最新のコメント

ハリソンプラザ、最後のクリスマスツリー

みなさん、こんにちは。

フィリピンは、お盆休みも終わり、マニラいつもどおりに戻った感じです。

さて今日は、今年いっぱいで閉鎖される予定になっている、ショッピングモール、ハリソンプラザの話題です。

毎年、この時期になるとハリソンプラザの中央部分に大きなクリスマスツリーが設置されますが、

今年も大きなクリスマスツリーが設置されました。

今年で見納めになるハリソンプラザのクリスマスツリー。

二階の天井に届きそうな大きさで、ハリソンプラザの名物といってもよいツリーです。

来年はもう見ることができないので、ご紹介いたします。

 

ハリソンプラザのクリスマスツリー

 

 

てっぺんの星は、天井に届きそうです。

 

 

 

全体のデザインは、去年と一緒です。

 

 

 

今年は、各所に外灯をイメージしたライトが設置してあります。

 

 

 

 

SMの3階には、クリスマスコーナーが設置されました。

ツリーやイルミネーション、オーナメントが売っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

フィリピンの盆休みで今の所ブエンディア通りは渋滞無し

みなさんこんにちは。

今日もフィリピンは、お盆休みで休みになっています。

今日は土曜日と重なり、いつもの土曜日とは少し違い、ねもと前のブエンディア通りでは一般の車は少ないですが、大型バスが目立つ土曜日になっています。

明日、日曜日になると田舎に帰っていた人たちが一斉にマニラ戻ってきますから、更に大型バスが増え、渋滞になってしまいます。

今日の夜から明日いっぱいは各所帰省ラッシュになるかと思いますので、渋滞には気をつけましょう。

 

ねもと前ブエンディア通り

一般車両の通りは少ないですが、大型バスはバスステーションから列になって、渋滞の原因を作りそうです。

 

 

さすがに今日はジープニーも少ないです。

 

歩道橋に上がると、バスが集まる様子が分かります。

 

駅の向こうにはバスステーションがあるので、この辺は常に大型バスが列を作っています。

 

 

 

 

マカティ方面はまったく渋滞は無し。

 

 

 

  

今月末から東南アジア競技大会です。

みなさんこんにちは、

今日のフィリピンは日本でいうお盆の為休日になります。

明日が土曜日ですので、3連休になる会社も多いかと思います。

さて、11月30日から12月10日の間は、フィリピンで東南アジア競技大会が開催されます。

各国から選手や関係者が11月30日前からフィリピン入りしますので、

マニラ首都圏のホテルは11月過ぎからの予約が入りにくい状況になっています。

これから今月のホテル予約を予定される方は早めに予約を入れるか、

第二候補、第三候補のホテルも考慮した方が良いかと思われます。

参加予定国は、タイ・ミャンマー・マレーシア・シンガポール・ラオス・ベトナム・

インドネシア・ブルネイ・カンボジア・東ティモールそして開催国フィリピンです。

競技大会開催地区は、メトロマニラ・クラーク・スービック・バタンガス・サンファン・タガイタイなどになり、

大会期間中は、交通渋滞が予想されますのでご注意ください。

 

11月30日から開催されます。

 

 

以下の写真は過去(他国)に行われた行儀の様子です。

 

 

 

大会期間中はこんな渋滞が予想されますので、ご注意ください。

 

  

固定電話が1桁増えた件について

みなさんこんにちは、

今日は電話番号に関するお知らせです。

マニラでは、10月6日より、固定電話の市内局番の桁が1つ増えました。

相手先の固定電話がPLDT社の場合は8、GLOBE社の場合は7を旧市内局番の前に付けて電話してください。

ねもとですとPLDT社ですので

日本からお掛けの場合

0063 (2)8404 6739

フィリピンからお掛けの場合

(02)8404 6739

マニラからお掛けの場合は市外局番(02)は必要ありません。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

  

コンラッドホテル ROSSCAPILI GALLERY

みなさんこんにちは、

モールオブエイシア近くのコンラッドホテルには、GALLERYがあり、いろんな芸術家の作品を展示しています。

昨日10月29日から2020年1月2日までは、フィリピンでは有名な芸術家「ROSSCAPILI」の作品が展示しています。

オープニングパーティが昨日行われ、ねもとトラベルも招待されました。

GALLERYいっぱいに彼の作品が展示され、招待客は彼と会話をしたり、記念写真を撮ったりと楽しいでいました。

彼の作品は花を題材にした作品が多く、その表現は独特な感じです。

私は彼の作品を見るのは初めてでしたが、色の表現が良く興味を持ちました。

作品の説明には、販売価格が表示していましたが、さすが有名芸術家、想像を超える価格です。

興味がある方は、来年1月2日まで展示されるようですので、行ってみてはいかがでしょうか。

 

コンラッドホテル

フロントの向こう側にGALLERYがあります。

 

彼がROSSCAPILI

 

 

ROSSCAPILI

 

GALLERYエリアには多くの招待客が集まっていました。

 

 

 

彼の作品には花が多く描かれています。

 

 

 

インタビューに応じているROSSCAPILI氏

 

 

 

絵以外の作品も手掛けれようです。

 

 

 

 

作品の横には説明と価格が記載されています。

ちなみにこの作品はP260,000

 

 

この作品は、P300,000の値が表示していました。

 

 

 

オープニングセレモニーでしたので、食事も用意されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

NURTURE FARMACY

になさんこんにちは、

今日はNURTURE SPA第3段(最終)、NURTURE FARMACYをご紹介いたします。

ここでは、オーガニック野菜をさ栽培し、これらの食材で加工された健康食品の展示販売などもしている施設になります。

当然、ここで収穫された野菜は、NURTURE SPAでお客様に提供されます。

畑には各種野菜が栽培され、ひとつひとつに健康についての説明も記載されていて、ファーム見学コースとしても機能しています。

参加された方は、スタッフさんの説明に耳を傾け熱心に聞いていました。

 

NURTURE SPAから車で、5,6分でNURTURE FARMACYに到着

 

健康加工食品の展示販売を行っている建物に案内されました。

 

 

 

 

 

 

ジュースなども展示していました。

 

 

 

 

ボディローションもありました。1本P399

 

展示場を案内された後は、栽培エリア(畑)に移動します。

 

農園スタッフさんの説明を聞きながら畑をまわってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このように栽培されている野菜や穀物の説明が表示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に案内されたのは、

 

ちょっとしたパーティができそうな広場です。

 

写真に写っている白いテントは。。。

 

ベッドが置いてあり、宿泊施設になります。

 

アウトドア風も味わいながら、しっかりしたベッドでお休みできる、すこし変わったお部屋です。

 

ベッドの反対はソファーベッドで、家族やグループで宿泊できるようになっています。

 

 

 

こちらで軽食を頂きました。

 

 

 

 

 

 

  

NURTURE SPA②

みなさんこんにちは、

先週に引き続き、タガイタイにあるNURTURE SPAの話題になります。

NURTURE SPAは、本格的なSPA MASSAGEができる宿泊施設になります。

森をイメージした敷地には、Villaタイプの建物がいくつもあり、自然に溶け込んでいるかのようです。

先週18周年記念パーティで招待された際、宿泊施設も案内してくれました。

カップルから家族まで、対応できるお部屋が用意され、日帰りのスパ、マッサージツアーをご利用の際もそれらのお部屋をご利用できます。

 

広い敷地は自然を生かし、宿泊施設や、マッサージ施設が建てられています。

 

 

 

 

 

ここのエリアでは結構式のパーティなども行われます。

 

 

小さいながらスイミングプールもあります。

お子様に喜ばれそう!

 

 

緑の中に白い壁の建物がいくつもあります。

 

 

 

ファミリールーム

 

シングルベッドが4つあるお部屋

 

 

 

 

 

こちらは2名様用のお部屋

タオルで作った白鳥(スワン)でお出迎えしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

建物が、森の中にある感じがいいですね~

 

こちらは、マッサージルーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、NURTURE SPAの農園をご紹介いたします。

  

NURTURE SPA 18周年記念パーティ

みなさんこんにちは、

今日のブログは、タガイタイにある「NURTURE SPA」のお話です。

NURTURE SPAは、18周年アニバーサリーのパーティーが昨日行われました。

ねもとは、協力旅行代理店として、招待されて出席させていただきました。

NURTURE SPAは、名の通り、スパがメインの宿泊施設になります。

NURTURE SPAで食べられる料理は、有機栽培(オーガニック)された野菜で調理された料理が多く、人間の内面及び外面両方から健康になれる施設です。

スパの部屋と、宿泊施設は広い緑いっぱいの敷地内にVillaスタイルとして自然に溶け込んでします。

今日は、18周年記念パーティの様子をご紹介いたします。

 

NURTURE SPA、エントランス

 

 

 

招待されたゲストの受付

 

ねもとは2名招待されました。

 

パーティ会場のレストラン

普段宿泊された方の朝食やランチは、ここでの食事になります。

会場入りは午前9時

 

 

 

まずは、朝食タイム

 

オーガニック野菜を取り入れた料理が並びます。

 

 

 

野菜パスタ

麺の代わりに野菜を細く切っているパスタです。

 

野菜スープ

 

野菜ジュース

 

お茶とコーヒー

 

パーティが始まりました。

 

会長のMichael Turvill氏のあいさつ

 

 

パーティの途中ヨガの基本レクチャータイムがありました。

 

 

 

 

社長であり、会長の奥様でもある、Catherine Turvill氏あいさつ

 

NURTURE SPA関連ビデオの放映

 

 

 

今度は自分でできるマッサージの基本レクチャータイム

 

 

医者の先生によるお話もありました。

 

 

 

昼食の前には料理人(クック)からの説もあり

 

ランチタイムになりました。

 

ランチも当然オーガニック中心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーティ後半は各協力旅行代理店さんに感謝状が贈られます。

 

 

ねもとも感謝状を頂きました。

 

頂いた感謝状

 

パーティの前には、NURTURE SPAの施設を案内してくださいました。

また、パーティの後には、体に良い野菜農園の視察もあり、次回にご紹介いたします。

  

ねもとのレンタルポケットWiFi

ねもとサービスの一つでお客様の旅行中にポケットWiFiのレンタルを行っています。

日本からローミングでインターネットを行うと使用料が高額になったりと大変!

ネモトでは1日200ペソで高速インターネットが使い放題!!!

