最新のコメント

バギオツアー定番スポットTHE MANSION

MINES VIEW PARKから南西に数キロ車で走るとマンションハウス及びライト・パークがあります。

マンションハウスは3月~5月夏季に大統領がここマンションハウスで公務を行うということで知られています。

最近の大統領はあまり利用していなく、観光地となっています。

敷地内には無料で入れますが、建物までは行けず、ゲートから左右100m程度で通行止めになっています。

この日も多くの観光客が訪れ、草花で模った「THE MANSION」の文字を背景に記念写真を撮っていました。

マンションハウスは1908年に米国総督の夏の皇帝として建てられ、第二次世界大戦中に損害を受け1947年再建したそうです。

マンションハウスの反対側には、ライト・パークがあります。

入り口付近から細長い水路があるのが特徴で、たくさんの鯉が泳ぎ、餌をあげる人もいました。

 

THE MANSION

 

THE MANSIONの反対側にライト・パークがあります。

 

 

 

 

 

ゲートを通るとこんな感じ、敷地内はとても整備されています。

 

敷地内には、たくさんの観光客

 

 

 

芝生も整備されていますので、きれいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライト・パークの前ではセントバーナードと記念撮影ができます。(有料)

ここのセントバーナードは昨日紹介したMINES VIEW PARKのセントバーナードと家族だそうです。

 

イゴロット族の衣装と共に記念撮影もできます。

 

 

ライト・パーク

プールオブパインズと呼ばれる長細い水路

 

 

 

鯉に餌をあげている人もいます。

 

 

 

  

バギオに行ったら絶景のMINES VIEW PARKに行ってね!

バギオに行ったのなら、ここは欠かせない観光スポット「MINES VIEW PARK」

バギオの地形を生かし、高台から素敵な景色が見える場所です。

入場料は無料でパーク内にはプランターに利用できそうな小さなサボテンや花が売られていたり、

北部ルソン、イゴロット族の衣装のレンタル、馬乗っての写真撮影やセントバーナードと一緒に撮影などのサービス(有料)もあります。

なんといっても、MINES VIEW PARK一番奥の景色。崖になった展望台から見る景色は絶景!

綺麗なバギオの山を見ることができて、気分爽快になること間違いなし!!!

帰りにはお土産屋さんが多くあるので、ここで買うのもいいでしょう。

 

 

MINES VIEW PARK

 

MINES VIEW PARKのゲートを通ると[WELCOM!]と書かかれた壁があり、皆ここで記念撮影をしています。

 

 

園内には多くの植物が売っています。

 

サボテン系が多いです。

 

 

 

 

 

 

お土産やさん。店数が多いので、いろんなところで値段を聞いてみましょう。

 

最初に出会うのがセントバーナードと一緒に写真が撮れる場所

 

 

イゴロット族の衣装のレンタル

 

衣装のレンタル25ペソ

 

ここから奥はイゴロット族の衣装を着た人が多いです。

 

馬と一緒に記念撮影

 

楽しいそうですね!

 

 

 

更に奥へ進むと・・・

 

展望台に到着

 

 

眺めはこんな感じ

 

 

 

 

 

 

展望台で記念撮影をした後はお土産屋さんで買い物

 

 

Tシャツや帽子、食べ物はジャムやバターピーナッツなどいろんな物がお土産として売っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

ねもとお勧め!ホテル エリザベス バギオ

今日は、ホテル エリザベス バギオをご紹介いたします。

ホテル エリザベス バギオはバーンハム公園より直線距離で2.5キロ(実際約5キロ)東に位置します。

山の中に建つホテルで見晴らしも良く、人気のあるホテルです。

ロビーが5階まで吹き抜けになっているのでとても開放感があり、グループでも宿泊できるように、6人部屋(6シングルベッド)や4人部屋(4シングルベッド)があるのも特徴です。

 

ホテル エリザベス バギオ

 

 

エントランス

 

 

ロビー(吹き抜けになっています。)

 

 

 

フロント

 

6人部屋(6シングルサイズベッド) 50㎡

 

 

 

 

 

セキュリティーBOX

 

 

 

洗面

 

 

2つのシャワーがあります。

 

シャワー

 

 

 

トイレ

 

4人部屋(4シングルサイズ ベッド)38㎡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デラックスルーム(2名様ルーム)28㎡

 

 

 

 

 

セキュリティーBOX

 

 

 

 

 

トイレ

 

レストラン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

バギオの代表的観光スポット、バーハム公園!

バギオの代表的な観光スポットとしてはバーハム公園が有名ですが、今回はあまり時間が無く、じっくりとバーハム公園を見ることができませんでした。

バーハム公園はアメリカン人建築家Daniel Hudson Burnham氏によって計画されたことから、Burnham Parkという名前になっているようで、面積は32.84ヘクタールあり東京ドーム7個分の面積になります。

公園の中央には大きな人造湖があり、深さ3m 34,000m3、連日大勢の人がこのバーハム公園に遊びに来ています。

人造湖Burham Lagoonでボートに乗れたり、 Lagoon周りで三輪自転車や四輪自転車に乗って楽しむ人が大勢いました。

 

 

 

三輪、四輪自転車に乗る人が大勢!

