最新のコメント

イロイロ、ギマラス島の旅⑰ 最終日その2 イロイロ現代美術館

イロイロ、ギマラス島の旅⑰ 最終日その2

SIMBAHAN NG MOLO(モロ教会)を見学した後は、イロイロ現代美術館に行きました。

イロイロ現代美術館はイロイロビジネスパーク内に位置し、Casa Emperador Bulding(カサ エンペラドール ビル)の1,2階にあります。

知っている方もおられるかと思いますが、

お酒で有名なエンペラドールと同じグループのようです。

1階のエントランスで入場料1名様100ペソを払い場内を見学できますが、2階は撮影禁止になっていました。

1階だけが撮影ができましたので、ご紹介いたします。

 

Casa Emperador Bulding

屋上部分には、 Emperador社のロゴがあります。

 

イロイロ現代美術館に行く途中にあったのが大きい犬の顔がありました。

ここは元CLUB&RESTAURANだったようです。

 

 

大きい犬の顔がある元CLUB&RESTAURANの前にも怪しげなライオンっぽい置物があります。

 

その敷地内にあるのが「I am ILOILO」

Google map で「I am ILOILO」で検索してもおなじものがあります。

とりあえずここでも記念撮影

 

 

I am ILOILOの場所は公園になっています。

 

イロイロビジネスパークの端にあるCasa Emperador Bulding(カサ エンペラドール ビル)

 

Emperadorのロゴ

 

 

 

イロイロ現代美術館

 

美術館カウンター

ここで入場料100ぺそを払います。

 

 

チケット代を払うと手首にタグをつけてくれます。

 

エントランス内にはショップがあります。

 

 

 

 

アートエリア内別

若手からベテランまで数名のアーティストの作品があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑯ 最終日その1

イロイロ、ギマラス島の旅⑯ 最終日その1

イロイロ、ギマラス島の旅最終日、フライトが午後ですので、空港に向かうまでの間、数か所観光ポイントをまわりました。

最初に訪れたのは、「SIMBAHAN NG MOLO(モロ教会」

宿泊した「The Mansion Hotel」からは直線上約1.5km西にあります。

SIMBAHAN NG MOLO(モロ教会)は11月6日に紹介したハロ大聖堂と同じく文化遺産に指定されています。

モロ教会は、1888年完成し、外壁はサンゴの化石が混じった石灰岩が使用されているそうです。

ゴシック建築と言われていますが、ゴシック時代に建てられたわけではなく、ゴシック様式建築が流行った時期に建てられた新しい教会です。

 

SIMBAHAN NG MOLO(モロ教会)

 

 

 

教会前にあるモロ公園

 

 

教会の内部

 

 

祭壇と呼ぶかどうかはわかりませんが、黄金に輝きとても美しい!

 

 

 

天井の絵もきれいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも思うのですが、教会にあるステンドグラスは神秘的でいいですね。

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑮ デイツアーその6 Batchoy

イロイロ、ギマラス島の旅⑮ デイツアーその6 Batchoy

イロイロで有名な食べ物が「Batchoy(バチョイ)」フィリピン風のラーメンといった感じです。

Batchoyを食べに行ったのは「Ted’s」、結構有名なBatchoyが食べられるチェーン店です。

オーダーしたのはBatchoyとご飯がセットになったもので、キチンのセット、ポークのセット、魚(Bangus)のセットなどを注文しました。

Batchoyは思っていたほどコッテリじゃなく意外とあっさりしていて美味しく、セットメニューはハーフBatchoyなので、もう一品Batchoyだけ注文したいと思ったほとです。

今ではマニラでも食べられますので、一度食べてみてください。

 

Ted’s

 

 

店内はシンプル

 

 

 

カウンターで注文、お金を払って席で待ちます。

 

 

 

ポークと半Batchoyのセット

 

チキンと半Batchoyのセット

 

魚(Bangus)と半Batchoyのセット

 

パンシットビーフン

 

ちなみにこれが1人前のBatchoy

日本のラーメンどんぶりより少し小さめ

 

 

ケーキも売っていました。

 

  

マニラ空港11月14日からのフライトキャンセルについて

マニラ空港、航空ナビゲーションシステムの強化およびメンテナンスによりフライトキャンセルが11月14日より実施されます。

フィリピンエアライン(PR)及びCebu Pacificよりキャンセル便の報告がありましたのでお知らせいたします。

 

フィリピンエアライン(PR)

画像クリックで拡大します。

 

 

 

Cebu Pacific

画像クリックで拡大します。

 

 

  

ねもともクリスマスの飾り付けをしました。

クリスマスまで1か月ちょっととなり、ねもとでもクリスマスツリーを飾りました。

レストランのクリスマスツリーはピンクを多く使用して入口に設置してあります。

トラベルやチケット販売の「TAIKO KESA TRAVEL」もクリスマスの飾り付けをしましたので紹介いたします。

 

ネモトレストラン

ピンクカラーのクリスマスツリー

 

 

ツリーにはハローキティーも飾っています。

 

 

 

 

 

毎年飾っているサンタクロース

 

 

 

 

ママのお部屋もクリスマスバージョンになっています。

 

こちらはチケット販売の「TAIKO KESA TRAVEL

 

 

 

こちらは、ねもとトラベルのオフィス

大きいボールが特徴です。

 

 

トラベルのオフィスもピンクカラーを多く使用しています。

 

 

 

 

 

 

トラベル入口も去年同様、飾り付けをしていますが、今年はピンクが多いです。

 

 

 

 

階段部分も飾り付け!

 

みなさん見に来てくださいね!

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑭ デイツアーその5 神秘的なGARIN FARM

イロイロ、ギマラス島の旅⑭ デイツアーその5

お土産やさん「Original Deocampo Barquillos」を後にした私たちは、ドライバーのお勧めする観光スポットに行くことにしました。

少し遠いとだけ言われお任せすることに。。。

車で移動すること1時間半弱、ついた場所は「GARIN FARM」。宿泊したThe Mansion Hotelからは53kmほどの距離になります。

ここは階段で上ると頂上に真っ白な大きい十字架があり、十字架の下には真っ白な像がいくつも立っています。

ついた時間が夕方でしたので、すこし暗くなってしまいましたが、晴れた日の日中でしたら、ここより美しい場所は他には無いと思うぐらい神秘的な空間です。

白い像は皆十字架に向かってお祈りをしていて、訪れた観光客は像と一緒に写真を撮ったり、十字架を背に写真を撮ったりと皆テンションが上がりっぱなし!

陽が落ちると十字架には赤い照明が点灯し、階段下から見るとまたきれいです。

イロイロデイツアーに行かれた場合はここのGARIN FARMは、外せないスポットです。

 

GARIN FARM頂上にある十字架

 

イロイロ市内からは50キロあります。

 

 

田舎なのでこんトラシケルも見ることができます。

 

 

 

 

GARIN FARMに続く道のは入り口

 

エントランス

帰りに撮影したので暗くなってしまいました。

 

入場料1名様150ペソ

 

名前のとおり下の方は農園になっており、鶏などが飼育されています。

 

 

うさぎもいました。

 

 

 

夕方遅い時間についたので、時間がなく歩くと頂上まで数時間かかるということでしたので、

カートで移動することにしました

 

中腹場所、頂上に白い十字架が見えます。

ここでカートを乗り換えです。

ここから階段で頂上までいくこともできます。(階段は大変そう)

 

休憩場所のようです。

レストランもありました。

 

 

ここでもカートのつけっとを購入、一気に頂上を目指します。

 

階段を歩く方は、、正面のゲートをくぐりまっすぐ階段に向かいます。

カートの場合(運転手がいます)写真右の道路を進みます。

 

これだけでも十分神秘的な十字架

 

 

中間地点の場所には大きい池もありました。

 

カートで移動中、写真の白い建物はホテルで、宿泊も可能

 

 

ここでカートを降り、歩いて頂上に向かいます。

 

だいぶ陽が落ちて夕日がでてきました。

 

ここから入ります。

 

 

ここを通るのでが、すごい暗くまっくら

 

真っ暗なところに神様が浮き上がってみえる部屋があります。

写真ではわかりませんが、けっこう3D(立体)です。

 

フラッシュをつけるとこんな感じ

 

暗闇に目が慣れたころ、出口が見えてきます。

そこから出ると

 

素晴らしい光景が目の前に現れます。

青空の場合は、目が開けられないほどの白一色になるようです。

 

 

 

 

 

しばらく声も出ないほど見入ってしまいます。

 

 

 

 

 

観光客の方も満足そう

 

 

 

 

 

 

十字架に赤い照明が付きました

 

 

 

頂上から見下ろす階段

降りるのも大変そう

 

 

中段まで下りてきてみると照明の付いた十字架もきれいです。

 

イロイロに行きましたら是非行ってみてください。

 

  

シティーガーデンホテルマカティ

今日は、「シティーガーデンホテルマカティ」をご紹介します。、

シティーガーデンホテルマカティはマカティ市、Makati通りとKalayaan通りの交差点に位置します。

近くにはシティーガーデングランドやセントジャイルスホテルなどがあり、ホテルが多くあるエリアです。

利用者はビジネスで来られる方が多く、いろんな国の方に利用されています。

朝食は一般的なホテルの朝食ですが、美味しくいただけます。

現在ネモトではP3250から宿泊できますので、お仕事でマカティ市に宿泊される場合がご利用ください。

シティーガーデンホテルマカティの価格はこちら

 

シティーガーデンホテルマカティ

Makati Avenue corner Kalayaan Avenue, Makati,

 

ロビー

 

 

エクゼクティブ ツイン

 

 

 

 

 

 

 

セフティーBOX

 

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

 

バスタブ

 

 

トイレ

 

 

レストラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーフデッキにあるスイミングプール

 

 

 

ジム

 

 

 

 

 

 

  