LINE電話やface book メッセンジャー通話なども快適です。

受け取り、返却はネモト本社、パールガーデンねもとデスク、送迎ドライバー渡し(ドライバー渡しは送迎をご注文いただけた場合可能です。)ができます。

ホテル予約や送迎予約時に一緒にご注文いただけると幸いです。

 

ねもとで貸し出ししているのは、このタイプになります。

 

snsで連絡を取り合ったり、仕事をしたりと、ネット環境は常に必要になりますね。

海外ローミングを利用すと、とても高額になってしまいます。

そんな時はねもとのレンタルポケットWiFiをご利用ください。

  

タガイタイに行ったなら、ブラロスープをぜひ食するべし

タガイタイに行くことがあったら、是非ブラロスープ(牛肉スープ)を食べてほしいです。

ブラロスープはタガイタイ名物になっており、美味しいブラロスープがあるレストランがいくつもあります。

ブラロスープは牛骨を煮込んだスープで、骨についた肉が柔らかくなるまで煮込まれ、塩、コショウの効いたスープです。

今回は「TOWER GROUND BULALOHAN」というレストランに行ってみました。

この「TOWER GROUND BULALOHAN」は駐車場が広く、レストランも大きいので、ランチタイムでも満席になることが少ないレストランです。

ここの魅力はタール湖を見ながら食事ができるところです。

一般のテーブルの他、庭にニッパハットも置いてあり、そこでの食事も楽しめます。

食事が運ばれる前や食後にガーデンで、記念撮影もでき、人気のあるレストランです。

 

 

 

駐車場 20台位停められそうです。

 

エントランス

 

レストラン内はテーブルが中心になります。

 

 

 

 

ガーデンエリアも整備されています。

 

 

オープンスタイルでの食事も可能

 

こちらはニッパハットスタイルになったエリア

 

 

ニッパハットの中はこんな感じ、竹製の柱と椅子が特徴です。

 

写真を撮っている立ち位置は展望台になっていて写真背中側は奇麗なタール湖が一望できます。

 

ナイスビュー

 

 

 

 

撮影スポットも設置されてますので、大勢の方が記念撮影に訪れる様です。

 

 

これがブラロスープ

牛骨からでたエキスと塩コショウで味付けされたスープは絶品です。

 

シシッグも美味しい!

 

チャプスイ

 

ブラロスープはこの鍋で4~5人分になります。シシッグとチャプスイ、ライスを注文。

4人で行き、お腹いっぱいになります。これで料金は1600ペソ台。1名当たり400ペソちょっとです。

 

  

Quest Hotel Tagaytay③朝食他

Quest Hotel Tagaytay紹介の最終回は、朝食その他になります。

Quest Hotel Tagaytayの朝食は、1階ロビー隣にある「Cafe Q」になります。

だぶんCafe QのQはQuest Hotel頭文字「Q」だと個人的には思っています。

ビュッフェスタイルでの朝食で、アメリカンブレックファースト的な感じでした。

ガラス張りですので、朝日が良く入り、気持ちいい朝食をとることができます。

 

Cafe Q

 

 

 

ロミのスープ けっこう美味しい

麺も太くて美味しいかったです。

 

 

野菜いためとソーセージ、つぼに入っているのが面白い

 

PORK MARINATED TAPA STRIPES

 

 

PANCAKEやFRENCH TOASTもありました。

 

パンにつけるジャムやバター、パンケーキにははちみつ

 

エッグステーション

 

 

 

 

写真は9階、客室からの景色、天気が良い日はタール湖が見えます。

 

 

 

ショッピングモール「Fora Tagaytay」とホテルの間にある公園エリア

 

夜になるとデートスポットになります。

 

プールは長方形で25mです。

 

 

  

Quest Hotel Tagaytay②客室

こんにちは、今日も昨日に引き続き、タガイタイにある「Quest Hotel Tagaytay」についてのご紹介になります。

Tagaytay-Calamba RDからEmilio Aguinaldo Hwyに入るとすぐ左手にあり、ショッピングモール「Fora Tagaytay」の裏手に位置します。

今日は客室を中心にご紹介して参ります。

客室は1ベッドルームスイート、ジュニアスイートとデラックスの3種類で構成され10階建て154部屋になります。

 

Quest Hotel Tagaytay

夕方は夕日がホテルに当たりきれいな色になります。

 

夜はこんないじいです。

 

1 ベッドルームスイート 48㎡

 

ここはリビングですが、ソファーベッドがあり、寝室を合わせ、大人3人まで宿泊できます。

(大人3名、子供1名、計4名まで宿泊できます。)

 

 

 

右側には冷蔵庫、その上にはポットと無料コーヒー関係、その左側の黒い扉が空いているのは、セーフティーBOX

 

 

湯沸かしポットとコーヒー類

 

 

冷蔵庫の中は水が入っています。

 

ベッドルーム、キングサイズベッドが置かれています。

 

 

 

 

洗面、新築なのできれいです。

 

 

 

 

1ベッドルームスイートは、バスタブ付き

 

バスタブにあるシャワー

 

シャワー室、バスタブとは分かれています。

 

 

 

ジュニアスイートルーム 44㎡

 

 

 

テレビはベッド側とリビング側にと回転します。

 

 

洗面

 

 

ジュニアスイートにもバスタブがあります。

 

シャワー室とバスタブは分かれています。

 

 

デラックス キング 23㎡

 

 

 

 

 

デラックスはシャワーのみの設定になり、バスタブはありません。

 

デラックス ツイン 23㎡

 

 

 

 

洗面はどの客室も同じです。

 

 

 

 

  

Quest Hotel Tagaytay①

こんにちは、今日はタガイタイにあるホテル、「Quest Hotel Tagaytay(クエスト ホテル タガイタイ)」を紹介します。

クエスト ホテル タガイタイは、ショッピングモール「Fora Tagaytay」の裏手に位置しています。

ホテルは新築で現在ソフトオープン中。10階建て154ルームあるホテルになります。

スイミングプールに直接アクセスできるなど客室があるなど、用途に応じてご利用できます。

ショッピングモール「Fora Tagaytay」にも直接アクセスできるようになっており、買い物には便利なホテル。

この日は、ホテル説明会があり招待されました。

近日中に価格をねもとのホープページにUPいたします。

 

Quest Hotel Tagaytay(クエスト ホテル タガイタイ)

写真右側にはショッピングモール「Fora Tagaytay」があり、直接アクセスできます。

 

 

 

エントランスはガラズ張りになっていて、左側にフロント、正面はレストラン「Cafe Q」があります。

 

フロントはとてもシンプル

 

ロビー

 

ロビーとレストランの境には、おしゃれなデザインの置物が飾ってあります。

 

 

 

 

 

 

こちらはレストラン「Cafe Q」朝食はここで、ビュッフェスタイルになります。

 

 

ホテル説明会の会場

ミーティングルームや大会議場は、ショッピングモール「Fora Tagaytay」内にあります。

 

 

プロジェクターを使用しての説明会です。

 

 

一通りの説明が終わると、ホテル案内をしてくださいました。

 

会議室は、人数によって仕切られるようになっています。

 

結婚式や、大規模なイベントに使える、大会議室

 

ホテル説明化に参加された旅行代理店の方

 

 

会議室の案内が終わった頃には日も暮れて、ホテルが奇麗にライトアップされていました。

 

 

ホテルとFora Tagaytayの間にある公園風のエリア

若い方がいました。

 

ホテルレストランから見るとFora Tagaytayはこんな感じに見えます。

 

スイミングプール

 

プール左側に客室があり、部屋からダイレクトアクセスになります。

 

 

ホテルに戻り、客室を案内してくれました。

(個々の客室のご紹介は後日ご案内したします。

 

 

 

ここは、1階のプールアクセスができる部屋

 

説明会が終わると夕食会

 

柑橘系のジュース

 

 

ワインのサービスもありました。

 

おつまみ

 

 

わかめの味噌汁

 

イカスミのパスタ、ホタテ貝柱のトッピング

これは美味しい!

サーモン

 

デザート

この日はこれで終了し、後日朝食になります。

客室や朝食などのご紹介は、後日になります。

  

ソフィテルフィリピンプラザのランチは最高

今日は格式あるソフィテルフィリピンプラザのランチをご紹介いたします。

ねもとのホテル宿泊代にはパッケージで無い限り、ランチは含まれていませんが、マニラでもトップレベルのレストランがあるソフィテルのフィリピンプラザで、一度は朝食、ランチ、ディナーを食べてみたいホテルになります。

何といっても、他のホテルを近ずけないのは、料理の豊富さと味。

各国の料理が食べられますが、その国出身の料理人が担当していますので、本場の味を食べられるのです。

日本食はもちろん、韓国、中国、フランス、タイ、インド、マレーシアなどびっくりするほどの料理の数。

一度にこれほどの国の料理を食べられるのはソフィテルフィリピンプラザだけ・・・

ランチで1名2750ペソですが、連日多くのお客が訪れています。

2750ペソが高いか安いかは、行ってみれば分かるフィリピンでは最高級のソフィテルフィリピンプラザ、レストラン「spiral」

 

ソフィテルフィリピンプラザ

 

レストラン「spiral」は、ホテルロビーから見下ろす感じであります。

 

 

レストランの広さは他のホテルとは比べ物になりません。

 

 

日本食エリアから

もはやコーナーではなく、エリアといった感じ・・・

 

すき焼きががありました!

なすの揚げびたしと豚とキャベツの甘味噌炒め、いいですね~

 

とりの照り焼きどんは人気があるようで、残りわずか。

 

なんとお好み焼きもあります。その右にはそばコーナー

 

そして、そばがあるなら、当然ラーメンもあります。

 

 

てんぷらも大人気

 

ここは、炉端焼きコーナー

 

 

刺身と寿司はすごい人気コーナー

 

スランス料理はパスタが充実

 

 

 

 

 

PIZZAは釜で焼きます。

 

 

ローストチキン、ビーフ、ポーク、シェフがその場でスライスしてくれます。

 

インド料理も人気があるようです。

ダイアモンドマニラホテルでもインド料理コーナーがありました。

ちなみにカレーは7種類

 

 

ナンは6種利ありました。

ナンも専用の釜で焼いていました。

 

北京ダックが食べられるホテルはマニラではここだけかも・・・

 

 

マレーシア料理エリア

 

 

 

 

中国菓子 チョコバナナパンケーキ

 

 

 

タイ料理エリア

 

 

 

韓国料理エリア

 

 

 

オールアジアンエリア

 

 

シーフードエリア

 

 

 

デザート

 

サラダエリアも充実しています。

 

 

 

 

  

ニューワールドホテルマカティ②

昨日は、ニューワールドホテルマカティのデラックスルームをご紹介いたしました。

5スターホテルとしては、やはり朝食は気になるところです。

ニューワールドホテルマカティの朝食は、1階ロビーの隣にある、Cafe1228になります。

ブッフェスタイルの朝食で、お客の導線を考え、料理が選択しやすい配置になっていと思いました。

日本食コーナーもしっかりあり、納豆や温泉卵、おしんこなどもありますので、とてもうれしい!

