新しくなったワンヘルスパスを徹底解説!②

皆さん、こんにちは。

いつもねもとのブログをご覧頂き、本当にありがとうございます。

今日も「シン・ワンヘルスパス:eARRAIVAL CARD」の入力方法をご案内致します。

eARRAIVAL CARDは、大きく4つの入力画面によって構成されています。

前回は②までご案内しましたので、今回は③から最後Qコードを入手するまでをご案内します。

 

***********************

では、ご自身の個人データを入力します。

:苗字を入力してください。

:名前を入力してください

※実は、①②を入力すると、入れたアルファベットが2文字ダブって表示される・・・

というシステム上のミスが起こります。

TTAAKKAANNOOのようになってしまいますので、慌てずにダブった文字を削除していってください。

これは以前から起きている現象でして、今回のリニューアルでも解消されませんでした・・・涙

③④:ミドルネームや称号は、日本人は持ちませんので、何もせずに飛ばしてください。

:性別をきいています。右端Vをタップして

FAME: 男性  FEMALE:女性  をお選びください。

 

:誕生日を入力します。右端のカレンダーをタップすると以下の画面のようになります。

先ず西暦から入力していきますが、上記赤丸のように「2022」が出てきてしまいます。

これをご自身の生まれ年まで遡るのは、時間を要する方が多いと思われますので(笑)、

ここで、裏技を伝授いたしますよ。

赤丸の部分(2022の数字の部分)をタップすると、上の写真のように数字入力画面が現れます。

そこで「1・9・〇・〇」「2・〇・〇・〇」とご自身の生まれ年の数字を4つ選ぶだけ!!

とっても簡単に入力できましたね~(笑)

あとは月、日を順に選んでいけば、OKです!

 

:現在の婚姻状況を聞いています。

SINGLE(未婚)、MARRIED(既婚)、WIDOWED(未亡人)、

DIVORCED(離婚)、ANNULLED(無効)、SEPARATED(別居)

マル秘ですが、事実と多少異なっても問題ないようですよ。

また、この項目がQRコード画面上に表示されることはありませんので、ご安心を・・・♪

:国籍、日本人の場合は「JAPANESE」を選びましょう。

:ご自身のメールアドレスを入力してください。今後何かあればメールでの連絡となりますので、

フィリピンでも閲覧可能なアドレスが良いと思います。

:電話番号の国コードです。日本の番号なら+81、フィリピンなら+63ですが

国名も一緒に表示されますので、ご安心ください。

:今後、連絡の取れる携帯電話番号を入力してください。日本の番号でもちろんOKです

:ご自身が生まれた国です。右端のVをタップして適宜お選びください。

;現在お住まいの国を、適宜お選びください。

:区市町村を入力してください。番地・部屋番号などの細かい住所は不要です。

例:SHINAGAWA-KU、 CHIBA CITY など・・・。

 

続いて、フィリピンでの滞在先の情報を登録します。

 

⑮:ご自宅、家族や知人の方の家の場合は、上の「RESIDENCE」、

それ以外の方は下の「HOTEL」を選びます。

⑯:フィリピンの主要都市、地方、エリアなどが、右端をタップすると画面に現れます。

この中からご自身の滞在先を探してください。

アブラ州から始まり、国内各地の市、町の名前がズラリ・・・。

 

ここで、マニラやマカティに滞在される方へのアドバイスです♪

以前のワンヘルスパスでは

「NCR DISTRICT☆」と、皆様にはあまり馴染みのない地名を選んで頂いていました。

でも、今回は皆さんの良~く知っている「メトロマニラ」を選んでください!!!

 

 

⑱:メトロマニラエリアの市が全部表示されます。適宜お選びください。

※予約されたホテルの住所がわからない場合は、お気軽にお問合せくださいね。

市を選んだら、一番下の緑の「継続する」の部分をタップして、次の画面に進みましょう♪

 

 

いよいよ最後のページまで来ました。あと少しですので頑張りましょう!!

 

:ワクチンの接種日を入力します。誕生日を入力した時のように、右端のカレンダーをタップして

ご自身の接種日を登録してください。

:ワクチンの製造メーカーを登録してください。右端をタップすると選べます。

★ここで、朗報です!!★

今までは、この後で「ワクチン接種証明書の写真」を添付しなくてはなりませんでした。

これが結構難しく、ここでエラーになる方が多かったようですが、

新しくなった「eARRAIVAL」では、ワクチン証明の写真の添付は不要となりました♪

これでスマホが苦手な方も、かなり楽になりましたね~。

 

上記写真では、1回目の入力項目しか表示されていませんが、

このあと2回目・3回目の情報も入力するようになりますので、日付を間違えないように、

入力をお願い致します。

:1ヶ月以内に滞在・訪問した国をお答えください。

 

:病歴の告知をします。「2週間以内にコロナ肺炎もしくはサル痘と診断されましたか?」

また「それに似た症状はありましたか?」などの質問です。YesかNoでお答えください。

:こちらも同様です。「30日間の間に何かの病気になりましたか?」と聞いて言います。

YesかNoでお答えください。

:画面に見えている英数字をそっくりそのまま同じように入力してください。

上記の画面では「7ZAUC7」と入力します。

:これで最後です!!青い部分をタップしてください。

そのまま待っていると・・・

このようなQRコードがスマホ画面上に現れます!!

入力事項に間違いがないか、良く確認してくださいね。

☆もし何か間違っていたら・・・

「その部分だけを訂正する」ということができないので、再度初めから入力してください。

 

このQRコードを「スクリーンショット」で保存するなど、

皆さんが一番簡単な方法で、いつでも見れる状態にしておいてください!

********************

「シン・ワンヘルスパス」の入力方法の解説は以上です。

日本の空港、マニラ空港でこのQRコードを見せればOKです。

以前より簡単になったとはいえ、大変お疲れさまでしたm(__)m

現在、フィリピン国内では「入国時の健康登録を不要とする」というニュースが流れています。

しかしながら、具体的な実施日などが公表されていません。

近々にフィリピンに渡航される方は、eARRAVAL CARDの登録をしてから空港に向かってくださいね!

その他ご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せください。

 

※この入力案内は、フィリピン入国を保証するものではありません。

また入力内容はフィリピン政府により随時変更されますので、

大使館、関連各省庁の最新の情報を必ず確認していただきますよう、お願い申し上げます。

  
トップに戻る

コメントする