11月9日 Panahon sa TAIWAN 

昨日、New World Manila Bay Hotelで「Panahon sa TAIWAN」というイベントが行われました。

台湾の旅行代理店がフィリピンの旅行代理店に台湾旅行をアピールするイベントです。

会場には2百人以上の人が集まり、Panahon sa TAIWANがスタートしました。

主催者側の方の紹介の後、台湾についての説明が約1時間弱あり、その後、会場両端に用意された台湾旅行代理店のブースにフィリピン側の旅行代理店が詳しい説明を聞いていました。

フィリピンから台湾までは飛行機で2時間でいける距離で、フィリピン人は事前の観光ビザ申請が必要なく行ける国の1つです。

フィリピンに家族や恋人がいる方は、海外旅行に台湾旅行を計画するのもよいかもしれません。

Panahon sa TAIWANの様子をご紹介いたします。

 

会場前の受付

 

 

会場はこんな感じ

 

 

 

 

 

司会者の人

 

立っている人が台湾全体を説明してくれました。

 

 

 

移動手段も充実

 

ショッピングも充実

 

 

 

 

 

乾杯

 

今回はねもとトラベル、ゼネラルマネージャーと一緒に参加です。

 

台湾旅行代理店の話を熱心に聴くゼネラルマネージャーのジェニー

 

台湾は温泉も数多くあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゼネラルマネージャーのジェニー(右)

 

 

 

 

 

歌やダンスの披露もありました。

 

 

記念撮影

 

 

 

 

  

ロイロ、ギマラス島の旅⑬ デイツアーその4 お土産屋さん

イロイロ、ギマラス島の旅⑬ デイツアーその4

リッチモンド ホテル イロイロを視察した後は、イオイロにあるお土産やさん「Original Deocampo Barquillos」に行きました。

美味しく焼かれたクッキーが売っていて、地元の人も地方に行く場合は、ここで買ってお土産にしているそうです。

お店に訪れていたお客さんも、ここが一番美味しいと言っていました。

1袋40~100ペソで売っています。

 

Original Deocampo Barquillos

46 Santa Isabel St, Jaro, Iloilo City, 5000 Iloilo

(033) 329 3811

 

 

 

店内

 

 

 

 

これが人気のようです。

 

 

 

 

 

 

個人的にはこのクッキーが好きです。

 

ほかの商品も売っています。

 

 

 

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑫ デイツアーその3 リッチモンド ホテル イロイロ

イロイロ、ギマラス島の旅⑫ デイツアーその3

ハロ大聖堂の後は、デイツアーにはありませんが、ホテルの視察に向かいました。

立ち寄ったホテルは「リッチモンド ホテル イロイロ」

Megaworld BoulevardとEnterprise Roadの交差点にある、2015年にできた新しいホテルです。

青いガラスウォールは、他の建物より一際目立ち存在感があります。

今回ご紹介するお部屋は、デラックスルームですが、プレミアルームおよび1ベッドルームスイート(バスタブ付き)の3カテゴリが用意されています。

7階にあるスイミングプールからはイロイロ市を一望でき景色を楽しみながらスイミングができます。

 

リッチモンド ホテル イロイロの価格はこちらをご参照ください。

 

リッチモンド ホテル イロイロ

 

青いガラスウォールが特徴です。

 

 

ロビー

 

チェックインカウンター

 

廊下

 

デラックス ツイン36㎡

 

 

 

 

 

おしゃれなガラスデスク

 

 

ガラス窓の冷蔵庫

 

 

セーフティーBOX

 

 

洗面

 

 

 

シャワー

固定式と手持ち式があります。

 

 

スイミングプール

 

プールからの景色

 

 

 

 

プールサイドBAR

 

GYM

 

 

ロビー横にあるレストラン

 

 

 

 

 

 

リッチモンド ホテル イロイロの価格はこちらをご参照ください。

  

ダイアモンド ホテルマニラ、クリスマスツリー点灯式

11月に入り、フィリピンでは各所クリスマスツリーを飾る所が増えてきました。

昨日、ダイアモンド ホテルマニラでも、ロビーにてクリスマスツリーの点灯式が行われました。

午後5時半ごろから始まり、ダンスが披露され、その後用意された点灯ボタンでの点灯です。

クリスマスツリーに電気が流れ光り輝くと、訪れた方からは拍手が起こりました。

サンタさんからは飴玉が配られるなど、ダイアモンド ホテルマニラでもクリスマスが始まりました。

 

点灯式が始まる前のダイアモンド ホテルマニラ

ツリーにはまだ電気がついていません。

 

点灯式に参加するモデルさんたちがインタビューを受けていました。

 

 

普段花が飾られているチェックインカウンター前のテーブルもクリスマスバージョンに・・・

 

人が集まってきました。

 

 

 

 

点灯ボタン

 

ダンスの披露

 

 

 

イルミネーション点灯までのカウントダウンが始まりました。

 

集まった方が点灯の瞬間をを撮影しようとスマホを掲げています。

 

点灯と共に歓声があがりました。

 

雪をイメージした紙吹雪も舞います

 

 

 

 

階段では、合唱のサービスもありました。

 

 

 

 

 

サンタさんが飴を配っていました。

 

 

エントランスでは次のダンス披露が行われています。

 

 

 

 

 

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑪ デイツアーその2

イロイロ、ギマラス島の旅⑪ デイツアーその2

MUSEO ILOILOとLizares Mansionを見学したあとは、

ハロ大聖堂(Jaro Cathedral)に行きました。

宿泊した「THE MANSION HOTEL」からは北方向にありGRACIANO LOPEZ JAENA PARKの前に位置します。

ハロ大聖堂の入り口、階段を上がったところに400年前に作られたという「キャンドルの聖母」と呼ばれれる、幼子イエスを抱く木製のマリア像があります。

マリア像の右手にはロウソクを持っていて今は赤いランプになっています。

聖堂内の両脇には男性聖人の像があり、ハロ大聖堂は男性の教会ともいわれています。

ハロ大聖堂は、2012年2月に大聖堂に宣言されました。

 

ハロ大聖堂

 

ハロ大聖堂の前にはGRACIANO LOPEZ JAENA PARKがあります。

 

この階段を上ったところに、幼子イエスを抱く木製のマリア像があります。

 

このガラス張りの中にマリア像があります。

 

 

左手には幼子イエスを抱いています。

 

 

 

 

 

 

 

格子からは聖堂内が覗けます。

 

聖堂内

 

両脇に置かれた男性聖人の像

 

この日は結婚式が行われていました。

 

 

 

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑩ デイツアーその1

イロイロ、ギマラス島の旅⑩

THE MANSION HOTELにチェックインした後は、デイツアーを申し込み、ドライバーさんに案内してもらいました。

デイツアー所要時間は10時間で、かなり時間がかかるツアーだなぁと思いましたが、後に時間がかかる理由も判明。

まず最初に行ったのは、Iloilo州庁の近くにある、MUSEO ILOILO

ここにはイロイロの文化や歴史を知ることができます。

壺や皿、昔の写真等が展示してあり、日本発行の十銭札なども展示してありました。

デイツアーの様子は、順を追ってご紹介させていただきます。

 

車で移動

 

スペイン統治時代の建物があります。

 

 

こちらもスペイン統治時代たてられた建物

 

イロイロ州庁

 

 

州庁の隣にMUSEO ILOILOがあります。

 

 

エントランス

 

入場料1名様50ペソ

 

 

壺などが多く展示してあります。

 

 

 

 

日本の刀も展示してありました。

 

日本発行の十銭札

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史を感じ取れる写真も展示してあります。

 

隣の部屋には、アートギャラリーがありました。

 

 

 

 

次に向かったのは、ANGELICUM SCHOOL ILOILO

ここは、ドミニカ人の運営するカトリックの学校です。

ここには、イロイロで砂糖産業が盛んな時期、Don Emiliano Lizares氏によって1937年に建てられた邸宅です。

 

Lizares Mansionと呼ばれていいて1962年Domincansに売却

1978年からはANGELICUM SCHOOL ILOILOが管理しています。

 

 

右側が学校の校舎

 

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑨ THE MANSION HOTEL

イロイロ、ギマラス島の旅⑨

今日はイロイロ市で宿泊したホテル「THE MANSION HOTEL」を紹介いたします。

THE MANSION HOTELは以前サラビア マノール ホテルとして営業していましたが、数年前にマネージメントが変わり、現在ではTHE MANSION HOTELとして営業しています。

ギマラス島に行く港からも近くTHE MANSION HOTELに前泊してギマラス島アイランドホッピングに行かれるのも良いかと思います。

THE MANSION HOTELからデイツアーも申込できます。デイツアーの様子は後日お伝えしたいと思います。

 

THE MANSION HOTELの価格はこちら

 

THE MANSION HOTEL

 

 

 

 

チェックインカウンター

 

デラックスルーム 39㎡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全室バスタブ付きです。

 

シャワー

 

 

 

レストラン

 

 

 

 

 

 

 

敷地の奥にはスイミングプールがあります。

 

 

 

 

 

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑧ 

イロイロ、ギマラス島の旅⑧

マンゴーPIZZAを食べた後は港に向かいますが、ねもとスタッフの1人が実はこのギマラス島出身で、家を訪ねることにしました。

家の前がJORDAN NATIONAL HIGH SCHOOLでしたので写真を撮り、その後港に行きます。

帰りの港でも500ペソでボートを貸切り、15分のでイロイロ市に行きました。

イロイロ市で宿泊したのは、THE MANSION HOTEL

このホテルは、以前Sarabia Manor Hotelで営業していましたが、数年前にマネージメントが変わったそうです。

 

マンゴーPIZZAを食べた後は、港に直行です。

 

 

途中牛を乗せたバイクを見かけました。

 

 

JORDAN NATIONAL HIGH SCHOOL

ねもとスタッフの出身地でもあるギマラス島

スタッフの家はこの高校の前にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校を後に手港に直行

 

 

港に到着

 

このボートをチャーター

 

 

出向

 

 

 

イロイロに到着!