生野菜コーナーも充実し、ヘルシー食材を好む方にも配慮しています。

 

レストランCafe1228

 

レストランはこんな感じ、客同士がぶつかることはなく、広いです。

 

 

レストランに入ると、最初にパンコーナーがあるのですが、種類が豊富で、はやくもどれを食べていいか悩んでしまいます。

 

 

個人的にはクロワッサンが一番好きです。

 

 

 

Taho(タホ)

豆腐に甘いシロップをかけた食べ物で、フィリピンでは庶民的な食べ物、朝食によく食べます。

ここのタホは高級

 

 

 

どこのホテルにもあるソーセージですが、ここのソーセージはおいしい!

 

 

ゆで卵はお湯の中

 

スクランブルエッグはどこでも人気ですね!

 

Hash brownは揚げすぎずちょうどいい~

 

これはおいしいよ!

Glazed ham

 

納豆は正直にうれしいですね、日本朝食の定番ですから・・・

 

納豆が苦手な人は、温泉卵で朝食をどうぞ

 

味噌汁の具を選べるなんて乙ですね~

 

漬け物類もちゃんとあります。

 

kamabokoと書いてありますが、たぶんさつま揚げ。以外に人気

 

たまごは寿司ネタにも多く使われますので、日本人以外の人にも人気ですね。

 

パンにはチーズがお似合い

 

 

ガーリックライス

 

ご飯は炊飯ジャーの中にあります。

 

高級パンシットカントン フィリピン料理

 

ゴーヤの炒め物 フィリピン料理

 

ビーフステーキ タガログ。フィリピン料理

 

フライドチキン フィリピン料理

 

Champorado 甘いチョコレートライスポリッジ フィリピン料理

 

この日のハムは4種類

 

 

当然デザートは新鮮です。

 

 

 

野菜も豊富

 

 

 

  

ニューワールドマカティ①

今日は、マカティにあるニューワールドホテル マカティの紹介になります。

ニューワールドホテル マカティは、グリーンベルト3の前にある5スターホテル。

商業地域の中心にあることからビジネス関係で利用される方が多く、接待や会社招待客の宿泊先として恥ずかしくないホテルになります。

客室が580室あり、レストラン、大型会議室、スイミングプール、フィットネスジム、スパなど施設もハイレベルです。

当然、結婚式や大型パーティーにも対応しているホテルで空港にも30分で行ける、何をとっても申し分ないホテルです。

今回は、客室(デラックスルーム)をご紹介いたします。

 

 

ニューワールド ホテル マカティ

Esperanza Street corner Makati Avenue, Ayala Center, Makati

 

ロビーはとても広く、落ち着きと高級感が漂います。

 

幅の広い階段も優雅でいいですね

 

 

何気なく置いてあるオブジェなんかもホテルのデザインに溶け込んでします。

 

1階にあるザ・ラウンジ

ここでも仕事のミーティングや商談に利用できます。

 

こちらがデラックスルーム

広さは、36㎡ デラックスルームは15~21階に設定されています。

ちなみにスーペリアルームは、デラックスルーム同様36㎡で5~14階に設定されています。

 

ベッドはキングサイズ

このサイズがゆったりできるんです!

 

 

 

テレビはベッドの正目に配置され見やすい!

 

 

日本語NHKも映ります。

 

コーナーには、照明と椅子があります。

 

棚においてあるのはEVIANのミネラルウォーター

1本(750ml)350ペソと書いてあります。

 

 

有料スナック類はフィリピンでも売れ筋のお菓子が置いてありました。

 

最近は棚にすっぽり入って隠されている冷蔵庫スタイルのホテルが多いです。

 

冷蔵庫の中の飲み物は有料です。

 

客室は禁煙

 

 

ホテル必需品のガウン!これを着てリラックス!

身も心もリフレッシュ!

 

高級ホテルに傘も客室においてあります。

 

アイロンや靴べらもありました。

 

 

ホテル必須アイテムのセーフティーBOX

 

 

インターネットのLANケーブルもあります。

ケーブルを支える重りがNTT docomoなのがちょっと笑えます。

 

洗面

2本のフリーウォーターが置いてあります。

下には体重計(写真左下)オシャレなガラスタイプ

 

 

洗面セットは箱に入っていました。

 

アメニティー

ECO-BOUTIQUE(エコ ブティック)というブランド。

ドイツのブランドでホテルアメニティーのブランドらしく、最近はアジアのホテルにも多く収めているようです。

 

トイレは一般的です。

 

バスタは少し浅く日本人にはちょっと物足りないかも知れません。

 

シャワー室

 

部屋からの眺めはこんな感じ、マカティのビル軍が見れます。

 

グリーンベルト3

 

スイミングプールは4階にあります。

 

最長25mあるそうです。

 

プールサイドチェアもいっぱい!

 

広く台数も多いフィットネスジム

 

 

  

マニラ空港第二ターミナルの工事が長引きそう・・・

マニラ空港第2ターミナルは現在大規模な工事中で到着出口より通路の規制があります。

今まで一般的な待合場所も工事中になっており、現在の国際線は、BAY14とBAY15の間でお客様を待つ場所になり、スペースも狭く混雑しています。

ねもとは今まで同様、BAY20でお客様をお待ちしています。現在のBAY20は人も少なくドライバーを見つけやすくなっています。

大規模な工事ですので、いつ工事が終わるかは定かではないのですが、第2ターミナルをご利用の方はもう少し辛抱していただくことになりそうです。

現在の第2ターミナルの様子をご覧ください。

 

現在(2019年10月14日撮影)のマニラ空港第2ターミナル

工事のため歩道の横に工事の仮囲いが設置されています。

ちょっと歩道の幅が狭くなっています。

 

 

柱が歩道側にあるため、工事の仮囲い部分が狭くなっています。

 

歩けないわけでないけど、混雑すると歩きにくくなる時もあります。

 

 

外からは少し工事の様子が見えます。

 

 

 

 

国際線到着後はこの通路(BAY14と15の間)から出てくることになりまます。

 

迎えに来た人はこのBAY14と15の間で待つことになり、狭いスペースで混雑になります。

 

ねもとで送迎を手配しているお客様は、歩道を歩いて頂き、BAY20までお進みください。

 

 

 

ここBAY20でドライバーお待ちしています。

 

ここはコーヒーショップ

ちょっと前まで閉店していましたが、最近はお客さんが多く人気があるようです。

 

いままでの待合エリアはどうなっているのか、行ってみたら・・・

 

あれっ・・・

 

このエリアも工事中になっていました。

 

人気があったジョリビーは現在も営業していますが、客がパラパラ。

 

工事の影響で売り上げは激減しているかも。。。かわいそう・・・

 

ドメスティック(国内線)の方に歩いてみます。

 

工事用の仮囲いは国内線の方まで続いています。

 

 

 

 

 

国内線出口も工事中になっています。

 

 

国内線の出口

 

工事規模が広いのでしばらく工事はかかりそうです。しばらくの辛抱・・・ですね。

 

 

  

コンラッドホテルの各施設をご紹介

昨日に引き続きコンラッドホテルの紹介です。

コンラッドホテル紹介の最後は各施設の紹介をさせていただきます。

お客様が良く利用するスイミングプールですが、3階のロビーから見える位置になります。

航空写真で見るとコの字型に設計された客室を囲うようにスイミングプールが配置されています。

ホテル内レストランは、朝食のBrasserie on 3の他チャイニーズレストラン「China Blue by Jereme Leung」や「C Lounge」など用途や雰囲気に合わせてご利用できます。

5スターホテルには当然フィットネスジムなどもも充実しており、宿泊以外でも利用価値のあるホテルになります。

 

コンラッドマニラ

 

 

スイミングプール

海に向かって左右、後ろに側に客室棟があります。

リクライニングチェアは合計20以上ありますので、いつでも利用できそうです。

 

 

全体的に船をイメージた設計なのか、大型フェリーにあるプールのようにも感じさせてくれます。

 

 

 

客室から眺め

 

 

 

フィットネスセンター

早い時間から利用する方が多くいました。

 

 

 

 

ここはアートギャラリー

有名な芸術家の作品が展示されています。

 

 

壁に沿って作品が展示されています。

 

 

 

 

販売もしているようです。

1品1品に価格が表示していました。

 

こちらはチャイニーズレストラン「China Blue by Jereme Leung」

 

 

China Blue by Jereme Leungはランチとディナーの営業ですので、午前中は準備中です。

 

 

 

こちらはC Lounge マニラ湾が見えるラウンジです。

 

 

マニラ湾を見ながら仕事の商談や夜はデートにも使えそう。

 

 

ワインの種類も豊富!