 

 

 

 

 

Burham Lagoonボート乗り場(有料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーンハム スイーツ ホテル

バーハム公園に近いバーンハム スイーツ ホテル

このホテルからは徒歩で公園に行けます。

 

 

 

 

  

Filipino-Japanese Friendship Park バギオ

今日は、第二次世界大戦で戦死された日本人を慰霊する公園、「Filipino-Japanese Friendship Park」をご紹介いたします。

バーンハム公園の南側に位置し、University of Philippines Baguioの横にあります。

昭和48年(1973)2月11日日本側バギオ碑奉賛会とフィリピン側バギオライオンズクラブの建立実行委員会が建立しました。

平成8年3月より在バギオ財団法人北ルソン比日基金が、比島戦没者慰霊会の依頼を受け維持管理され現在に至っているようです。

園内に入ると管理人さんのおじさんがいてノートに記帳します。

園内には立派な慰霊碑があり戦死者の魂を慰めています。

慰霊碑の周りには、池や木々が良く整備されており、管理も行き届いているようです。

バギオに行かれましたら、寄ってみてください。

 

Gov.Pack Rd側からみたFilipino-Japanese Friendship Park

 

 

 

入り口

 

 

 

 

 

立派な慰霊碑

 

 

 

 

慰霊碑の後ろ側

 

 

 

慰霊碑の前には池があります。

 

 

 

 

此処に、われ等が恩讐を絶する日比両国の戦友百数十万の霊を慰むるための記念塔を立てる。

悲しき歴史の運命について、われ等は、今日言うべき言葉も無い。

この儚き民族の夢の影もなく消えていったあとに、祖国の難に殉じて倒れた魂の、声なき声をわれ等は心の底に聴く。

希うところは、唯、この微かなる響きを透して、あたらしき民族の生命の芽生えんことのみである。

愛情の最後の一滴を捧げ尽くして、佗びしく滅びていった同胞の御霊よ。

 此処に永恒をつらぬく悲しき思いを、世界平和を築く荘厳なる理想と抱負に托して、こころしづかに眠れよかし。

と書かれています。

 

 

園内にはいろんな花が咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人さん

 

 

管理人さんと記念撮影

 

  

シスター海野、ABONG会館

Baguio City Public Marketを後にして、次に向かったのは、「ABONG会館」

ここは、北ルソン比日交友協会の会館で、シスター海野の功績で建てられた施設です。

シスター海野はルソンの日系人の母と言われ、1911年静岡市で生まれ、1972年バギオ市の修道院に赴任され、以来貧しい棄民状態にある日系人を探し出し、救済、生活の向上、子女の育英など行われた方です。

シスター海野は、1989年に亡くなられましたが、その意思は北ルソン比日協会が活動を通じ受け継いでいます。

バギオの虹 シスター海野とフイリピン日系人の100年という本が有名

 

Legarda Rd.右に曲がる道がBukaneg Street

 

 

この坂道を上がるとABONG会館があります。

 

ABONG会館

 

 

 

 

 

シスターテレジア海野メモリアルホール

 

 

 

 

ホール内

 

 

 

 

 

七夕の行事が終わったばかりのようでした。

 

 

シスター海野

 

ABONG会館のお庭

 

 

 

 

 

ABONG会館からの眺め

 

 

ABONG会館の前にはホテルがあります。

 

バギオの虹 シスター海野とフイリピン日系人の100年

 

 

  

お土産が沢山売っているBaguio City Public Market

バギオに来た翌日に行ったのが、Baguio City Public Marketです。

宿泊したDELY’S INNホテルから車で10分以内で行けるスポットです。

Magsaysay Ave.沿いに長細くアーケードになっています。

マーケット内では、お見上げを中心に販売されており、

イチゴジャムやピーナッツバター、BaguioTシャツなどが数多く売られています。

生活用品も売られており、多くの方がBaguio City Public Marketに落とずれ、

路上では常にタクシーがマーケットに来たお客を乗り降りしていました。

Baguio City Public Market前、Magsaysay Ave.

道路は渋滞しており、買い物客でいっぱい

 

 

道路沿いはあまり人がいません。

 

歩道橋から見たBaguio City Public Market

 

Magsaysay Ave.反対車線から

 

 

マーケット内部

 

 

 

 

ジャムやピーナッツバターが売っています。

 

 

 

ホウキもたくさん売っています。

 

 

帽子も売っています。

 

Tシャツ

 

 

 

 

 

 

様々なお土産が売っています。

 

 

 

 

 

 

バギオ特産イチゴも沢山売っています。

 

 

 

 

 

 

 

干物も売っていました。

 

 

サンダル系

 

 

お米コーナー

 

 

 

 

 

 

 

 

  