 

港で遊ぶ子供たち

 

チケットを買う人たち

 

チケット販売所

 

お土産屋さん

 

 

タクシーでホテルに向かいます。

 

 

THE MANSION HOTELに到着

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑦ マンゴーPIZZAを食べました。

イロイロ、ギマラス島の旅⑦

翌日朝食を食べてから、初日に送ってもらった小型ジープニーに来てもらい、イロイロに向かいました。

道中マンゴーPIZZAで有名な「The Pitstop」に行ったり、「MUNICIPALITY of NUEVA VALENCIA」の写真を撮ったりと

港に着くまで撮った写真をご覧ください。

道路沿いから見えるマンゴーの農園はとても広く、さすが世界で1番マンゴーがおいしい土地だと少し感動です。

 

朝のビーチ

 

 

 

 

朝の朝食

 

 

 

 

港に向けて出発

 

MUNICIPALITY of NUEVA VALENCIA

 

 

 

 

 

 

この辺道路からは、マンゴー農園がしばらく続きます。

写真奥の濃い緑色の木がマンゴーの木

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンゴーの木を見た後はマンゴーPIZZAを食べに・・・

 

マンゴーPIZZAが食べられるThe Pitstop

 

 

店内 椅子が(マンゴー色)黄色です。

 

 

マンゴーPIZZA 黄色一色の始めてみるPIZZAです。

 

味は、マンゴーの味です。少しマンゴーの酸味がある不思議味

 

プト(PUTO)米粉の蒸しパン

 

きゅうりのジュース、さっぱりして少し甘く仕上げてあり、美味しかったです

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑥

イロイロ、ギマラス島の旅⑥

今日は宿泊したRAYMEN BEACH RESORTを紹介します。

ホテルのランクとしては、ローカルホテルで、エアコン無し(4人部屋)1泊1500ペソから宿泊でき、エアコンルーム2人部屋が1650ペソから宿泊できます。

庭にあるニッパハットも400~750ペソ(大きさにより価格が違う)でレンタルできますので、イロイロ市から日帰りでくる方もいるそうです。

ローカルリゾートですから、お部屋やレストランも、それなりの作りですが、写真で紹介いたします。

 

RAYMEN BEACH RESORT

 

 

フロント

 

アイランドホッピングの説明

記載している価格と実際の価格は、少し違いましたので、行かれる場合は、フロントで再確認してください。

 

 

 

 

 

 

エアコン付き4人部屋

 

 

 

シャワー

 

 

トイレ

 

レストラン

 

 

 

 

マンゴーの番号札

 

アドボ

 

 

シニガンスープ

 

イカリング

メニュー

 

 

庭に咲いていた花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅⑤ アイランドホッピング2

イロイロ、ギマラス島の旅④ アイランドホッピング2

昨日に引き続き、アイランドホッピングをご紹介いたします。

ギマラス島アイランドホッピングは、あまり人がいないツアーで大自然!

参加費用も他の島のアイランドホッピングより安く参加できます。

1~10人のりボートで1時間500ペソ、延長1時間毎に150ペソでした。

 

 

 

ヤシの実が売っていました。

 

島の上に宿泊できるコテージを建築中でした。

 

 

 

 

 

 

 

エメラルドグリーンに輝いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くのビーチには、水海上アスレチックがありました。

 

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅④ アイランドホッピング1

イロイロ、ギマラス島の旅④

RAYMEN BEACH RESORTに着き、チェックインの後、アイランドホッピングを申し込みました。

午後からでもボートがあれば出してくれるようで、スタート時間はかなり自由に設定できるようです。

ビーチに直接ボートが付き、近くの島に向かいます。15分ほどで到着し島に移りますが、ビーチ同様水質は最高で9月紹介した、セブのアイランドホッピングとは違った素晴らしさです。

人が少なく、自然いっぱいのアイランドホッピングを写真で紹介いたします。

 

 

奥のボートに乗りアイランドホッピングに出かけます。

 

 

船内はこんな感じ

 

出発

 

こんなきれいなビーチから出発するのは、なはなかいい感じです。

 

 

 

周りには岩場の島が多いようです。

 

 

 

 

 

他のアイランドホッピングのグループ

 

 

 

 

 

 

透明度抜群です。

 

 

島に上陸

 

記念撮影

 

 

いいでしょう?このビーチ

 

自然度100%

 

 

島を探索

 

続きはまた明日。

  

イロイロ、ギマラス島の旅③

イロイロ、ギマラス島の旅③

小型ジープニーをチャーターしてドライバーにビーチの綺麗なホテルを紹介してもらい、車を走らせます。

途中「GUIMARAS PROVINCIAL CAPITOL」(州庁)により、「GUIMARAS」の文字を記念に撮影。

文字の初めにはGUIMARAS特産のマンゴーのオブジェがあります。

港から40分ほどで「RAYMEN BEACH RESORT」とうホテルに到着。

このRAYMEN BEACH RESORTはローカル色が強く、宿泊者はフィリピンの方が多かったです。

このリゾートの自慢はビーチ!

砂浜の奥行きはあまりないのですが、透明度は抜群、久しぶりにきれいな海水のビーチを見ることができました。

 

果物屋さんを後にします。

 

GUIMARAS PROVINCIAL CAPITOL

 

 

 

 

建物前にある広場には、GUIMARASの文字があります。

記念写真スポットになってい折るそうです。

 

 

 

GUIMARAS PROVINCIAL CAPITOLを後にして、RAYMEN BEACH RESORTに向かいます。

 

 

 

 

 

RAYMEN BEACH RESORT

 

ローカルロゾートです。

 

 

 

中庭

 

 

 

ビーチの間にはレンタル用の

ニッパハットがあります。レンタル料450~500ペソ

 

 

ここがビーチ、とれも水質がよくきれいです。

 

 

 

こんなにきれいなビーチは久しぶりに見ました。

 

 

 

 

とてもすてきなビーチです。

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅②

イロイロ、ギマラス島の旅②

イロイロ市からボートに乗りギマラス島に向かいますが、所領時間はたったの15分。

チケットブースで購入すると片道15ペソになります。

1ボート貸切で500~600ペソですので高額ではありません。ゆったりと行きたい方は貸し切りもいいですね。

目の前には、ギマラス島が目の前にみえますので、あっという間にギマラス島に到着!

港に到着し、観光案内所で観光名所と車の手配をします。

今回は小型ジープニーをチャーターしてホテルに着くまでの間、各所をまわります。

 

ギマラス(GUIMARAS)島に到着

 

 

 

ターミナル

 

朝早い時間なので人はあまりいません。

 

観光案内所

時間が早いにも関わらず、説明をしてくれました。

 

ギマラスについての説明を聞きます。

 

 

 

車の手配もここでできます。

少しシワのある写真の資料。田舎だからしょうがないですね・・・

 

今回はこの小型ジープニーをチャーター

 

 

駐車場には、ギマラスの地図、観光名所が表示してあります。

 

 

 

港を後にして、ドライバーの案内で市内観光

Guimaras Circumferential Rd

 

 

 

JORDAN MUNICIAL HALL

 

 

 

SMALLEST PLAZA

ここは、以前世界でもっとも小さい広場としてギネス登録された場所で、現在は記録が塗り替えられましたが、いまでもフィリピンで一番小さい広場です。

 

 

言われてみると小さい。

 

ホセ リサールさんの像がありまえす。

 

 

 

 

 

移動中

 

今回のドライバーはVICTORさん。

 

途中で寄った果物屋さん。

 

ギマラス島はマンゴーの産地で、ギマラス島のマンゴーは、世界一美味しいといわれています。

 

 

 

 

  

イロイロ、ギマラス島の旅①

先日2泊でギマラス島とパナイ島のイロイロに行ってきました。

イロイロ市はビザヤ諸島、パナイ島南部にある都市で人口約45万人

ギマラス島は、ギマラス州(GUIMARAS)西ビザヤ地方に属する州になり、1992年5月11日イロイロ州から分離しました。

人口17万人余りの自然いっぱいの島です。

イロイロ市からギマラス島まではボートで15分で行くことができとても近くにあります。

今回はギマラス島に1泊、イロイロ市に1泊してきましたので、紹介していきたいと思います。

まずは、マニラ空港ターミナル4から始まります。。。。

 

マニラ空港、第4ターミナル

 

今回はAirAsiaでIloiloまでいきます。

 

 

午前3時ですが、人が多いのに驚き。

 

チェックインを済ませ、ボーディングタイムを待ちます。

 

 

ボーディングタイム、歩いて機材に向かいます。

写真は、ほかの機材

 

 

 

この機材に搭乗します。

 

 

 

 

国内線ですので、エンジンは小さいですね。

 

 

機内のようす

 

 

夜中のフライですので外の様子はわかりません。

 

Iloilo空港に到着

 

まだ夜が明けてまいません。

 

 

 

 

 

 

TOURISM INOMATION DESK

朝早いのでしまっていますが、日中はあいているようで、イロイロ島の資料がありそうです。

 

 

少し夜が明けてきました。

 

 

 

タクシーに乗ってギマラス島行きの港に向かいます。

 

港までは車で30分から40分

 

 

 

港に到着

Ortiz Wharf

 

朝から元気がいいおじさん

 

 

チケット販売所 1名15ペソ

 

 

チケットを買うと人が集まるまで待ちます。

交渉で1隻チャーターもできます。P500~P600

 

今回はこのボートをチャーター

 

 

階段が急で気をつけないと海に落ちそうです。

 

 

出向

続きはまた明日・・・

 

 

 

  

FRENCH BAKERその②

先日行ってきたMOAのFRENCH BAKER

一押しのSoup On A Bread Bowlの他にもいろんなメニューがあり、おおくの方に人気があります。

先日行った時に注文したものを中心にご紹介いたします。

 

FRENCH BAKER 創業25年だそうです。

 

 

 

 

野菜サラダ

 

CLUB サンドウィッチ

 