 

 

 

エクゼクティブルーム以上に宿泊の方はこのエクゼクティブラウンジの利用ができます。

プライベートチェックインやエクゼクティブラウンジでの食事、会議室のご利用など特典があります。

 

 

 

 

 

 

朝食もここで食べることができます。

 

 

コンラッドホテルのチェックイン時間は午後3時です。

(他のホテルは2時は多いですが、ご注意ください。)

 

最後にコンラッドホテルのかわいいマスコットをご紹介。

 

 

販売もしています。

 

 

  

コンラッドマニラの客室

先週10月10日に紹介しました「コンラッドホテルの朝食」に引き続き、

今日は客室をご紹介いたします。

コンラッドホテルは世界各国のお客様が宿泊する人気のある5スターホテルです。

全347室で構成され、数人から1,500人まで対応したミーティングルーム及びBallroomがあります。

ホテルの形は船をイメージした設計になっており、他のホテルにはない特長になっています。

建物の2階までは、S Maisonというショッピングモールになっていて、レストランや映画館などもあります。

当然ですが、ホテル内スイミングプールやフィットネスジムも設備されています。

今回は、デラックスルームと1ベッドルームスイートをご紹介いたします。

 

コンラッドマニラ

船をイメージした設計になっています。

写真の1,2階部部がショッピングモール「S Maison」になっています。

ホテルとS Maisonの入り口は違います

 

デラックス ベイビュー ルーム

 

 

 

 

お部屋内に設置されたデスク

デスクライトやコンセントもあり、ちょっとした仕事もこなせそうです。

 

USBソケットがあるのはうれしいです。

 

ベッド脇にある台には電話、時計、スイッチ類があります。

 

スイッチ、コンセント類

 

テレビはベッドと反対側の壁にあり見やすいです。

 

備え付けの棚を開くとワイン(有料)があります。

 

スナック類とミニバー(有料)

 

コーヒー類

 

 

冷蔵庫内のものは有料です。

 

5スターホテルでは紹介するまでもありませんが、セーフティーBOX完備

 

洗面が大きな鏡が特徴

 

洗面の下には体重計があります。

 

 

Shanghai tang mandarin teaのフェイスソープとローション

 

 

コンセントは、230Vと115Vがあります。

 

 

トイレ

シャワーは手持ち式と固定式の両方が設備されています。

 

 

こちらのアメニティーもShanghai tang mandarin tea

 

1ベッドルームスイート

 

リビングルーム

 

テレビの向こう側は寝室になります。

 

デスクは窓側になりとても明るく使いやすそう。

 

カーテンを開けるとこの通りとても明るいお部屋です。

 

 

スナックやミニバーはデラックスルーム同様有料になります。

 

 

 

寝室

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

洗面台は2つ設備されています。

 

 

 

アメニティー

 

 

 

シャワーは、デラックスルーム同様固定式と手持ち式の両方設備されています。

 

 

バスタブは置き型タイプでおしゃれです。

 

今回は2種類の客室をご紹介いたしました。次回はホテル内にある設備(スイミングプール、ジム、その他を)関係をご紹介いたします。

 

  

大型台風19号

今日から連中になりますが、残念なことに大型台風19号が日本に向かっています。

かなりの大型で最大瞬間風速は60m/sで暴風域にないると25m/s以上の風が吹く予想です。

日本に居られる方、特に関東地方や東北地方に居られる方は台風にお気を付け下さい。

ねもとでホテルをご予約のお客様へ

台風のため欠航になってしまった航空会社の欠航証明書(日付変更書類)をねもとにメールかLINEで送って頂きますようお願いいたします。

欠航証明書(日付変更書類)は、宿泊予定のホテルに提出いたします。

(欠航証明書(日付変更書類)の提出によりほとんどの場合、欠航した日の宿泊代のチャージがかかりません。)

 

10月13日午前10時40分(日本時間)発表の気象庁台風情報

 

 

  

1010ホテルアラバン、グランドオープン

昨日10月10日はアラバンにあります、1010ホテル(テンテンホテル)のグランドオープニングでねもとトラベルが招待されました。

1010ホテルは、パサイにあるネットワールドホテル系列のホテルで、とてもリーズナブルなホテルになります。

部屋数は69部屋で、スタンダード、デラックス、エクゼクティブ、ファミリーの4カテゴリー。

スタンダードルーム(シングルベッド)は、ねもとトラベルで1泊1600ペソで宿泊できます。しかも朝食も付いているのでお得!

二人での宿泊にはエクゼクティブルームがお勧め!、ツインベッドタイプで個々に寝ることができます。

スタンダードルーム以外は2名まで宿泊(ファミリールームは3人)でき、かなりお得な宿泊料金になっています。

グランドオープニングが9階の会場で行われ歌の披露やくじ引きなどが行われました。

仕事や素泊まりのみで宿泊費抑えたいのであればこの1010ホテル(テンテンホテル)を利用するのは得策かも・・・

 

1010ホテルの価格はこちら

 

1010ホテル(テンテンホテル)

South Super Highway cor. Montillano St.
Alabang, Muntinlupa City

 

ロビー

 

フロント

 

デラックスルーム

 

 

 

小さいけどセーフティーBOXはあります。

 

 

 

2足分のサンダルもありました。

 

洗面

 

 

トイレ

 

シャワーは固定式です。

 

エクゼクティブルーム

シングルサイズのベッドが2つあるタイプ

ベッド中央の棚の下にセーフティーBOXがあります。

 

 

 

洗面およびトイレは一般的な家庭にもあるタイプ

 

トイレ

 

シャワー

壁にある箱は石鹸、シャンプーおよびコンディショナー

 

ファミリールーム

クイーンサイズベッドが2つあるお部屋になります。

 

 

こちらはデラックスルームより大きめのセーフティーBOX

 

 

洗面

 

トイレ

 

シャワー

 

2階にあるレストン

 

 

 

ここからは昨日行われたオープニングセレモニーの様子をご紹介いたします。

 

9階にある会場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌のサービスでセレモニーがスタートしました

 

ネモト担当のホテルセールスマネージャーのビリー氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

コンラッド マニラの朝食

今日はモールモブアイシアの隣にあるホテル、コンラッド マニラの朝食をご紹介いたします。

コンラッド マニラはマニラ湾に面しており、ガラス張りにのロビーからはマニラ湾を一望できます。

フロントとは反対方向にレストラン「Brasserie on 3」があり、ここでの朝食なります。

さすが5スターホテルだけあり、料理の数は豊富です。パンコーナーでけでもパン屋さんレベルの数でお腹一体になりそう・・・

他の料理も手間をかけているのが分かります。

食後のフルーツやヨーグルトもありますのでうれしいです。

 

コンラッドマニラ

 

3階のロビー

 

 

 

 

レストラン「Brasserie on 3」

 

レストラン内は広さに余裕があり、落ち着きがあります。

 

 

 

 

 

 

 

パンコーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エダムチーズ

 

エメンタールチーズ

 

 

 

 

 

寿司コーナー

 

 

 

 

サラダコーナー

 

 

 

 

ハムコーナー

 

 

BUTTERED VEGETABLES

 

CHICKEN SAUSAGE

 

BAKED BEANS

 

HAM

 

ゆで卵

HASHBROWN

 

BACON

 

目玉焼き

 

エッグステーション

 

ラーメンコーナー

 

CONGEE

 

 

STEAMED OKRA

 

CORN COB

 

 

 

JAPCHAE

 

CHICKEN ADOBO

 

CORNED BEEF

 

FRIED FISH

 

SUMAN

 

揚げバナナ

 

フルーツコーナー

 

 

 

 

 

 

ヨーグルト

 

 

 

 

 

  

City Garden Suites Manilaの朝食

昨日に引き続き、City Garden Suites Manilaの紹介になります。

City Garden Suites Manilaは、現在P2500から宿泊できる、リーズナブルなホテルになっているます。

料金には、朝食も含まれ1階ロビー横にあるレストラン「Cafe Miranda」で食べられます。

今日は朝食をご紹介します。

 

レストラン「Cafe Miranda」

 

 

 

POTATO WEDGES / CHOPSUEY

 

PASTA ALA MEXICANA

 

DANGIT

 

CHICKEN PATTIES

 

HONEY GLAZE PORK BELLY

 

HOTOTAY SOUP

 

HARD BOILED EGG

 

PANCAKE

 

エッグステーション

 

パンコーナー

 

サラダ、フルーツコーナー

 

 

 

  

シティーガーデン スイート ホテル

今日にご紹介は「City Garden Suites Manila」です。

マラテ地区のマビニ通りに位置し、近くには、マニラロータスホテルやシティステイト タワー ホテルがあります。

マカティにあるCity Garden MakatiCity Garden Grandと同系列のホテルになります。

大型ショッピングモール、ロビンソンやリサール公園。人気のライブバンドレストラン「Cowboy Grill」は、目と鼻の先です。

今回はスーペリアルームをご紹介です。

 

シティー ガーデン スイート マニラ

 

 

ロビー

 

 

 

フロント

 

スーペリアルーム

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫

 

NHKプレミアムが映ります。

 

洗面

 

 

 

こちらのスーペリアルームは、バスタブ付き。

同じスーペリアでもバスタブ付きと無しがあります。

 

 

シャワーは固定式です。

 

お湯の温度は問題なし、水圧が若干弱いので、お湯がたまるのに少し時間がかかりました。

 

次回は朝食をご紹介します。

  

避暑地に良いね!キャニオンウッズ②

先週ご紹介したバタンガスのキャニオンウッズ

広大な敷地には、ゴルフ場やテニスコートがあり、避暑地として週末を過ごす快適なリゾートです。

先週に引き続きパーティーの様子をご紹介いたします。

 

パーティー会場の全室に用意された場所には秋をイメージしていました。

 

 

赤く染まった紅葉が秋の雰囲気を出しています。

 

 

 

 

ここがメインパーティーが行われた会場、冬をイメージしています。

 

全体がホワイト&ブルーでデザインされています。

 

 

 

 

 

スタッフさんは仮面をつけて面白い演出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

明日からマニラの電話番号の桁が増えます。

明日10月6日からマニラ首都圏の固定電話の桁が7桁から8桁になります。

市外局番02の後ろにPLDTですと8、Globeですと7がプラスになります。

ねもとの日本語専用電話番号は、02-404-6739から02-8404-6739に変更になり、

海外からお掛けの場合は、+63-2-404-6739から+63-2-8404-6739になります。

マニラ首都圏内からかける場合は8404-6739です。

携帯電話の番号は変更なく今までと同じ番号になります。

 

 

  

パンパシフィックマニラはシェラトン マニラベイに変わりました。

10月1日より、マラテエリアにありますパンパシフィックホテルマニラは、

マネージメント変更により、シェラトン マニラベイに名前が変わりました。

看板が変更になったのみで外観はそのままの営業になりそうです。

新たにエントランスの荷物チェックにX線検査装置が設置されました。

 

シェラトン マニラベイ

 

外観は変わっていません

 

正面の看板が[SHERATON]に変わりました。

 

 

アドリアティコ通りとマルバー通りの角にあった看板もシェラトンに変更

 

 

 

エントランス左側にもシェラトンの看板があります。

 

パンパシフィック時代には無かったX線検査装置が設置されました。

 

身に付けていた金属類や小銭、携帯は箱に入れてゲートを通ります。

 

 

ロビーは前と同じ

 

 

 

 

 

  

避暑地に良いね!キャニオンウッズ①

今日は、バタンガスのキャニオンウッズをご紹介します。

キャニオンウッズは、広大な敷地にゴルフ場やテニスコート、体育館などもあり、森林の中のリゾートといった感じです。

この日は、キャニオンウッズでパーティーがあり招待されましたので、ご紹介いたします。

 

キャニオンウッズの入り口にある看板

 

ゲートでチェックを受けて車で山を下る形になります。

 

見晴らしの良いロケーションです。

 

 

今回のパーティーは、会場別に四季があり最初に案内された昼食会場は夏をイメージしているそうです。

 

