ニューノーマルのマニラです。

皆さん、こんにちは。

いつもねもとのブログをご覧頂き、ありがとうございます。

3/1から警戒レベル1となり、コロナ禍発生前とほぼ同じ状態で生活が出来るようになった、メトロマニラです。

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のチュア長官は1日、

新型コロナウイルス対策の外出・移動制限措置がマニラ首都圏や38地域で引き下げられたことにより、

1週間当たり94億ペソ(約211億円)の経済効果が生じるとの見通しを示しました。

ねもとレストランもお客様が増え、以前の活気を取り戻しつつあります。

今日は、ねもと周辺の街の様子をご案内致しますね。

ジープは、定員の100%の乗車率で乗れることになりました。

こちらは、タフト大通りアメリカ大使館横のドロマイテ・ビーチ付近です。

マニラベイで見る夕日は「世界三大夕日」にも選ばれているほどの素晴らしいモノで、

海岸ぞいの遊歩道は夕日の見物客でいつもで大賑わいでした。

コロナ禍中は外出制限などもあり、ひっそりしていましたが・・・。

たくさんの人が夕日を見に来ていましたよ。マスクをしていない人もいますね~(笑)

マニラ名物のカレッサもお客さんを待っています。

続いては、マラテ・エルミタの街へ行ってみましょう。

こちらは、マラテにあるレストラン&ライブハウス「Cowboy・Grill」です。

マラテ・エルミタ地区に2店舗を持つ大人気のライブハウスだったのですが、

コロナ禍中は完全休業となってしまいました。

こちらも、レベル1になったことで、レストラン&ライブが両方とも営業出来るようになりました!!

 

休業中に改装をして、密にならないように「入口」と「出口」が完全に分かれた作りになりました。

 

電光掲示板がまぶしい(笑)

現在出演中のバンドはこちらの皆さんです。

Cowboy・grill 公式ホームページより

以前のような、熱狂的なステージを見れるようになるのはそう遠い未来ではなさそうですね!

お店のホームページは、こちらをクリックしてご覧ください。

↓↓

Cowboy Grill Philippines

最後は、MOAの観覧車で締めくくり。

今日は駐車場も満車です。

夜間外出規制も全面的になくなり、これからは、心置きなく「夜遊び」が出来ます。

 

  
トップに戻る

コメントする