シーザーサラダ

 

カルボナーラ

 

シーフード パスタ

 

ジュース

Blue Lagoon/Four Season

 

 

 

隣にあるパンコーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

日本の提燈が目印レストラン「JM」

ねもとの近くで日本の提燈が吊るされたお店を見つけたので行ってみました。

ダイニングの広さは8~10畳ほどの店舗でお店の名前は「JM」

スタッフの一押しは当然餃子と言う事でした。

餃子の他にも唐揚げやコロッケ、焼きそばなどがあります。

今回行ってみて、餃子、コロッケ、焼きそば、天ぷらを注文しました。

味の好みは人それぞれですので、興味のある方は行ってみてください。

ねもとから近くにあるヘラルドスイートソラナホテル行く途中、[Edison ST.]沿い右手にあります。

 

 

 

 

入口

 

店舗内

 

 

 

焼きそば

 

コロッケ

 

餃子

 

天ぷら

 

揚げ餃子

肉うどん

 

メニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

ソフィテル フィリピン プラザ ホテルの朝食②

昨日に引き続き、ソフィテル フィリピン プラザ ホテルの朝食をご紹介いたします。

レストラン内には日本食をはじめ、洋食、中華と様々な料理が用意され、どれを食べるか迷ってしまうほど。。。

ガラス張りの部屋にはチーズとハムが並べられほかの料理とは隔離することで、きちんと管理されているようです。

1品1品の料理の質が高く、すべての料理を食べたいが、品数が多く食べることができない悔しさが残るほど。。。

とにかく美味しいソフィテル フィリピン プラザ ホテルの朝食をお召し上がりください。

 

日本食エリア

ごはんはもちろん、味噌汁、海苔、梅干しやてんぷらなどが用意されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は4種類のソーセージがありました。どれ美味しくつい多めに食べてしまいます。

 

 

 

 

 

中華エリア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンエリア

ちょっとしたパン屋さんのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハム&チーズルーム

 

 

 

 

 

 

 

デザート

 

 

 

 

フレッシュジュース

 

サラダコーナー

 

 

アイスクリームも高級です。

 

 

トッピングも充実

 

 

 

 

 

 

 

  

ソフィテル フィリピン プラザ ホテルのレストラン①

今日は、マニラでも最高峰ホテルでもある、ソフィテル フィリピン プラザ ホテルの朝食をご紹介いたします。

ソフィテル フィリピン プラザ ホテルは、過去に元アメリカ大統領のオバマ氏や天皇、皇后両陛下が宿泊された、世界的に有名なホテルです。

レストランには日本食はもちろん、洋食、中華などどれを食べても最高峰の料理が用意され、世界から訪れた旅行者の舌を楽しませています。

ねもとでは、現在2泊以上される方にはかなりお得なプロモを行っております。

ほかのホテルではできないねもとだけの格安プロモをご利用ください。

今回はロビー回りおよびレストランの風景をご紹介し、明日はレストランの料理などをご紹介いたします。

 

ソフィテル フィリピン プラザ ホテル

 

ロビー

 

 

 

 

ロビー横にあるコーヒーショップ

 

 

 

 

 

 

 

ロビー反対側は吹き抜けになっており、すべてのスペースがレストランになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランは吹き抜け部部を含め1フロアすべてがレストランになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

レストラン横にあるもう一つのBAR & RESTAURANT

LA VERAMDA

 

 

 

 

  

FRENCH BAKER①Soup On A Bread Bowl

先日モールオブエイシア内にあるフレンチベーカー「FRENCH BAKER」に行ってきました。

食べたかったのは、Soup On A Bread Bowl

以前ねもとのブログでも時折紹介させて頂きました。

丸いフランスパンの中身をくり抜き、その中にクリームスープを入れたものです。

暖かいクリームスープが時間が経つごとにパンとなじみ、朝食やランチにはとてもお勧めの一品です。

一見少なそうですが、食べ終わるころにはお腹がいっぱいになり他のメニューを一緒に注文すると、かなりきつくなるほど、ボリュームがあります。

 

モールオブエイシアのメインモール エントランス

 

今年SMは60周年のようです。

 

 

 

メインモールに入ると左前方にFRENCH BAKERがあります。

 

 

 

 

 

Soup On A Bread Bowlに使用するパン

 

Soup On A Bread Bowlに使用するクリームスープ

 

 

中身のくり抜き作業

 

 

パンの中にクリームスープをよそいます。

 

出来立てのSoup On A Bread Bowl 現在P170

 

 

中はこんな感じ

 

スープとパンがとてもなじみ、他ではないおいしさです。

 

 

  

COD,THE GAREG内のレストラン

昨日ご紹介したTHE GAREG内のVRを紹介しました。

今日はTHE GAREGE内のレストランを紹介します。

レストランの中には現在2件の日本食レストがあり、日本人にはうれしいですね。

PIZZA屋さんやスムージーのお店などがあり、おしゃれなフードコートになっています。

日本食レストランのデザインも他とは違いますので行ってみてください。

 

かつ空

車をデザインした屋台風

 

 

メニュー

 

山頭火らーめん

コンテナを利用したデザインです。

 

メニュー

 

山頭火はかつ空の右隣りにあります。

 

Nachos料理

 

 

PIZZA GRIGLIATA

 

FARMACY(アイスクリーム)

 

The Roaster

 

 

 

 

 

 

 

Juiced(スムージー)

ここのスムージーを注文してみました。

 

 

 

 

今回注文したのは、

BREKKIE TO GO P240

TROPICAL SUNSHINE P260

 

TROPICAL SUNSHINE P260

マンゴーベースです。

 

 

BREKKIE TO GO P240

バナナベースです。

 

 

 

 

 

 

  

COD(City of Dreams)内THE GAREGEがオープンVR ZONEもあるよ!

今日は、先日オープンしたばかりのTHE GAREGEをご紹介いたします。

THE GAREGEはCOD(City of Dreams)内2階にあります。

Dream Playの隣にできて、THE GAREGE内のエントランス料は無料です。

中には10か所のレストランとバンダイナムコがここにVR ZONE CITY OG DREAMS MANILAをオープン!

現在、Hospital Terror、Ski Rodeo及びMario Kartの3種類が用意されています。

1ゲーム2名様から参加でき、1名様P450で楽しめます。

 

COD(City of Dreams)のエントランスから入り、2階にあがります。エスカレーターのところにマップがあり、THE GAREGEの場所がわかります。

 

 

 

 

2階

 

 

 

 

Dream Playの左側にTHE GAREGがあります。

 

VR ZONE

 

3種類のVRを体験できます。

 

急滑降体感機スキーロデオ

 

 

Mario Kart

 

 

Hospital Terror

今のところこのHospital Terrorが人気だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  

SOUTHLINK GOLF CLUBその2

SOUTHLINK GOLF CLUBその2

昨日に引き続き、SOUTHLINK GOLF CLUBをご紹介いたします。

SOUTHLINK GOLF CLUBのカートは2人用が用意されています。

10番ホールから18番およびレストランで注文した料理の写真をご覧ください。

 

10番ホール

 

 

11番ホール

 

 

12番ホール

 

 

13番ホール

 

 

14番ホール

 

 

15番ホール

 

 

16番ホール

 

 

 

18番ホール

 

2人乗り用カート

SOUTHLINK GOLF CLUBは2人用カートのみです

 

 

 

 

 

この人はフィリピンで10本の指に入るプロゴルファーだそうで、ここのゴルフ場が好きでたまに来るそうです。

 

 

 

茶屋

 

 

4番ホール横にある池

 

 

難しそうなバンカー、左がグリーン

 

 

 

 

 

グリーン

 

 

レストラン

 

クラブサンドウィッチ

 

チキン照り焼き

 

ビーフステーキ

 

カルボナーラ

 

キャディーさん

 

 

 

 

 

 

  

SOUTHLINK GOLF CLUBその1

今日の紹介はゴルフ場!

マニラから1時間以内で行ける「SOUTHLINK GOLF CLUB」

Las Pinasに位置し、アラバンの西側にあります。

クラブハウス、レストランはそれほど高級感はありませんが、コースの管理が良くきれいなイメージのゴルフ場です。

左右に狭く設計されたコースでバンカーも深く難しそうな感じです。

クラブハウスおよび、Tグランドからの写真をご覧ください。

 

SOUTHLINK GOLF CLUB エントランス

 

 

チェックインカウンター

 

 

 

ショップ

 

 

 

レストラン

 

 

ロッカールーム

 

 

 

 

シャワールーム

 

シャワー

 

 

1番ホール

 

 

2番ホール

 

 

3番ホール

 

 

4番ホール

 

 

7番ホール

 

 

 

残りのホールは明日ご紹介します。

  

朝食 NEW WORLD MAKATI

先日マカティ市にあるホテル「NEW WORLD MAKATI」をご紹介いたしました。

今日は朝食をご紹介いたします。

レストラン「Cafe1228」はロビー左側にあります。

朝食には日本食コーナーがあり、納豆や半熟卵など、日本人にはうれしいメニューが用意されています。

当然パン類も種類が豊富で迷いそうなほど。。。

レストラン内はとても落ち着きのあるデザインでリラックスできる空間です。

 

Cafe1228

 

 

 

 

 

落ち着きのある内装デザイン

 

 

日本食コーナー

 

サーモン焼き

 

半熟たまご

 

湯豆腐

 

梅干しなどもあります。

 

納豆

 

 

 

日本食の他にもいろんなメニューがあります。

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン料理もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

池の水ぜんぶ抜くの撮影 マニラジャパニーズガーデン②

昨日に引き続き、緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦での収録日

大勢の方がジャパニーズガーデンに集まり、この日は池にいる魚などを捕獲しました。

まだ放送日など決まっていない点から、田村 淳さんや製作スタッフさんなどUPできない写真もありますが、少しだけ写真を紹介いたします。

これを機にジャパニーズガーデンの池がきれいになり、すこしでも多くの人がここを訪れてくれるといいですね。

 