 

 

昼食会場から見える景色

 

 

 

 

大きな池があって心が和みます。

 

 

 

体育館

 

 

テニスコート

 

 

昼食会場の横にあるスイミングプール

(※宿泊ホテルのプールがホテル棟内にあります。)

 

 

ここが宿泊ホテルのロビー、The Peak Hotelという名前です。

 

 

 

 

今回宿泊したお部屋

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

 

 

アメニティー

 

 

シャワー

 

トイレ

 

お部屋からの眺め

 

 

キャニオンウッズで新しく運営するコンドミニアムの紹介がありました。

 

 

コンドテルタイプのようです。

 

 

セーフティーBOX完備

 

洗面

 

シャワー

 

ミリエンダ(おやつ)タイム

この会場は春をイメージた設定だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

秋及び冬の会場が次回ご紹介いたします。

  

スターシティーが火事

昔から、多くの子供たちに愛されてきた、アミューズメントパーク、スターシティーが昨晩火事になりました。

かなり大きな火の手が上がり、あたりの空は真っ赤になるほど・・・多くの消防車が出動し、現在でも鎮火していないようでした。

深夜だったこともあり、死亡者はいないようですが、スターシティーの他マニラブロードキャストカンパニー(MBC)のオフィスなどが全焼したとのことです。

スターシティーはこの火事で、スリスマスシーズンまでは閉鎖されますと発表しました。

 

スターシティ昨晩の火災

 

 

 

10月2日11時の様子です。

まだ煙が上がり、完全に鎮火していないようです。

 

 

 

 

 

 

当然今日から閉鎖です。

 

 

 

 

この辺の飲食店は電気が来ていません。

 

 

 

 

マスコミ関係者がいます。

 

 

消防車まだいます。

 

 

 

  

シャトーロイヤル ホテル & スパ

今日は、バタンガスにあるホテル&レジャー施設「CHATEAU ROYAL HOTEL & SPA」をご紹介します。

CHATEAU ROYAL HOTEL & SPAは(シャトーロイヤル ホテル & スパ)はバタンガス、ナスブ(NASUNBU)に位置するホテル&レジャー施設です。

広大な敷地には、宿泊施設、波の出るプール、ZIPLINE、ロッククライミング、大きなグランドなどがあり、特に日帰りの社員旅行等は、数千人規模の受け入れができる施設です。

 

CHATEAU ROYAL HOTEL & SPA

 

 

ロビーフロント

 

 

 

 

 

 

ロビー横のスイミングプール

 

 

 

緑に囲まれた広大なグランド

 

 

グランドの向こうにはアスレチックの遊具があります。

 

 

一千人は、かるく入るテントもあります。

 

 

 

 

 

 

 

ここは波の出るスイミングプールです。

 

 

 

砂浜になっています。

 

 

 

ZIPLINEもあります。

 

 

ロビー隣にあるレストラン

 

 

 

  

日帰りで楽しむならキャニオンコーブ

今日はバタンガスエリアにあるリゾート。

キャニオンコーブをご紹介いたします。

キャニオンコーブは、2017年のねもと社員旅行でも利用した場所で、団体にも対応しているビーチリゾートになります。

宿泊施設もありますが、マニラからですと日帰りも可能ですので、人気のあるりゾーとです。

施設内には大きなスイミングプールと300mを超えるビーチがあり、一日たっぷりと楽しめます。

 

キャニオンコーブ ビーチクラブ

 

 

ロビー

 

 

 

フロント

 

 

 

プールを囲うように宿泊施設が建っています。

 

 

奥に見えるのはビーチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は1000人以上の団体旅行(日帰り)を受け入れられる場所を探しに、ねもとスタッフがバタンガスエリアを視察です。

 

 

ジェットスキーも可能

 

のんびりカヤックもできます。

 

当然バナナボートもありますよ

 

水上アスレチック?もあります。

 

ホワイトサンズ

 

 

 

 

 

 

 

ビーチは禁煙です。

 

 

  

ダイヤモンドホテルマニラの朝食②

昨日に引き続き、ダイアモンドホテルマニラの朝食をご紹介いたします。

撮影した日時は昨日(9/27)の朝6時半ごろでした。

この時間帯はまだお客様も少なく、ゆっくり撮影ができます。(もちろんホテル側の許可は事前にもらっています。)

一品一品料理の写真を撮ってきましたので、ご覧ください。

 

料理は、ビュッフェ スタイルになっています。

ランチ及びディナーもビュッフェ スタイルになります。

 

 

日本食コーナー

 

この日は巻き寿司とそばがありました。

 

 

 

 

そば

 

 

インド料理コーナー

 

CHICKEN CORRIANDER

 

FISH TIKKA

 

CHOLY MASALA

 

パンケーキコーナー

 

 

パンケーキトッピング類

 

お粥コーナー

 

ARROZ CALDO

 

CHAMPORADO

 

PLAIN GONGEE(お粥)

 

お粥トッピング類

 

 

 

ラーメンコーナー

 

ラーメンの具

 

FISH IN RANCH DRESSING

 

PORKLOIN WITH MUSHROOM

 

たまご料理コーナー

 

OMELETTE

 

SUNNY SIDE UP

 

SCRAMBLED EGG

 

ゆで卵

 

 

PORK CRISPY BACON

 

HASH BROWN POTATO

 

BEEF IN RED WINE SAUCE

 

PORK SAUSAGE

 

STEAMED RICE

 

 

BISTEK TAGALOG

 

TINAPANG BANGUS

 

ADOBONG MANOK SA PUTI

 

ハムコーナー

 

LYOBER

 

SALAMI MILANO

 

SLICED PORK

 

ASSORTED CANAPES

 

チーズコーナー

 

PENNE PASTA SALAD

 

CHICKEN SALAD

 

CUCUMBER AND MELON SALAD

 

サラダコーナー

 

 

 

フルーツコーナー

 

 

パンコーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュースコーナー

 

ゼリーコーナー

 

 

  

ダイヤモンドホテルマニラの朝食①

今日は、ダイヤモンドホテルマニラの朝食をご紹介です。

ダイヤモンドホテルマニラは、マラテエリアの5スターホテルとして営業しています。

5スターホテルとしては客室の内容やホテルスタッフの対応などが重要なポイントですが、

もうひとつ、朝食も5スターとしての品格を問われるポイントです。

ダイヤモンドホテルマニラの朝食は、ホテルロビーの奥、レストラン「Corniche」になります。

広いレストランでは、日本食コーナーもあり、今日は巻き寿司とそばが用意されていました。

他にはインド料理もあり、スパイスが効いて好評のようです。

今日、明日と2回に分けてご紹介いたします。

 

ダイアモンド マニラ ロビー

写真奥はフロントデスク、右側がエントランス、左側は、レストラン「Corniche」

 

上記写真の反対側

写真奥は、Lobby Lounge、右側がレストラン「Corniche」です。

 

ロビーからレストラン「Corniche」を見た感じ

 

 

 

レストラン前からエントランスを見た感じ

 

 

 

レストラン「Corniche」は、ガラス張りの個室もあります。

 

天井が高く解放感たっぷり!

 

広いレストランです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

マラテ地区KTVのタレントが店先に出られなくなった件

7月の後半からマラテの繁華街で営業しているカラオケ店、いわゆるKTVでは、市の指導で、タレント(GRO)がお店の店先に立っての営業やタレントのビラ撒き行為を一切禁止しました。

これに違反したお店は、指導やペナルティーではなく、一発で営業許可の取り消しが宣言されています。

この為現在では、KTVの店先にはいっさいタレント(女の子)立つことがなくなりました。

禁止の理由としてマラテ地区のイメージをクリーン化する目的があるようです。

タレントの呼び込みやビラ撒き行為が禁止され、少し寂しさがありますが、お店のスタッフによるビラ撒きや呼び込みは禁止ではなく、今まで以上に呼び込み行為が激化しそうな予感です。

 

マビニ通り

 

 

Jorge Bocobo通り

 

 

Jorge Bocobo通りとGen.Malvar通りの交差点

 

 

 

 

以前は店先にタレントが立ち呼び込みをしていましたが、現在は一人もいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

マビニ通りのNew World Manila Bayホテルに隣接するCasino Filipino – Malateの入り口が改装されもうすぐ完成しそうです。

(写真右手)

 

軒天には映像が流れるように大型スクリーンになっていて、テストしていました。

  

ねもとトラベルのパールガーデンデスク

今日はねもとトラベルのパールガーデンねもとデスクをご紹介いたします。

パールガーデンねもとデスクはパールガーデンホテルロビーにあり、入口右側にデスクを置いています。

デスクではホテル予約を始め送迎手配、航空券販売も行っております。

現在はここで円でのお支払いもできるようになっており、一層便利になっております。

円でのお支払いレートは、デスクに表示してあります。(お釣りはペソになります。)

 

パールガーデンホテル

 

 

 

現在のデスクはこのような配置になっています。

トランベル担当、「Laiza」(写真左)と円での支払い担当「Aiza」(写真右)

 

 

トランベル担当、「Laiza」

 

円での支払い担当「Aiza」

 

 

デスクの横にはホテルエレベーター

 

ホテルフロント

 

 

 

  

ホテルSOGOマラテ解体工事崩壊事故のため通行止め

マビニストリートにあるホテルSOGO解体工事中に23日の午前、一部崩壊事故が起こりました。

マニラ新聞によりますと作業員2人が生き埋めになり、死亡が確認されたそうです。

この為現在もマビニ通り(ホテルSOGO周辺)は交通止めになっています。

周囲の通りが渋滞になっているところもありますので、ご注意ください。

 

キリノ通りからはマビニ通りに車は入れません。

緑のネットがある所が崩壊事故があったホテルSOGO

 

 

 

24日午前中の様子

 

 

 

 

通行止めのマビニ通り(ホテルSOGO周辺)

 

 

 

 

 

  

トライバル(TRIBAL)主催のイベント 2

先週の土曜日に引き続き、パサイ、ワールドトレードセンターで行われた、衣料品ブランド、トライバル(TRIBAL)主催のイベントの様子をご紹介いたします。

トライバル(TRIBAL)は。若者に人気のあるブランドで、トゥースタイルのデザインが中心になっていますが、

最近ではロゴだけのシンプルなポロシャツなどもあり、多くの年齢層に愛用されるようになりました。

今日はバンドバトルの様子をご紹介です。

 

