日本へ帰国する時の状況(羽田空港編)

皆さん、こんにちは。

いつもねもとのブログをご覧頂き、ありがとうございます。

4月1日以降、フィリピンは、全世界からの外国人の入国を認める発表をしました。

ワクチン接種完了・PCR検査または抗原の陰性検査は必要ですが、

観光大国のフィリピンへの復活を後押しする形となります。

日本の皆さんも是非、南国フィりピンへ遊びに来て下さいね。

*********************

さて、今日は、そのフィリピン旅行が終わって日本へ帰国する際の、羽田空港での検疫の様子をご紹介します。

※これは、3月下旬にマニラから羽田へお帰りになったお客様から頂いた情報です。

現在は内容が変更になっている可能性もございますので、予めご了承ください。

先ず初めに、日本入国時に必要なモノ・コトを改めてご紹介します。

このうち、2項目めの「誓約書」は機内で配られます。

 

到着までに記入をしておいてくださいね!

①羽田空港に無事に到着(20:00)

案内表示板に従って、空港内を歩いていきます。

結構な距離を歩きまますので、覚悟しておいてくださいね(笑)

羽田空港での手続きの流れは以下のようになっています。

 

②QRコードの確認(20:20)

一番初めに「厚生労働省の質問票」に回答して入手したQRコードを確認します。

皆さん、印刷したもの、スマホの画面など、お手元に準備しておいてくださいね。

質問票WEBのアクセスはこちらから↓↓↓ ※パソコン、スマートホンとも可能です。

Questionnaire app (mhlw.go.jp)

続いて、誓約書・PCR検査の結果などの書類チェックがあります。

その後、このような紙を頂きますので、大切に保管しておいてくださいね。

その後は全てこの番号(1151番)で管理されるようです。

ここから先は、写真撮影禁止ですので、ご報告のみ・・・。

 

③唾液採取方式によるPCR検査受診(20:40)

採取ブースが40人分あります。長く待たされることは無さそうです。

 

④My SOSなどの指定アプリのダウンロードの有無の確認(20;55)

その後、もう一度「質問票のQRコード」の確認があります。

 

⑤検査結果待ちエリアにて、結果待ちスタート!

かなりの数の座席を準備してくれていますよ。

充電ブースも充実しています。

軽食の自動販売機もありますので、長時間待つことになっても安心です。

(成田空港は、空港スタッフから軽食が配布されることがあります。)

検査の結果が出た人から、電光掲示板に番号が掲示されます。

普段は搭乗前の「ボーデイングカウンター」も、検査の結果をきくブースへと変わっていました・・・。

 

⑥検査結果が出ました!!(21:45)

待つこと40分、無事に陰性の結果が出ました!

(紙がピンクの人は陰性、水色の人は陽性です)

 

⑦最後の検疫、イミグレを抜けて終了~♬(22:00)

この後、ターンテーブルで荷物を受け取り、全ての手続きは終了しました。

ホテル隔離がない分手続きも早くすみ、到着から2時間で解放されました。

まだまだ到着便が少ないので、人はまばらですね・・・。

以前のにぎやかな羽田空港に戻るのはいつ頃かな。

  
トップに戻る

コメントする