15日集まってくれた人たち

 

 

一番左にいる方は、マニラ会会長の大槻氏

 

この日は池の視察をされました。

 

16日朝の様子いい天気

 

捕獲した鯉の入れるためのプール

 

 

 

 

 

 

撮影が始まるまで待機

 

 

 

撮影開始ちょっと前

 

 

 

 

魚の捕獲開始

 

 

さすがフィリピン、テラピアがいっぱいいます。

 

マニラ会会長も橋から見守ります。

 

池の周りは大忙し、捕獲した魚を種分けしています。

 

 

お昼休憩時間、ねもとレストランのお弁当を注文いただき、配ります。

 

 

 

マニラ会会長、大槻氏(左)と話をする、マニラ会副会長の林氏。

今回の撮影ではマニラ会として林さんが出演します。

 

林さんは大忙し・・・

 

捕獲した鯉は、池の水がたまり次第、戻されるようです。

 

放映されましたら、ほかの写真を紹介できたらと思います。

  

池の水ぜんぶ抜くの撮影 マニラジャパニーズガーデン①

日本で放映されている番組「緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦」

10月14日に放送されたときの次回予告にマニラ、リサール公園のいジャパニーズガーデン内にある池の水を抜くことが放送されました。

マニラ会の協力で撮影が決まったのですが、

昨日、出演される「田村 淳」さんが来られ、ジャパニーズガーデンを視察されました。

メイン撮影は10月16日ですが、先に池の水を抜く作業などがあり、ジャパニーズガーデンの写真を撮ってきましたのでご紹介いたします。

 

リサール公園、夕方強い雨が降り濡れています。

 

観光客が記念撮影

 

記念碑

 

 

 

 

 

雨が降ったので、あまり人がいません。

 

 

 

 

 

 

ジャパニーズガーデン入口

 

 

 

ダイブ水が抜けた池

 

 

水中ポンプでの水抜き作業は続けられていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

ダイヤモンドレジデンスマカティ その3

ダイヤモンドレジデンスマカティ その3

今日はダイヤモンドレジデンスマカティのCLUBフロアやスイミングプール、フィットネスGYMなどをご紹介いたします。

CLUBフロアは27階にあります。シンプルなクラブカウンターからラウンジ内にはいると高い天井で高級感があり、窓からはマカティ市の高層ビルを見ることはできます。

CLUBラウンジは70 SQM 1ベッドルーム スイート以上のカテゴリに宿泊の際、ご利用できます。

CLUBラウンジでの朝食やミーティングルーム2時間無料など特典があり人気があるようです。

この日も2ベッドルームスイートは満室とのことでした。

 

CLUBラウンジは27階

70 SQM 1ベッドルーム スイート以上のカテゴリの場合はこちらでチェックインおよびチェックアウトができます。

 

カウンター

 

CLUBラウンジ内

 

CLUBラウンジからは、マカティのビル群が見れます。

 

 

 

 

 

CLUBラウンジにあるレストラン

 

 

 

CLUBルーム利用のお客様は、このミーティングルームを2時間無料で利用できます。

 

 

 

4階にある室内プール

写真手前が子ども用の浅いエリア、奥が一般エリア

 

 

 

今回一緒に同行した、ねもとセールススタッフのアンジェリカ

 

 

 

プールから見上げるホテルビル

 

同階にはフィットネスジムがあります。

 

 

 

 

  

ダイヤモンドレジデンスマカティ その2 レストラン

ダイヤモンドレジデンスマカティ その2

昨日に吹き続きダイヤモンドレジデンスマカティの記事になりますが、今日は客室以外の施設をご紹介いたします。

最初にご紹介するのは、朝食。

ダイヤモンドレジデンスマカティは、ねもとでご予約していただきますと、朝食付きのプランもございます。

朝食ご希望のお客様には、どんな朝食なのか気になるところですね!

以前ダイヤモンドレジデンスマカティはアラカルトスタイルでした。

現在ではビュッフェスタイルになり、お好きなメニューを好きなだけ食べることができます。

日本人のお客様には、「朝定食」も用意されていますのでご利用ください。
朝定食はホテル側では(BENTO)とよんでいるようです。

 

ロビーを左に曲がりパン屋さんを更に左に曲がるとレストランです。

写真奥

 

 

 

 

 

 

数種類のパンが用意されています。

 

 

 

 

カリカリに焼かれたベーコン

 

おいしいソーセージは2種類

 

 

このハムはとても美味しい、パインアップルの甘味がハムにとてもなじんでいます。

 

麺類コーナー

 

スクランブルエッグ

 

 

目玉焼き

 

サラダコーナー

 

 

ハムコーナー

 

 

 

日本人のお客様には朝定食(BENTO)が用意されています。

この日のBENTOはサーモン、半熟たまご、味噌汁、サラダ、梅干し、ごはん

品数も多くとてもうれしいBENTOです。

 

サーモンの照り焼き

 

半熟たまご

 

サラダ

 

味噌汁

 

梅干し

 

デザート

 

 

フィリピン料理が好きな方はROOF DECKにあるフィリピン料理も宿泊料金内で食べられます。

 

フィリピン料理レストラン内

 

こちらもビュッフェスタイル

 

 

 

 

  

ダイヤモンドレジデンスマカティ その1

今日は、ダイヤモンドレジデンスマカティをご紹介いたします。

28階建てのダイヤモンドレジデンスマカティは、410の客室があり、マカティ市でも大型で高級ホテルになります。

高く吹き抜けたロビーは開今日は放感があり、白をベースにした内装が清潔感を引き立てます。

廊下を歩きレストランに向かうと、柱はウッド調の色に変わり温かさを感じます。

今日紹介するお部屋は、41 SQM スタジオ キング/64 SQM 1ベッドルーム スイート/70 SQM 1ベッドルーム スイート (バスタブ有)の3タイプです。

70 SQM 1ベッドルーム スイート (バスタブ有)以上のお部屋はクラブチェックインができ、様々なサービスが受けられます。

今回は3タイプのお部屋を紹介いたします。

 

ダイヤモンドレジデンスマカティ

 

 

 

 

ロビー

高い天井が解放感と高級感を作り出しています。

 

 

 

フロント

 

ロビーからレストランに向かう通路

 

エレベーターホール

 

21階廊下

 

41 SQM スタジオ キング 41㎡

お部屋の広さが室名になっています。

 

 

 

 

 

セーフティBOX

 

 

キッチン付き

 

 

電子レンジ

 

洗面

 

 

 

バスタブ

 

 

シャワー

 

トイレ

 

 

 

64 SQM 1ベッドルーム スイート 64㎡

 

 

 

セーフティBOX

 

リビング

 

 

 

キッチン

 

洗濯機もあります。

 

冷蔵庫

 

コーラ(2本)およびビール(2本)は無料

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

 

トイレ

 

 

70 SQM 1ベッドルーム スイート (バスタブ有) 70㎡

 

 

 

 

セーフティBOX

 

リビング

 

 

 

 

スナック類は無料

 

洗濯機

 

キッチン

 

 

洗面

 

 

バスタブ

 

シャワー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

NEW RORLD MAKATIを紹介 その2

NEW RORLD MAKATIを紹介 その2

今日は昨日に引き続き、NEW RORLD MAKATIの紹介ですが、

今日の紹介は客室以外になります。

 

スイミングプール

4階にあるスイミングプール

プールサイドにはBASRもあり、寛げます。

子ども用スイミングプールも用意されていてご家族にもおすすめ!

 

 

 

BAR

 

 

 

子ども用の浅いプールもあります。(写真手前)

 

 

プールサイドもゆったり!十分なスペースがあります。

 

客室から見下ろすとこんな感じです。

 

 

 

GYM

24時間オープンのジム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24階にあるRESIDENCE CLUB

クラブルームから上のカテゴリはここでチェックインおよびチェックアウトが可能になります。

 

 

 

 

 

 

Cafe1228 ここが朝食のレストランになります。

1階チェックインカウンター左側方向

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランCafe1228の隣にはTHE LOUNGEがあります。

 

 

 

THE LOUNGEの外はスモーキングエリアになっています。

 

 

 

 

 

 

 

  

NEW RORLD MAKATIを紹介 その1

今日はマカティ市にあるホテル「NEW RORLD MAKATI」をご紹介いたします。

このホテルはマカティ市の中心に位置しグリーンベルトが目の前にある好立地の5スターホテルです。

十分な広さの高級感あるロビー、そのロビーの横にはゆったりと寛げるラウンジがあります。

今回紹介るのは、スーペリアルーム、デラックスるルームおよびレジデンス クラブ デラックスルーム。

前日バスタブ付きで、シャワーとバスタブは離れた設計になっています。

客室の外には、スイミングプール、マッサージ、ジムなど施設が充実!