会場内のステージ

左右にバンドのステージがあり、1組のバンドが3曲歌います(内1曲はオリジナル曲)右のバンドが終われば、左のバンドが始まり、その間に右のステージで次のバンドがスタンバイするといった流れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が唯一知っているバンド、「Jason X」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

トライバル(TRIBAL)主催のイベント

昨日と今日2日間、パサイ、ワールドトレードセンター(WORLD TRADE CENTER)で、衣料品ブランド、トライバル(TRIBAL)主催のイベントがあります。

トライバル(TRIBAL)を愛用されている方はご存知かと思いますが、服のデザインはたタトゥースタイルがメインで若者に人気があります。

イベントには、フィリピン全土から予選を勝ち抜いたバンドが優勝を目指しバンドバトルを行っています。

会場内は独特な雰囲気ではありますが、興味がある方は今日も開催していますので、行ってみてください。

入場料1人 600ペソ

 

トライバル(TRIBAL)ブランドマーク

 

Tシャツなどにデザインされるイメージ

 

こんなTシャツや

 

こんなTシャツがあります。

 

会場はワールドトレードセンター

ねもとから車で5分ほどのところです。

 

チケットブースでチケットを購入

 

600ペソを払い手首に入場券らしきものを巻いてもらい、場内に入ります。

 

スタンプも押されます。

 

 

会場内のステージ

 

 

各ブースで出店しているのは全てタトゥーのお店

 

 

 

 

 

 

イベントに来た人のほとんどがTRIBALを着用していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影会も行われています。

 

 

 

 

網で囲まれたトランポリン

 

 

ステージではバンドバトルが行われています。

 

 

 

 

進行役の二人

 

バンドバトルの様子は次回ご紹介します。

 

 

  

日本は連休だけど台風

先週に引き続き、日本は連休になります。

大型台風17号が日本に接近していますので、ご注意してください。

フィリピンも現在雨期ですので、マニラは毎日のように雨が降っています。

特に夕方帰宅時間帯に雨が降りますと、大渋滞になります。

移動の際は、早めの行動をお勧めいたします。

 

日本時間9月20日 午前9時45分発表の気象庁台風情報

  

新空港はブラカンに建設

今日のマニラ新聞の一面に「複合企業大手サンミゲルと運輸省がブラカン州に建設する新空港の署名式を行った」という記事が出ました。

マニラ空港の第2空港としての役割で設計、建設される予定だそうです。

同意書には、サンミゲルが用地買収、設計、建設のすべてを請け負う内容で完成後は50年間の空港運営権も持つそうです。

サンミゲルは、2025年の完成を目指し、平行滑走路を4本の空港で年間利用客は1億~2億人が目標とのことです。

(羽田空港が年間9000万人弱)

 

建設予定地

 

 

完成予想図

 

 

複数のプランがあるようです。

 

  

地元で人気Emerald Garden Restaurant

今日はチャイニーズレストラン「Emerald Garden Restaurant」をご紹介いたします。

Emerald Garden Restaurantは、アメリカ大使館の近くで営業し、Bayview Hotelも近くにあります。

朝7時から営業していますので、朝食から夕食までご利用できる中華レストランになります。

今回はランチタイムに寄ってみました。満席で少し待ちになるほど人気がある中華レストランです。

Emerald Garden Restaurant
Roxas Boulevard, Ermita, Maynila, 1000 Kalakhang Maynila
(02) 523 8510

 

Emerald Garden Restaurant

Google mapから

 

夜はこんな感じです。

 

店内の様子

 

 

 

おしぼり

 

 

 

 

 

 

 

 

メニューには写真が無いので、少し残念!

  

一番美味しい Shanghai Fried Siopao

今日は、チャイナタウン Ongpin通りにあるShanghai Fried Siopaoをご紹介いたします。

Siopao(ショーパオ)は日本の肉まんのような食べ物で、このShanghai Fried Siopaoは名前の通り揚げショーパオですが、見た感じ焼きショーパオ的な感じのショーパオです。

出来立ての温かい状態を食べるのが一番美味しいFried Siopao1個22ペソで売っています。

食べてみればわかるこのショーパオの美味しさ!お勧めのショーパオです。

 

Google map で見るとこんな感じにお店があります。

 

田舎の商店って感じ!

 

1個22ペソで販売しています。

 

お店の中で料理していますが、揚げてなく、焼いています。

 

 

店内にはショーパオの他いろんな食材が売っています。

 

 

 

 

  

チャイナタウンのパン屋さんSalazar Bakery

Salazar Bakery

チャイナタウンで1947年から営業しているパン屋さん「Salazar Bakery」をご紹介します。

Ongpin通りにある、Salazar Bakery

店内はいろんな種類のパンやお菓子が並んでおり、価格も1個20ペソ台から売られています。

チャイナタウンに行かれたら寄ってみてください。

 

 

店内はパンとお菓子でいっぱい

 

 

カウンター

 

 

 

 

 

 

20ペソから30ペソ台のパンが売れ筋です。

 

 

 

 

お店前の通りの風景

 

Salazar Bakery

783 Ongpin St, Binondo, Manila, 1006 Metro

営業時間午前5時~午後10時

 

  

マニラからフェリーでコロン旅行⑩番外編

マニラからフェリーでコロン旅行⑩番外編

港の近くで電動トライシケルの運転手につれてってもらったのが、ローカル市場

魚介類をはじめ、豚なども売っています。

市場の近くにはお土産屋さんが並ぶ小さな商店街があり寄ってみました。

Tシャツやキーホルダーなどがたくさん売っています。

 

Coron Market

 

 

 

かなりローカルです。

 

市場の中

 

港町ですので魚介類は多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食肉関係もありました。

 

 

 

お土産屋さんエリア

 

 

 

 

ほこりが付かないようにしてるのでしょうか。商品はビニールで覆われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10回に渡り、マニラからフェリーでコロン旅行をお伝えしてきました。

ご意見・ご質問などありましたら、こちらまでお願いいたします。

  

サンライト ゲスト ホテル コロン

今日は、コロンの港に近いホテル、サンライト ゲスト ホテル コロンを紹介いたします。

このホテルサンライト ゲスト ホテル コロンは港まで徒歩でも行ける距離で、海に面したホテルです。

レストラン、スイミングプールも海に面しており、食事もプールサイドでお楽しみいただけます。

 

 

 

ロビー

 

 

レストラン

 

 

レストランからの眺め

 

 

スイミングプール

 

 

 

 

プールからの眺め

 

 

 

 

 

 

 

  

マニラからフェリーでコロン旅行⑨熱いマキニット温泉

マニラからフェリーでコロン旅行⑨

セントオーガスティン教会とカシューナッツのL. Escarda’S Coron Harvestを見た後は、日本人には行ってほしいマキニット温泉(Maquinit Hot Spring)に行きました。

ここの温泉は、露天風呂でとても広く、日本なみに熱い温泉です。

ツアー1番にいったMt. Tapyas700段の階段を上った疲れが一気に癒されるこのマキニット温泉(Maquinit Hot Spring)お勧めです。

 

Coronの電動トライスケルは町を離れ、山道を走ります。

 

 

 

マキニット温泉入口

 

ツアーなどに参加しなくても直接ここに来ると入場料は大人P200

 

 

 

場内はけっこう広い敷地です。

 

 

 

どうですか!この広さ。

 

 

 

 

 

 

水もとてもきれいです。

 

水深は立っても腰上まであります。

水温は日本並みで40度くらいありました。

 

広いので泳いだりもできます。

 

 

とても気持ち良さそう

 

 

 

 

  

ダイアモンドホテルマニラ 客室②クラブルーム

ダイアモンドホテルマニラ 客室②

今日はダイアモンドホテルマニラのクラブラウンジが利用できる客室をご紹介いたします。

24、25、26階の客室がクラブランジを利用できるクラブフロアになっていまして、ラウンジでのチェックイン及びチェックアウトが可能

食事もこのラウンジをご利用でsきます。

 

クラブラウンジ

 

 

 

 

 

 

 

CLUB KING ROOM

 

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

洗面

 

 

トイレ

 

バスタブ

シャワー

 

アメニティー

 

クラブ エクゼクティブ スイート

 

 

寝室

 

 

 

クラブ以上の客室にはヒョウ柄ぼガウンがあります。

 

セーフティーBOX

 

冷蔵庫(有料)

 

洗面

 

 

トイレ

 

バスタブ

 

シャワー

 

体重計

 

アメニティー

 

クラブ スイート ルーム

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

 

 

 

 

洗面

 

 

 

トイレ

 

シャワー

クラブスイートにはバスタブがありません。

 

アメニティー

 

プレジデンシャル スイート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝室

 

 

 

 

洗面

 

 

トイレ

 

 

セーフティーBOX

 

シャワー

 

 

バスタブは、マニラ湾が見え、ジャグジー付になっています。

 

 

  

セブパシフィック 日本-フィリピン100円で販売

セブパシフィック航空では、今日と明日、日本-フィリピン便を100円で販売しているようです。

セブパシフィック航空のホームページはアクセスが集中して、すこし繋がりにくい状況になっています。

利用期間は2020年4月1日から8月31日

セブパシフィック航空のホームページです。
https://www.cebupacificair.com/ja-jp

 

 

 

  

ダイアモンドホテルマニラ 客室①

今日はダイアモンドホテルマニラの客室をご紹介いたします。

ダイアモンドホテルマニラはマラテ地区の中心に位置し、マニラ湾を望める5スターホテルになります。

1993年オープンし、27階建て482の客室を持ちます。

禁煙ホテルが多くなる中、ダイアモンドホテルマニラは喫煙室の指定もできるホテルです。

 

DIAMOND HOTEL MANILA

 

ロビー、左側はレストラン、後ろ側はロビーラウンジです。

 

 

フロント

 

一般的なデラックスキングルーム 40㎡

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫(中の飲み物は有料です。)

 

 

洗面

 

トイレ

 

バスタブ

 

シャワー

 

アメニティー

 

 

プレミア キング 40㎡

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

洗面

 

 

トイレ

 

バスタブ

 

 

シャワー

 

アメニティー

 

 

 

デラックス エクゼクティブスイート 88㎡

 

 

ベッドルーム

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫(中の飲み物は有料です。)

 

セーフティーBOX

 

洗面

 

 

トイレ

 

バスタブ

 

 

シャワー

 

部屋からの眺め

 

次回はクラブルーム以上の客室をご紹介いたします。

 

  

ダイアモンドホテルマニラの朝食

今日はマラテ地区にあるダイアモンドホテルの朝食をご紹介いたします。

ロビー奥にあるレストラン「Corniche」で朝6時から10時が朝食になります。

洋食が中心ですが、インド料理のTndoori ChickenやJeera Alooも人気メニューの一つということです。

 

レストラン「Corniche」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

9月5日ニューワールドマニラべイにてパーティー

昨日9月5日

ニューワールドマニラベイホテルで、各旅行代理店さんが集まるパーティーがあり、ネモトトラベルも招待されましたので、行ってきました。

午後7時から始まったパーティーはホテルと各旅行代理店との親睦会的な感じで、歌手やバンドの演奏や宿泊券などが当たるくじの抽選会などで盛り上がりました。

代理店としても表彰されるなど、ステージに呼ばれホテルジェネラルマネージャーより記念品を頂きました。

このようなパーティーに招待されるのも、一重にお客様のおかげと、この場を借りて御礼申し上げます。

 

New World Manila Bayのロビーにて

 

6階の会場、全室では動画撮影のサービスが行われていました。

 

 

パーティーが始まるまでの間は、ワインを飲んで待っています。

 

ホテル ジェネラル マネージャー、Mark Heywood氏と記念撮影

 

 

いろんな人と交流をもちます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェネラル マネージャー、Mark Heywood氏のあいさつ

 

 

乾杯!

