ローカルフード「ロミ」を食べてみた!

みなさん、こんにちは。

いつもねもとのブログをご覧頂き、ありがとうございます。

今日は、先日レストランの配達でバタンガスまで行った際に、

お昼ご飯に食べた「ロミ」をご案内しようと思います。

ロミは、バタンガス地方の名物料理で、コーンスターチを混ぜ合わせた濃厚なスープが特徴の

パンシット(麺料理)の一種です。

ロミは家庭・飲食店によってそれぞれ色々な作り方がありますが、

どこでも結構具だくさんなトッピングがされています。

今回私たちは、バタンガス・リパの「パミンタハン通り」沿いの

「BRENZH LOMI HOUSE」に入ってみました。

 

大きく開放された入り口と、カラフルな外壁が目印。

 

店内は、テーブル間はゆったりスペースが取ってあり、明るくて衛生的ですよ。

メニューは壁にどーんと貼ってあります。

 

今日は4人なので「パンシット・カントンのジャンボ80ペソ」

「ロミのスーパージャンボwトッピング165ペソ」を1つづつ注文しました。

合計で245ペソ、日本円で約557円。何とお安いこと!!

注文後直ぐに、スタッフが調味料?を持ってきました。

上から、カラマンシー、玉ねぎのみじん切り、チリです。

これに醤油(多分ナンプラー)とガーリックフライを混ぜて、好みの量をロミにかけて食べます。

 

10分ほどで待望の「ロミ」が来ました!!

30cm以上ある丼ぶりに、溢れんばかりに盛り付けられて登場~!!

トッピングは上から時計周りに、『豚の油身の揚げ物、レバーの唐揚げ、ゆで卵、

豚肉の角切りの揚げ物』です。これをみんなで取り分けて食べます。

麺は卵麺の太麺で、コーンスターチと溶き卵の濃厚なとろみスープが

良く絡まって、と~ても美味しかったです。(私は、先ほど作った調味料は足しませんでした。)

 

別の注文の、パンシット・カントンはこちら。↑↑↑

こちらも、30CMはあるお皿にドカーンと盛り付けられてきました。

オイスターソースが多めなのも、このお店ならではの味付けなのでしょうね。

キャベツやニンジンなどの野菜もたっぷり加えてあるので、こちらもボリューム満点でした。

***************

1人140円でお腹がはちきれそうになる、フィリピンのローカルフード。

皆さんもバタンガス方面に行かれたら是非食べてみてくださいね!!

お店の詳細はこちらをクリック↓

Brenzh Lomi House | Facebook

  
トップに戻る

コメントする