レストランも朝食を食べるCafe1223とチャイニーズレストラン Jasmineがあります。

ただ今ねもとでは、NEW RORLD MAKATIのプロモを開催しておりますので、この機に一度ご利用してみてください。

 

 

NEW RORLD MAKATI 外観

 

エントランス

 

ロビー、とても広く高級感があります。

 

 

 

チェックインカウンター

 

写真左がラウンジ、奥がレストランCafe1228

 

Cafe1223は後日ご紹介したいと思います。

 

スーペリアルーム 34㎡

 

 

 

 

 

セーフティBOX

 

 

冷蔵庫(中の飲み物は有料です)

 

洗面、大きな鏡が特徴

 

 

 

シャワー

 

 

 

 

 

デラックスルーム 34㎡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セーフティBOX

 

冷蔵庫(中の飲み物は有料です)

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

 

バスタブ

 

 

 

レジデンス クラブ デラックス 34㎡

スーペリア及びデラックスと面積は同じですが、クラブチェックインが可能なお部屋です。

クラブルームの利用も可能で、朝食もクラブルームを利用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫

 

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

バスタブ

 

バスタブと寝室をむすぶ扉を開けるとこんな感じ

 

寝室側から見た感じ

 

 

ホテル内の施設は次回ご紹介いたします。

  

HYATT CITY OF DREAMS TOP PRODUCER AWARD ねもとも表彰されました。

昨日City of DreamsのハイアットホテルでTOP PRODUCER AWARDの表彰式があり、ねもとも表彰されることになり招待されましたのでい行ってきました。

City of Dreams内のBallroomで行われた表彰式は[HYATT ICE CLUB]という表彰式名で行われました。

会場では、賑やかにプロの歌手による歌のサービズがあり、ハイアットCity of DreamsのGeneral Manager、Peter Sullivan氏の挨拶の後華やかに式が始まりました。

ハイアットCity of Dreamsのセールススタッフ紹介や様々なサービスの後は用意された食事を楽しみ、各部門の表彰になります。

この世界的にも有名なHYATTに表彰されることは、ひとえにお客様のおかげと感謝しております。

これからも皆様のご支援とご指導をよろしくお願い申し上げます。

表彰式の様子をご紹介いたします。

 

HYATT CITY OF DREAMS フロント

 

2階のBallroomで受け付け

 

Ballroomの前室での軽食コーナー

 

 

会場の様子、前室と雰囲気が一転します。

 

 

ねもとは15番のテーブルが指定席です。

 

 

 

始まる間は軽食をいただきます。

 

 

 

 

 

歌のサービス

 

 

ハイアットCity of DreamsのGeneral Manager、Peter Sullivan氏

 

 

 

Peter Sullivan氏の右側で話をするのが、ねもと担当のセールスマン、フランシス氏

 

 

 

ハイアットホテル側のスタッフ紹介

 

 

 

食事タイム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなショーがあり、楽しませてくれます。

 

各部門の表彰が始まりました。

 

 

 

 

NEMOTO TRAVELも名前が呼ばれました。

 

NEMOTO General Managerのジェニーがクリスタルの盾を受け取ります。

 

 

頂いたクリスタルの盾

 

 

 

 

 

  

S MAISON1階アートギャラリー

昨日紹介したS MAISONには、1階にアートギャラリーがあります。

Microtel by Wyndham Mall of Asia側から入りますと右側の白い壁に綺麗な絵が展示してあります。

ゆっくり見てみると1枚1枚個性があり、いろんな気持ちにさせてくれます。

アートに興味がある方はどうぞ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

躍動感のある絵

 

部屋の中にも絵が展示してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

コンラッドホテルに隣接S MAISONに行ってみた!

久しぶりにコンラッドホテルに隣接する、S MAISONに行ってみました。

ここは、ショッピングモールになっており、ねもとでも以前紹介した、お好み焼きの千房や塚田農場 美人鍋があるモールになります。

以前行った時は、すべての店舗はオープンしておらず少しさみしい感じがしましたが、ほとんどのお店がオープンして活気がある感じです。

1階は洋服店や靴屋さんなどがありますが、2階は飲食店が多いフロアになります。

ちょっと驚いたのが、2階に映画館がオープンしていました。

抹茶スイーツのTSUJIRIがあったりと楽しみが増えたモールです。

Conrad Manila

 

 

Conrad Manila 正面エントランス

 

Conrad Manilaの向こうにはMicrotel by Wyndham Mall of Asiaがあります。

 

 

Microtel by Wyndham Mall of Asiaの隣にも建設中の建物があります。

 

Microtel by Wyndham Mall of Asiaの前にS MAISONのエントランスがあります。

(MOA側からも入れます)

 

 

S MAISON1階

 

 

1階は洋服店などがあります。

 

 

1階はスペースを贅沢に使って清潔感と広さをアピールしている感じです。

 

 

 

 

2階部分、吹き抜けになっていますので、通路を1周できるようになっています。

 

細長い設計になっていますので、両端にエスカレーターがあります。

 

 

塚田農場美人鍋

 

抹茶スイーツTSURIJI

 

 

日本食レストランhiro’s aburi house

 

 

博多うま馬

 

お好み焼き千房

 

2階には映画館があります。

 

映画館 DIRECTOR’S CLUB CINEMA

 

 

日本食レストラン以外にもいろんなレストランがあります。

 

 

 

 

 

  

ハリソンプラザのクリスマスツリー

フィリピンは9月に入るとクリスマスシーズンが始まり、あちこちでクリスマスソングやクリスマス関連商品が店頭に並び始めます。

10月に入りクリスマス色は更に増え、センチュリーパークホテル隣にある、ハリソンプラザでは大きなクリスマスツリーが設置されました。

SMの3階でもクリスマス商品が並べられ、ツリーや飾りなどが販売されています。

これから各地で更にクリスマスツリーや関連商品の販売が多くなりますね。楽しみです。。。

 

ハリソンプラザ、中央に設置されたクリスマスツリー

 

 

 

 

2階から見ると天井にぶつかりそう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SM内で販売しているクリスマス商品

1階

 

 

 

 

 

SM3階にあるクリスマス商品コーナー

 

 

 

 

 

 

綺麗なツリーが売っています。

 

 

このツリーで33568ペソ

 

 

小さいツリーも売っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

観光省インフォメーションセンター

今日はマカティにある観光省のインフォメーションセンター(The Department of Tourism)をご紹介します。

ここは観光に関する質問や旅行したい地域の情報などを教えてくれる場所です。

旅行誌にものっていない場所に行ってみたいときはここで資料をもらったり、そこの場所の観光省の連絡先を教えてもらったり、情報が手に入ります。

日本人の方でも英語かタガログ語が話せる人は直接いってみるのも良いかもしれません。

場所はねもと前のブエンディア通りをマカティに向かって同じ通り沿いにあります。ねもとからですと渋滞が無ければくるまで15分程度で行ける距離です。

 

The Department of Tourism

丸い大きなロゴが目印

ブエンディア通りが正面玄関で、車は直接停車できません。

車で行く場合は後ろ側のジュピター通りの駐車場から入った方が良いです。

 

ジュピター通り側

 

正面入りは左側、写真正面がインフォメーションセンター。誰でも訪問できます。

 

 

 

写真は撮れそうもない雰囲気で来たので、こっそりマップだけ撮影。

センター内はきれいで、静かです。カウンターにいる人に行きたい場所のことを聞くと資料を出してくれます。

 

 

済にはピアノが・・・

 

ねもとからはマカティ方面に一直千です。

 

 

 

 

  

ラスパルマスホテルのデラックスルームをご紹介

今日はラスパルマスホテル(Las Palmas Hotel)をご紹介です。

ここのホテルは、デラックスルームのみでキングサイズベッドとツインベッドに分かれ、さらにバスタブ付きと無しのお部屋があります。

今回はキングベッドルーム及びツインベッドルームを紹介しますが共にバスタブがあるタイプです。

2千ぺそ前半から宿泊できることと、好立地というところから、人気のホテルにもなっています。

ラスパルマスホテルのかかくはこちらをご参照ください。

 

チェックインカウンター

 

ロビー

 

 

デラックスキングルーム

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

冷蔵庫

 

 

 

 

 

 

バスタブ

デラックスルームにはバスタブ付きとバスタブなしのタイプがございますので、ご注意ください。

 

 

シャワー

 

トイレ

 

 

デラックスツインルーム

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

洗面

 

 

 

バスタブ

デラックスルームにはバスタブ付きとバスタブなしのタイプがございますので、ご注意ください。

 

 

シャワー

 

トイレ

 

 

 

  

パームプラザホテルのデラックスルームを紹介!

昨日は、マラテ地区のエクゼクティブプラザホテルを紹介しましたが、このホテルはグループになっており、

他にパームプラザホテルとラスパルマス ホテルがあります。

この3つのホテルは隣接しており、各ホテルのロビーは違う場所にありますが、ホテル内で行き来できる設計になっています。

今日ご紹介するのはパームプラザホテル。Pedro Gil通りに面するホテルです。

価格も2千ぺそ前半から宿泊できるホテルで、利用客も多いホテルです。

 

パームプラザホテルのロビー

 

デラックス ツイン

 

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

トイレ

 

 

デラックスクイーン

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

トイレ

 

 

 

 

 

 

  

改装した、エクゼクティブ プラザホテル

今日はマラテ地区のエクゼクティブプラザホテルをご紹介いたします。

エクゼクティブプラザホテルは、マビニ通りに位置し、ロビンソンデパートや日本食レストラン、繁華街の中心にあります。

安価なホテルでもありますので、利用客が多いホテルです。

最近改装をいたということで、写真を撮ってきました。

フロントデスクの場所も変わったのでロビーが広く感じ、清潔感があります。

客室内、ベッドルームの改装も前とは違い清潔感がUPしました。

 

エクゼクティブプラザホテル ロビー

広くなりました。

 

フロントデスク

 

デラックスツイン 改装後は明るさが増しました

 

 

 

 

デスクも新しくなりました。

 

 

 

冷蔵庫は大きめ

 

 

 

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

 

デラックス

 

 

枕の上にある絵も綺麗です。

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

洗面

 

 

 

 

ジュニア スイート ルーム

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫

 

 

 

 

洗面

 

 

 

 

トイレ

 

禁煙フロアは4階、11階及び12階にあります。

 

 

レストラン

フロントの前にあります。

 

 

 

 

  

クリスマス用品がいっぱいDAPITAN ARCADE

10月に入って、マニラではクリスマスの雰囲気がでてきました。

各モールでは、クリスマス関連用品の販売が行われるようになり、これから更にクリスマス色が強くなるマニラです。

今日はケソンシティの「DAPITAN ARCADE」を紹介いたします。

ここは、雑貨屋さんが並ぶエリアとして地元の人に人気のアーケードで、普段はお皿や籠などいろんな物がうっています。

しかしこのシーズになるとクリスマス用品が並び、お客さんも多くなります。

写真を撮ってきましたのでご覧ください。

DAPITAN ARCADE
37 Dapitan Cor, Kanlaon St., Laurges, Quezon City, 1114 Metro Manila