 

 

 

ねもとトラベルも呼ばれステージに上がります。詳しくは動画で・・・

 

 

 

 

  

マニラからフェリーでコロン旅行⑧

マニラからフェリーでコロン旅行⑧

タウンツアー、700段階段上りきったMt. Tapyasを後にして、次に向かったのはセントオーガスティン教会。

1901年にこの教会が出来たということです。

次に向かったのは、カシューナッツを作る L. Escarda’S Coron Harvestに行ったのですが、この日は日曜日の為、作るところは休みのため見ることができませんでした。少し残念です。

 

セントオーガスティン教会

Saint Augustine Parish Church Coron

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはカシューナッツの

L. Escarda’S Coron Harvest

 

 

 

 

 

この人がオーナーのMrs. Lita Escarda

 

記念撮影!

 

  

マニラからフェリーでコロン旅行⑦ Mt. Tapyas

マニラからフェリーでコロン旅行⑦

コロンアイランドホッピングを終え、次の日はタウンツアーに行ってみました。

朝8時半にドライバーが迎えにきますのでホテル朝食を済ませ待ちます。

バッテリー式のトライシケルが迎えにきて最初に向かったのは、Mt. Tapyas

700段ある階段を上るのですが、登りきった場所から見える景色は絶景です。

 

ホテルのロビー兼レストラン

 

朝食はアラカルトスタイルです。

 

 

 

 

 

 

ドライバーさん迎えにきてタウンツアーに出発!

 

 

 

Mt. Tapyasに行く前に寄ったのが、ベイサイドにあるLualhati Park

 

 

ただの広場でした。

 

 

Mt. Tapyasに向かいます。

 

 

ここがMt. Tapyasのスタート地点

階段をひたすら上がっていきます。

 

 

 

 

途中階段ではない通路もあります。

 

途中からも町の景色は見えますが、やはり頂上からも見たいいですね。

 

誰が書いたのかわかりませんが600と書かれているのでここが600段目なのでしょう、あと100段上ります。

 

ここが頂上の広場です。

 

 

 

 

 

 

  

マニラからフェリーでコロン旅行⑥

マニラからフェリーでコロン旅行⑥

Baracuda Lake(バラクーダ湖)で泳いだ後は、ボートで20分ほど移動しTWIN LAGOON(ツイン ラグーン)に向かいました。

ここで海でのシュノーケリングを楽しみます。

足がつくほどの深さにあるサンゴ礁には、様々な小魚を見ることができます。

奥に進むほど水深が深いところもあり、そこにはサイズの大きい魚が観察でき、とても感動します。

水中カメラを持っていなかったのでとても残念!

アイランドホッピングの中でここのTWIN LAGOON(ツイン ラグーン)が一番楽しい場所でした。

マニラでは体験できない、自然いっぱいのシュノーケリングです。

 

TWIN LAGOON(ツイン ラグーン)の入口

ツイン ラグーンですので、もう一方のラグーンからも入れるとのことです。

 

雨期でもこの透明度!

 

 

この辺の水深は浅く腰上あたり

 

シュノーケリングに出発!

 

 

シュノーケリングにはライフジャケット着用が義務つけられています。

1時間くらいシュノーケリングしていますので、浮くにはライフジャケットがあった方が楽な時もあります。

 

 

写真はネットから借りたのもですが、こんな感じです。

 

水中はこんな感じに見えます。(実際もっと魚はいましたので飽きません。)

 

イメージ的にはこんな感じに魚が見えます。

 

TWIN LAGOON(ツイン ラグーン)でのシュノーケリングの後は近くのビーチでスイミング

 

 

 

遠浅さなので安全

 

 

 

 

 

水中の写真をお見せできないのが残念ですが、実際に行ってみると感動しますので、お勧めのアイランドホッピングです。

 

  

マニラからフェリーでコロン旅行⑤

マニラからフェリーでコロン旅行⑤

コロン島にあるカヤンガン湖でスイミングを楽しんだ後は、ランチタイムになりました。

ボートで近くのビーチまで行きニッパハットで食事を並べ食べます。

ビーチフロントでのランチを満喫した後は、Baracuda Lake(バラクーダ湖)に行きました。

ここでは、湖でのシュノーケリングを楽しめる他、ダイビングもできるスポットになります。

 

 

 

 

 

 

ビーチの幅はあまり長くないけど、きれいなホワイトサンドビーチ

 

 

 

 

 

 

ココナッツジュース売りのおじさん

 

1時間弱ランチをした後は、Baracuda Lake(バラクーダ湖)に向かいます。

 

 

 

 

 

 

入口で記念撮影

ここからバラクーダ湖まで少し歩きます。

 

階段を登ったり、下ったり

 

結構人がいます。

 

シュノーケリングする人と、ダイビングをする人がいます。

 

このバラクーダ湖も広い湖です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小魚が沢山います。

 

 

  

マニラからフェリーでコロン旅行④

マニラからフェリーでコロン旅行④

Acacia Garden Innを出発して向かったのは、アイランドホッピング。

コロン周辺の島々を廻ります。

この日は天候に恵まれず雨模様でしたが、マニラとは比べ物にならないほどきれいな海です。

最初に行ったのはコロン島にあるカヤンガン湖ここでスイミングを楽しみます。

ボートを降りてから桟橋を歩き、湖まで山を登ったり降りたりと、何もかもが新鮮、初体験です。

スイミングを楽しんだ後は船着き場を一望できる場所に行き少しの休憩、絶景です。

 

バッテリー式のトライシケルに乗り港まで移動

 

運転席はこんな感じ、結構パワーはあります。

 

 

港に到着、ボートに乗り込みます。

 

 

 

 

 

ねもとのドライバー(PAULO)も参加、嬉しそうです!

 

出向!

 

 

 

 

雨が降っていましたが、みんなとても楽しそう!

 

到着、この桟橋を歩いていきます。

 

 

 

透明度は最高!

 

 

 

桟橋の下には、たくさんの小魚が泳いでします。(画像をクリックで拡大します。)

 

 

 

 

ここから階段を上がって、カヤンガン湖に向かいます。

 

 

以外と長く続く階段、この時だけは曇り空で良かったと思いました。

 

上り終ったら、下ります。

 

休憩所発見!

 

湖が見えてきました。

 

 

ガイドさんに写真を撮ってもらっています。

 

 

凄い広い湖です!

 

グーグルマップで見ると大きい湖でした。

赤いマークが私達がいる場所

カヤンガン湖の左にあるBaracuda Lakeはランチ後に行った場所

 

 

ここでは30分から40分泳いだり、シュノーケリングを楽しみます。

 

桟橋付近にはサヨリみたいな魚がたくさん泳いでいます。

 

 

 

 

 

 

コロンアイランドホッピングの写真でよく目にする景色。絶景です。

 

 

 

階段を下りて次の場所に移動です。

続きはお楽しみに・・・

 

  

フィリピンTRAVEL MART

今日から9月1日土曜日までの3日間

SMXコンベンションセンターでフィリピンTRAVEL MARTが行われています。

今年で30年を迎えるTRAVEL MARTは、ホテル、リゾート、旅行代理店などが中心に250を超える出店数です。

この開催期間限定で特別プロモ価格で販売も行われるため、関係者や一般の方が多く訪れていました。

明日、明後日も午前10~午後8時まで開催されますので、お時間がありましたら行ってみてください。

入場料1人50ペソ

 

 

チケット販売ブース

 

 

入場時にスタンプを腕に押してもらいます。

 

場内はこんな感じ、とても広いです。

 

 

 

 

 

旅行代理店のブース

 

 

 

ネモトスタッフのMarivicも熱心に説明を聞いています。

 

 

 

 

旅行関係商品の販売もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

魚介類の販売も

 

 

 

  

マニラからフェリーでコロン旅行③

マニラからフェリーでコロン旅行③

フェリーを降りた私達が向かったのは、Acacia Garden Innホテル。

港からはトライシケルで10分かかりません。

チェックインを済ませ、この日はアイランドホッピングに出かける予定!

迎えの車を待つことに・・・来たのは三輪の電気トライシケルでしたけど・・・

三輪の電気トライシケルはこのコロンタウンにはいっぱいあるようです。

今日はAcacia Garden Innホテル等を紹介いたすいます。

 

ねもとトラベルスタッフ

 

 

 

港を出るとお迎えのドライバーがいます。

今回は送迎は頼んでいませんので、トライシケルに乗ってホテルに向かいます。

 

コロンはこんな感じのトライシケル

 

 

 

道路はこんな感じ・・・

 

コンビニやファストフードはありません。

 

 

 

 

ここがAcacia Garden Innホテル

小さいホテルですが、雰囲気は良いです。

 

 

チェックインしている間に写真を撮ります。

 

 

ロビー兼レストラン、朝食もここになります。

 

この建物はキッチンのようです。

 

晴れていればここでも食事ができます。

 

 

 

Acacia Garden Innは24時間コーヒーが飲み放題

コーヒー好きな私には嬉しいサービスです。

 

お部屋の紹介

211号室 KUKULAYAN ROOM

スイートルームです。

 

 

 

 

 

洗面・トイレ

 

シャワー

 

201号室 BURENGET ROOM

ファミリールームです。

 

クイーンベッドとシングルベッドもお部屋です。

 

 

 

 

洗面・トイレ

 

シャワー

 

5人三輪の電気バイクに乗り、アイランドホッピングに出かけます。

次回をお楽しみに・・・

  

マニラからフェリーでコロン旅行②

マニラからフェリーでコロン旅行②

マニラからフェリーに乗ってコロンまでの12時間

夕食が終わり、船内ではバンド演奏が行われ、お客さんを楽しませてくれます。

バンドは夜中まで行われ盛り上がっていました。

今日は、船内の夕食、バンド、STATE ROOMをご紹介いたします。

 

部屋に入り、少し休憩していると夕食の時間です。

 

 

 

 

 

私達のBUSINESS CLASSはこの部屋(Horizon Cafe)で夕食

 

 

 

メニューは2種類、ビーフかフィッシュのどちらかを選べます。

 

 

 

レストランの場所で夕食後、バンド演奏があります。

寝るまでの間はここで楽しむのもいいでしょう!

