキンの照り焼きとオニオンスープ。

 ※どこのホテルもアルコールは別料金です。また、「アルコール厳禁」としているホテルもあります。

 

こちらのホテルでは、前日に次の日の食事をフロントに電話して注文するそうです。

飲み物は、コーヒー、コーラ、オレンジ、アップル、マンゴーの中から選ぶことができるとのこと。

時間も、朝は6〜10時、昼は11時30分〜14時、夜は17時30分〜20時30分の中から好きな時間を指定できます。

その他、ミネラルウオーター(ペットボトル)も、宿泊日数分を準備しておいてくれるそうです。

 

次回は、別のホテルの隔離中のお食事をご案内します。

 

 

 

  
トップに戻る

コメントする