DAPITAN ARCADE

 

アーケードはこんな感じ、クリスマス用品でいっぱい

 

 

 

 

 

 

 

普段はこのようなお皿などを売っている場所です。

 

 

 

 

 

 

DAPITAN ARCADEの外にもたくさんのお店があり、クリスマス用品が数多く販売されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような木製のお皿なども売っています。1枚5~10ペソ

 

 

 

 

今月はハロウィーンの月でもあります、ハロウィーン用品もありました。

 

 

 

 

 

  

マニラ発セブの旅24

マニラ発セブの旅24

3週間に渡って2泊3日のセブ島で訪れた場所を1個所ずつご紹介させていただきました。

セブ島では今回紹介できなかった他にもたくさん良いスポットがございます。

マニラからでも1時間10分の飛行で行けるセブ島旅行、ご興味がございましたら是非お問い合わせください。

お問い合わせはこちらからお願い致します。

今日は、マクタン空港からマニラ空港までの写真をご紹介いたします。

 

夜10時発マニラ行きに乗るためにマクタン空港に到着

 

 

 

 

PR1868 22:40発になっています。

ごご6時に空港にいきましたので、しばし休憩です。

 

 

チェックイン後の様子

 

 

 

 

 

時間があるのでジョリビーでコーヒータイム

 

 

 

搭乗

 

 

どうやら前の便と一緒になったようで、ほぼ満席

 

 

 

 

マニラに着くまで休憩・・・

 

マニラ空港ターミナル2に到着

 

セブ島の旅お付き合いありがとうございました。

 

  

マニラ発セブの旅23 お土産にはZUBUCHON

セブからマニラに帰る日に最後に寄ったのが、お土産を買うために行った「ZUBUCHON」

今回行ったのは「Zubuchon Pasalubong Center」お土産センターです。

ZUBUCHONはレチョンが有名なお店で、1kgのZUBUCHON LECHONの箱や600gのCHORIZOの箱が売っています。

今回はCHORIZOを食べてみましたが、ロンガニーサのようでとても美味しかったです。

他にも一般的に有名なお土産も売っていてますのでお勧めなZubuchon Pasalubong Centerです。

 

Zubuchon Pasalubong Center

 

 

 

 

外にはレチョンを焼く機械があります。

 

店内の様子。

 

 

ガラスの向こう側では出来上がったレチョンを切っていました。

 

 

 

 

1kgのZUBUCHON LECHON

 

600gのCHORIZO

 

一般的なお土産も売っています。

 

 

 

 

 

このマークが目印です。

 

  

マニラ発セブの旅22  Alegre Guitars(アレグレギター工場)

マニラ発セブの旅22  Alegre Guitars(アレグレギター工場)

セブではギターが名産地として有名です。マニラに帰る前にPajac-Maribago RDにあるAlegre Guitars(アレグレギター工場)に寄ってみました。

アレグレギター工場はセブでも一番有名なギター工場で、製作過程を見学できる工場です。

入場料も無料で、工場内に入ると職人さんが黙々とギターを作っていまして幼少時代に戻った感じにさせてくれました。

製作過程を見学した後は、隣にある展示場に行ってみます。

出来上がったいろんなギターやウクレレなどが数多く展示され、販売もされています。

何故このセブにギター工場が有名になったかは、

マゼランがマクタンに来て以来、キリスト教の布教が盛んに行なわれました。

ミサが行われる時には聖歌の演奏が行なわれますが、弦楽器で演奏されていまして、その職人さんの製作技術が受け継がれてギターの名産地になったと言われています。

セブ旅行に行かれた際、興味がある方は行ってみてください。

 

Alegre Guitars

 

 

工場の敷地内

 

 

作業場

 

職人さんがいる作業場を見学

 

 

 

 

 

 

弦を張っていない状態のギター

 

 

 

ここが展示及び販売場

 

 

 

ここに訪れた方との記念写真も飾られています。

 

壁に飾られたビター

 

 

 

 

 

展示場内には大小数多くにギターが展示しており、1本数千ペソから数万ペソまで様々

 

 

 

 

 

小さな可愛いギターも展示しています。

 

 

 

 

 

敷地内にあるお土産屋さん

 

ギターのキーホルダーなどが売っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

マニラ発セブの旅21 MARIBAGO GRILL & RESTAURANT

マニラ発セブの旅21 MARIBAGO GRILL & RESTAURANT

アイランドホッピングを楽しみ、少し休憩してから帰りのフライトタイムまでの間、食事をすることに。。。

向かったのは、「MARIBAGO GRILL & RESTAURANT」

フィリピン料理を楽しめるレストランです。

レストランは2階建てで壁が無くオープンスタイル建物と、外にはニッパハウススタイルの小部屋があり、木々に囲まれながら食事ができます。

今回はカレカレやPinakbet(ピナクベッ)、Grill Pork Liempoなどを注文しました。

ここのレストランは、地元でも有名なレストランで、観光客にも人気があり、お勧めのレストランです。

お土産屋さんも敷地内にあり、かわいい小物がたくさん売っていました。

Maribago Grill and Restaurant
10am – 10pm
M. L. Quezon National Highway, Maribago, Lapu-Lapu City
+63324958187
+63322361262

 

Maribago Grill and Restaurant

 

レストランは2階建て、壁がなく開放的な建物です。

 

 

 

2階部分

 

 

建物の外にもニッパハットスタイルの小部屋があります。

 

 

離れにあるニッパハウス型小部屋

 

 

 

 

 

Kare-kare

 

Garic Shrimp

 

Pinakbet

 

Pork Lumpia

 

Glilled Pork Lienpo

 

 

 

お土産屋さん

 

 

 

 

  

マニラ発セブの旅20 アイランドホッピングその3

マニラ発セブの旅20 アイランドホッピングその3

アイランドホッピングのランチの後はスイミングタイム。その後近くの小島で少し遊ぶことにしました。

ここではニッパハウスを借りこともでき、リラックスできる場所でした。

バナナボートのセールスをするおじさんがいたり、すこし賑やかな場所で韓国人の観光客が多い場所です。

天候が少し悪くなってきましたので、ここからはマクタンに向けて帰ることになりましたが、透明度抜群のアイランドホッピング、最高です。

 

レストラン周辺の水深は2mほど船頭さんは、長竹竿で船の向きを変えます。

 

すこし風がでてきましたが、スイミングタイム

 

 

落ちないように

 

映りは悪いですが、とても楽しんでいます。

 

 

 

 

着岸

 

 

 

島に上陸 1名50ペソの利用料がかかります。

 

 

浅瀬には小さい魚がいて観察できます。

 

 

 

 

ニッパハウスのレンタルもあります。

 

 

 

少し安つくりのI LOVE CEBUで記念撮影

 

 

 

 

  

マニラ発セブの旅19 アイランドホッピングその2

マニラ発セブの旅19 アイランドホッピングその2

1つ目のスイミングスポットでスノーケリングを楽しみ、午前11を過ぎてからランチを食べるために移動し、オランゴ島にある海の上にあるレストランでランチを楽しみます。

ボートを直接レストランに着け、階段であがるスタイルでこれもアイランドポッピングならではの体験!

レストランでは、アラカルトメニューもありますが、アイランドホッピングツアーですと料金にはランチも含まれています。

今回はオーソドックスなアイランドホッピングツアーのランチを注文してみました。

海産物いっぱいで結構ボリュームもありお腹いっぱいになりました。ランチの後は近くでスイミングもでき楽しみが満載!

アイランドホッピングはまだ続きます。

ランチに向けて移動

 

 

海の上のレストランは数か所あります。

 

 

今回の海のレストランに到着

日によっては他のレストランになることもあります。

 

 

レストランはこんな感じ

 

 

一品ずつオーダーするとかなり高額になります。

 

 

 

 

 

おかゆ

 

ラプラプ 3人で1匹でした。

 

カニ

 

イカのピリ辛炒め

 

 

イカリング

 

バーベキュー

 

巻き貝

 

エビ

スープ

 

 

これが3人分の基本ランチになるとこのとですが、天候や日によってメニューが変わることがあるそうです。

 

 

次のスポットに向けて移動!

 

 

  

マニラ発セブの旅18 アイランドホッピングその1

セブの旅最終日、この日はマニラに帰る日ですが、アイランドホッピングツアーに参加しました。

ホテルには午前8時に迎えに来てもらい、Jパークアイランドホテルの近くのボート乗り場まで行きました。

そこからボートにのってアイランドホッピングに出発します。

周りには、同じアイランドホッピングに出かけるボートがたくさんあります。

ボートにのって約30分、島周辺でスイミングタイム、ライフジャケットや水中メガネ、足ひれも貸してくれますので、泳げないしとでもライフジャケットを着用すれば十分に楽しめます。

マニラでは、体験することのできない透明度抜群の海を満喫できるセブ、アイランドホッピングはお勧めのオプショナルツアーです。

ボート乗り場に到着

 

近くにはJパークアイランドホテルがあります。

 

 

写真手前の小さい渡し船に乗ってアイランドホッピング行きのボートに乗り継ぎます。

 

 

 

ボートまで移動

 

ボートに乗船 このボートは10人ほど乗れます。

 

 

出航

天気は良いですが、少し波が高い日でした。

 

 

 

風が気持ちよさそう!

 

 

水着に着がえてスタンバイOK!

 

 

1つめの島、ヒルトゥガン島に到着

この島には上陸せず、周辺でスイミングを楽しみます。

 

パラセイリングを楽しむ人も・・・

 

 

 

沖の方ではジェットスキーを楽しむ方がいます。

 

アイランドホッピングのボートがたくさんいます。

 

 

 

水深は3mくらいで、サンゴや魚に触ることは禁止されています。

スノーケリング等で楽しめます。透明度抜群で気持ちいい!!!