 

 

 

この部屋は、STATE ROOM

 

ツインベッドタイプのお部屋です。

シャワー及びトイレ付の部屋になります。とても快適!

 

 

 

 

 

 

洗面トイレ

 

シャワーもあります。

 

翌朝デッキに上がってみるとブスアンガ島が見えていました。

 

 

 

 

コロンに到着して下船

 

コロン港

 

 

 

 

 

初めてのコロン。少し天気が心配ですが、ワクワクです!

ここからホテルへ!そしてアイランドホッピングツアーへ行ってきます。

次回をお楽しみに・・・

  

マニラからフェリーでコロン旅行①

マニラからフェリーでコロン旅行①

マニラからコロンに行くには、飛行機が一番早いのですが、時間がある時や旅費を抑えたいときはフェリーで行くこともできます。

今回は、フェリーに乗ってコロンまで行ってきました。

マニラからは12時間ほどかかりますが、夜7時出向で翌朝着ですから、寝て起きると到着する感じになります。

船内にはビールなども売っていて意外と快適なフェリーでした。

今日はフェリーをご紹介いたします。

 

フェリー乗り場は、トンド地区、ノース港

 

 

コンテナが山積みです。

 

North Port Passenger Terminal

 

今回6人で行きました。まずは、荷物を預けて船内まで持っていてもらいます。(有料です)

荷物が少ない時は、自分で船内に持っていった方が良いです。

 

 

 

Ticketing Office

今回は予約を入れているので、ここには用事がありませんでした。

 

今回乗る2GOのフェリー

 

ターミナルフィーを払います。

 

 

North Port Passenger Terminalに入る時に荷物検査があります。

 

フェリーに乗る前にチェックイン

フェリーに乗ってからもフロントでチェックインみたいなのがあります。

 

 

乗船前の待合場

 

コロン、プエルトプリンセサ行き

このフェリーはコロンを経由してプエルトプリンセサに行きます。

 

 

想像していたより大きいフェリーでした。

 

船名は「ST.FRANCIS XAVIER」号

 

 

階段で乗船

 

 

 

我々の荷物もポーターさんが部屋まで運んでくれます。(有料)

 

ここは車両専用フロア

 

我々はD-DECK

 

 

船内のFRONT DESKで予約表を提示(チェックイン)

 

 

 

 

6人部屋「BUSINESS CLASS」

 

他のお客さん居ますので、静かに撮影

8畳位の部屋です。

6人グループで旅行される場合、この部屋を貸し切るとプライベートルームみたいに利用できます。

 

6人分のライフジャケットもあります。

 

ちなみにここはタコ部屋

 

ここはデッキ

 

 

 

こちらは一般のレストラン

 

 

ステージがありディナーの後はバンドが演奏します。(バンドは後日紹介)

 

BUSINESS CLASSから下のクラスは部屋にコンセントがありません。

携帯電話等の充電はこの有料充電器で充電します。(5ペソで10分間充電できます。)

 

 

容量のあるパワーバンクなどを持って行くと有料充電を利用しなくてもよいです。

部屋内には無く、共有部分にありますので、充電利用中はあまり離れない方がいいかもです。(盗難防止のため)

 

続きは次回になります。

  

次回旅の報告の予告

来週からねもとのブログでブスアンガ島コロンの旅が始まります。

この記事がUPされる頃はコロンに着き、各所取材をしていることと思います。

今回はマニラからフェリーに乗り、ゆっくりの旅・・・

 

こんな感じのフェリーに乗っての旅になります。

月曜日から旅の報告ができるかと思います。

アイランドホッピングやコロンタウンツアーなどいろいろありますので、お楽しみに・・・

 

写真はイメージです。

 

写真はイメージです。

 

写真はイメージです。

  

機内持ちこみ制限が変更になりました。

フィリピンの運輸保安局は、国際民間航空機関の国際基準に基づき機内持ち込み禁止品目を新たに発表しました。

これによりフィリピンから出国する際、手荷物検査医等で没収されるものが増えそうです。

中には傘も含まれており、折りたたみ傘でも手荷物検査で没収されてしまうということです。

ご注意ください。

新しい持ち込み制限リストは下のリンクサイトで表示されています。

機内持ち込み制限のリストこちらのサイトをご参照ください

 

 

  

クラーク空港での送迎について

クラーク空港での送迎について

日本からクラーク空港便が多くなり、クラーク空港での送迎も増えてまいりました。

7月10日のブログで紹介いたしましたが、お客様からドライバーが探しづらいとの声もありました。

これからは、柱番号(BAY4)の場所でお待ちいただき、横断歩道越しに前を見ていただくと、ドライバーがお客様のバナーを持ってお待ちしています。

ドライバーを確認できましたら、横断歩道を渡って頂きまして、ドライバーが駐車場までご案内いたします。

宜しくお願い致します。

 

クラーク空港

 

 

 

お客様はBAY4に行ってください。

写真はドライバーから見た目です。

 

お客様から見るとこんな感じ

 

 

BAY4の前には横断歩道があります。

 

ドライバーを見つけ次第横断歩道を渡って頂き、駐車場へ

 

よろしくお願いいたします。

  

日本人経営のSPA「ANNGRAN」

今日は日本人経営のSalon and Spaをご紹介いたします。

店名は、「ANNGRAN」

マカティ市、ベルジャヤホテルの5階で営業しています。

ここのオーナー、安藤さんは毎日お店におり、当然日本語対応!旅行者には安心感があるSpaです。

事前に電話してスケジュールを決めていくのも良いでしょう!

メニューはボディーマッサージ60分 P900を始め、お客様の好みそうなメニューが豊富!

お問い合わせは、安藤さんの携帯まで

0939-629-2880

 

ベルジャヤホテル(マカティ市)

 

 

ANNGRAN SPAは、5階にあります。

 

エレベーターを降りて、左側を向くと

右がスイミングプール、正面はジム、左側に進むとANNGRAN Salon and Spaです。

 

 

 

 

 

 

 

シャンプー台

 

フェイシャルコーナー

実際は、もっと暗い感じです。(撮影のためフラッシュ使用)

 

 

 

マッサージコーナー

 

 

 

間接照明のみ付けるとこんな感じ

 

 

 

こちらはペアルーム(VIP)

恋人同士や夫婦にお勧め

 

 

シャワールーム

 

 

画像をクリックすると拡大します。

 

 

  

マニラから水上飛行機に乗ってみたよ!③

マニラから水上飛行機に乗ってみたよ!③

マニラ湾を離水した水上飛行機はクラーク空港に向けて30分のフライトになります。

小さい飛行機のため多少エンジン音はうるさいですが、あっという間にクラーク空港に着くのはいいですね!

クラーク空港に着陸後は、ターミナルに飛行機は着かずに格納庫に行き飛行機を降ります。

降りた後は近くのduty free(名税店)かクラーク空港ターミナルまでは車で送ってくれます。

マニラからはクラーク、プエルトガレラ、コロン便があります。

お問い合わせはネモトまで!

 

30分のフライトですので、あっという間にクラーク空港の滑走路が見てきます。

正面から景色が見れるのはうれしいです。

 

 

機内からはこんな感じに見えます。

 

 

着陸寸前

映像はこちら↓

 

 

 

 

着陸後はターミナルには行かず、格納庫っぽい場所に移動

 

 

 

到着

 

 

 

水上飛行機は、移動時間の短縮につながる手段としてお勧めです。

 

お問い合わせはこちらからお願いいたします。↓↓↓

  

マニラから水上飛行機に乗ってみたよ!②

マニラから水上飛行機に乗ってみたよ!②

前回に引き続き、水上飛行機をご紹介いたします。

マニラ湾、CCP(フィリピン文化センター)の後ろ側にオフィスがあり、マニラ湾の海上から離水します。

今回クラーク空港まで行ってきましたが、所要時間は30分。

あっという間にアンヘレスに行ける移動手段になります。

 

まずは離水の映像を見てください。

 

 

 

 

エンジンの音とプロペラの音で、話はできません。

 

 

 

 

 

 

上空からの眺め

 

 

一番前の席に座ると、計器類も見れて飛行機好きな方は更に楽しい空の旅!

 

 

 

 

 

 

30分なんてあっという間、写真を撮っているうちにクラーク空港に滑走路が見えてきました。

 

 

着陸の様子は、次回ご紹介いたします。

 

  

マニラから水上飛行機に乗ってみたよ!①

マニラから遠方に行く場合、陸路以外では飛行機の利用になります。

マニラでは、マニラ空港の他に水上飛行機を利用し移動する手段もございます。

今回は、その水上飛行機に乗り、クラーク空港までの様子をご紹介致します。

マニラから離水は、CCP(フィリピン文化センター)の後ろ側からの離水になります。

 

AIRTRAVのオフィスがあるCCP BAY TERMINAL

 

通路の1番奥、左の出口をでるとオフィスです。

 

 

オフィス

(オフィスというより、待合場所って感じです。)

 

 

搭乗時間までしばし映像を見て待ちます。

 

 

桟橋の先に飛行機が付くようですが、この日は波が高く、飛行機は沖で待機し、専用ボートで送ってくれました。

 

AIRTRAVのスタッフ

 

パラワンからのお客が到着

 

 

 

 

 

波の高い日は、先にあるボートに乗り飛行機のある場所まで行きます。

 

 

ボートの中

 

スタッフに見送られながら出発

 

 

波が高くボートは結構揺れました。

でも分ほどで飛行機乗り場に到着

 

 

 

 

波の高い映像です。

 

今回乗った水上飛行機です。

 

 

パイロットさん

 

 

 

コックピットはこんな感じ

 

機内の様子8人乗りの水上飛行機です。

 

 

 

天井にはエアコンの吹き出し口がありました。