 

この透明度はマニラでは見れませんね!

 

 

 

 

 

ここからは移動して次回はランチをご紹介

  

マニラ発セブの旅17 ジンベイザメウォッチングツアーその3 ランチ

オスロブ ジンベイザメウォッチングツアーを楽しんだ後は、ランチを食べにBodo’s Parrot Paradise Resortのレストランに向かいます。

ここはオスロブからセブ市内に戻る途中にあるレストランになり、ジンベイザメウォッチングツアーに参加した人の多くはここでランチを食べるスポットです。

高台にあるレストランですので見晴らしが良く、オープンスタイルになっておりことで風通しも良いレストランです。

メニューはフィリピン料理を始めパスタやピザもあり、日本人の口にもあうメニューがありました。

ガイドさんに聞きましたら、ベーシックメニュは1名様スパゲッティミートソースにピザ(2~3人前)が基本メニューになるようで、それを注文しました。

3人で行きましたので、スパゲッティミートソースを3オーダー、ピザを1オーダーして3人合計で1200ペソちょっとです。

今回はパンシットカントン340ペソも追加オーダーしてみました。

ここのBodo’s Parrot Paradise Resortは宿泊施設も兼ね備えているようです。

昼食をここBodo’s Parrot Paradise Resortで予定するならば、オスロブ ジンベイザメウォッチングツアーにガイドつけてレストランのアシストもお願いした方が楽ですし、事前注文もしてくれますので、あまり待つこともなくなります。

 

Bodo’s Parrot Paradise Resortレストラン

 

こんな坂を上った高台にあります。

 

レストラン内

 

 

 

 

 

 

オープンスタイルのレストランですので、見晴らしは良いです。

 

 

料理が来るあいだ、記念写真をガイドさんに撮ってもらいました。

 

スパゲッティミートソース1名1皿

 

ピザ2~3人分

 

これがランチメニューになります。

ガイドさんにお任せすると、基本上の写真のメニューになります。

 

今回はパンシットカントンも追加で注文

 

リゾートになっていますので、宿泊施設もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

マニラ発セブの旅16 ジンベイザメウォッチングツアーその2

マニラ発セブの旅16 ジンベイザメウォッチングツアーその2 ジンベイザメと泳ごう!

オスロブのBCD’S PLACEで受付をしてライフジャケットを着用、セブからおねがいしたガイドさんと現地スタッフンさんの指示のもとボートに乗りジンベイザメがいるところに移動します。

レンタルした水中カメラは船頭さん預け撮影をお任せし、ジンベイザメがいる所でスノーケリング!

約5mほどのジンベイザメがお食事中で、水面に半分口を出し、海水ごとオキアミを吸い込んでいる姿は、迫力満点!

この大きさでも、子供というから驚きですね。。。

「潜って!」という指示で、何回も潜り、スタッフさんに水中撮影をしてもらいます。

触ってはいけないと注意書きに書いてあったのですが、ジンベイザメの方からぶつかってくるくらい慣れていてとてもフレンドリー!

感触は、硬くてごつごつしています。

ジンベイザメウォッチングツアーは初めての経験ですが、一生の思い出になりました。

ジンベイザメツアー料金
1名様

P7900

2~3名様参加で1名様の料金

P4600

4~6名様参加で1名様の料金

P4200

7~9名様参加で1名様の料金

P3800

10~12名様参加で1名様の料金

P3400

 

オスロブジンベイザメツアー 
最低2名様からの催行 セブ市発 マクタン発
ホテル発 5:00 4:30
朝食

(直接お支払い願います。)

(朝食ご希望者のみファーストフード店)

7:00~7:30
オスロブ着 8:00~8:30
準備完了後バンカボート乗船
ジンベイザメトスノーケル
(泳がない方はボートから見学)
9:00
海岸着 9:45
シャワーを浴びて出発 10:30
オスロブ出発 11:00
昼食

(ご希望者のみ、直接レストランでお支払い願います。)

Bodo’s Parrot Paradise Resort

12:00~13:00
ホテル着(予定) 15:00 15:30
時間は変更する場合がございます。ご了承ください。
お申し込み後ツアー催行5日前からのツアーキャンセルは100パーセントチャージがかかります。
天候などによりツアー催行されない場合はキャンセルチャージはかかりません。

※日本語ガイドをご希望の場合は、3000ペソ追加で手配できます。

 

ボートに乗る前にガイドのロドリゴさん(右)と一緒に記念撮影

 

ボートに乗ってジンベイザメの所に向かいます。ビーチから2~300mの沖合です。

 

写真向こう側のおじさんが餌を撒いてくれて、ジンベイザメを近くに集めています。

それでは、ジンベイザメをご覧ください

 

頭の幅は50cmを超えます。

 

 

カメラからの距離、3mくらいです。

 

 

ジンベイザメと一緒に撮影もいっぱいしてくれます。

 

 

海の中でこんなに大きい魚を見るのは初めてなので、すこし緊張!

 

水深は4~5mくらいでした。

底が見えます。

 

ジンベイザメはマイペースで餌を食べています。

 

 

 

ちょっと休憩。。。でもすぐ「潜って!」と言われて・・・

 

 

 

 

 

 

 

優雅に泳ぐ壮大なジンベイザメ。

 

 

 

 

 

 

泳げるひとは潜るのにライフジャケットが邪魔になるので、脱いでもOKみたい

注意はされませんでした。

 

 

楽しそうなねもとトラベルスタッフのジョベルちゃん

ジンベイザメウォッチングツアーは初めて

 

 

 

 

 

 

下から撮ってもらうと迫力満点!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで一緒に泳いでいるかのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余裕ができると笑顔でポーズができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

マニラ発セブの旅15 日本人に大人気 オスロブ、ジンベイザメウォッチングツアーその1

セブの旅2日目、この日のスケジュールはセブ市から車で3時間、オスロブのジンベイザメウォッチングツアーに参加することです。

ホテルには5時30分に迎えに来てもらい、途中ファーストフードで軽い朝食、オスロブに到着したのはちょうど9時でした。

今回お世話になったのは、「BCD’S PLACE」ここは日本人にも人気があるジンベイザメウォッチングツアーできる会社です。

この日も多くに日本人の方がツアーに参加していました。

ジンベイザメを見にきたのですから、是非水中でジンベイザメを撮影したいところですね・・・

でも水中カメラなんてもっている人は少ないはず・・・

そんなときも大丈夫!水中カメラのレンタルサービス(有料)もあります。ツアー終了後お持ちのスマホにコピペしてくれます。
(かなりの枚数をコピペしてくれますので、十分な空きスペースがあるスマホを用意した方が良いです。この日は300枚以上撮影してくれましたので、いくつかのアプリを削除しました。)

注意書きも日本語で書かれているものがありますので、親切。

今日はオスロブまでの道のりとBCD’S PLACE周辺をご紹介します。

 

セブ市を出発

 

 

 

 

片道3時間はかかりますので、外の景色を見ながらオスロブを目指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

BCD’S PLACEに到着

 

看板にもジンベイザメの写真が載っています。

 

 

各地から参加したグループの車がいっぱい

 

 

受け付け

 

日本語の注意書きもあります。

 

ニッパハウスもレンタル可能です。(有料)

 

 

ライフジャケットは必ず着用です。

 

ビーチの様子、多数のボートが出ています。

 

 

 

 

餌付けするボートと、参加者が乗るボートでいっぱい

 

 

 

 

 

 

ここからはスミロン島も見えます。

 

 

 

 

  

マニラ発セブの旅14 日本人も利用するExpress Inn – Mactan

セブ旅行でオプショナルツアーを充実させ、費用を抑えたい場合、ホテルの選択でかなり費用を調整できます。

今日ご紹介するホテルは、好立地とは言えませんが、費用面ではかなり節約できるホテルになります。

マクタン島に位置する「エクスプレス イン マクタン (Express Inn – Mactan) 」

1泊2名様(朝食付き)で千ペソ台で宿泊できる激安ホテルです。

客室内、エアコンおよび温水シャワーがありますので、日本人の利用も多いホテルです。

この日もかなりの日本人女性客がいました。

ホテルから出かける際も、フロントでタクシーを呼んでくれますので親切!

ホテルレストランでの夕食もまずまずの味です。

 

Express Inn – Mactan

Candelario K. Guba Street, Pajo, Mactan Island, Cebu

 

 

このLogoが目印

 

スタンダードルーム 16㎡

 

 

 

 

 

シャワールームはローカル色が強いですが、値段が安い分我慢もできます。

 

 

 

水圧は弱いですが、温水はでます。

 

 

レストラン

 

 

 

朝食

数種類の朝食リストの中から選択でいます。

 

 

ディナーメニューはフィリピンフードが中心ですが、パスタやステーキもありました。今回はフィリピンフードを注文してみました。

シシッグ

これは、なかなか美味しかったです。

 

シニガンスープは2~3人分あります。

 

Sizzling Seafood

 

 

二日目のディナー

Sweet & Sour Fish Fillet

 

Tinola

 

アドボ

  

マニラ発セブの旅13 人気のプランテーションベイ リゾート&スパ その2 ラグーン

マニラ発セブの旅13 人気のプランテーションベイ リゾート&スパ その2

昨日引き続き、プランテーションベイ リゾート&スパの話題で、今日はラグーンをご紹介いたします。

プランテーションベイ リゾート&スパのラグーンは4つあり、合計2.3ヘクタールの面積になり、世界最大級のラグーン面積になっています。

ラグーンではスイミングはもちろん、カヤックなども利用可能で、この日もカヤックで楽しんで知る方がいました。

水質も管理されていてさすが5スターホテルといった感じ!

新婚旅行にはお勧めのホテルです。

 

ロビーから少し歩くとこんな感じでラグーンが見えます。

 

 

 

 

カヤックで遊び人が多いです。

 

 

 

 

 

通路で中州まで行けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  
次ページへ »