バギオの中華レストランBaguio Central Park estaurant

バギオのDELY’S INNホテルにチェックインしたあと夕食を食べたのがホテルから徒歩3分の所にある中華レストラン

「Baguio Central Park estaurant」

外から見たときにお客さんが大勢いて、賑わっていたので入ってみました。

店内には。世界遺産の棚田の絵が飾られたりして雰囲気は良いレストランです。

ただ残念なことに、料理がイマイチ!マンゴーのデザートは美味しかったです。

お勧めできるレストランではないのですが、写真がありますのでご紹介だけ。。。

 

DELY’S INNホテルから徒歩3分Baguio Central Park Restaurant

 

 

夜はこんな感じのレストラン周辺

 

 

 

お客さんは結構入っていました。

 

 

 

シュウマイ

 

ラーメン

 

チャーハン

このチャーハンが残念な味、火のとおりが悪かったです。

 

LOMI

 

Honey Chicken with rice

 

マンゴのシェーキ、冷たいデザートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

DELY’S INN バギオ!安価なホテルです。

AGOOからバギオに着いたのは日も落ちて暗くなってからでした。。。

さすが山の町といったところで坂道が多く、マニラとはかなり違った町並みです。

今回宿泊したホテルは、「DELY’S INN」というホテル。

ねもとでは紹介していませんが、予約なしでいっても1部屋2名様2000ペソ以下で宿泊できます。

場所も、バーンハム公園のすぐそばに位置し、徒歩でも3分ほど。

ホテルランクにこだわらず、バーンハム公園を中心の観光でしたら、お勧め!思っていたよりきれいなホテルです。

 

DELY’S INN

 

 

 

エントランス

 

カウンター

 

スタンダード3人部屋

 

 

 

 

シャワー

寒い地域でエアコンはほとんど必要なく、宿泊した日は雨季でしたので、かなり寒い日でした。

シャワーからでるお湯の温度はとても高く快適なシャワーでした。

 

 

スタンダード2人部屋

 

 

 

 

ホテルからの眺め

 

 

 

エントランス脇に置いてあったもの。可愛いデザインですが何かはわかりません。

 

ホテル前の通りはこんな感じです。

 

ホテル周辺道路

 

 

裏通りからみたDELY’S INN

 

朝食

 

朝食は宿泊費に入っています。

 

レストランには、いろんな置物が多数ありました。

 

 

 

 

 

 

 

  

La Union州 AGOO 教会

パンガシナンを後にしてバギオに向かうのですが、[AGOO]を通りバギオに入るルートになります。

今日はLa Union州AGOOにある、Basilica Minore of Our Lady of Charity(AGOO 教会)をご紹介いたします。

AGOO 教会は、1578年にイタリアのペザロのフレイ・ジョン・バプティスト・ルカレッリとスペインのバエサのフレイ・セバスティアン・デ・サンフランシスコによって奉献されました

1892年の大地震によって教会が崩壊し、1893年に再建されたそうです。

現在の礎石教会は、1978年12月8日に完成され奉献されました。

 

AGOOはLa Union州に属します。

 

 

Basilica Minore of Our Lady of Charity(AGOO 教会)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教会内部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AGOO 教会の写真を撮り、車で少し進むと大きなイーグルがありました。

フィリピンの国鳥は「フィリピン鷲(Philippine eagle)」です。

 

 

 

 

 

大砲もあったので記念に撮影・・・

 

 

 

  

パンガシナン州Santa Barbara Churchでの金婚式

今日はパンガシナン州での金婚式をご紹介いたします。

ねもとスタッフの親戚夫婦が結婚50周年を迎え教会で日本で言う金婚式を行うということでお邪魔致しました。

場所はSanta Barbara Catholic Church きれいな教会です。

金婚式を向かえる奥様は、ウェディングドレスを着て結婚式さながらの感じ。。。

神父さんの話を聞きながら、幸せいっぱいの様子でした。

50周年おめでとうございます。

 

 

Santa Barbara Catholic Church

 

 

 

 

 

 

敷地内の広場では、バスケットボールをする子供たちがいました。

 

 

教会の中、金婚式の飾りがあります。

 

 

 

 

結婚式ですと、ここはバージンロードになるのでしょうが、

金婚式では何ていうのでようか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステンドグラスも綺麗!

 

 

 

今回金婚式を迎えたご夫婦(左のお二人)

 

式が始まりました。

 

 

 

 

神父さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚50周年おめでとうございます。

 

  

パンガシナン州、Mangaldanにある、ウォーターパーク Trishland Resort

今日はパンガシナン州、Mangaldanにある、ウォーターパーク「Trishland Resort」をご紹介いたします。

リンガエン湾まで2~3kmの場所に位置し、スイミングプールを中心に遊べるレジャー施設です。

昨日紹介した、LISLAND RAINFOREST RESORTからは20km弱です。

スイミングプールの周りには、ウォータースライダーなどがあり、子供たちは楽しそうにウォータースライダーを滑っていました。

食事ができるスペースもプールの横にあり、友達同士や家族などで遊べる場所です。

敷地内には宿泊施設もあり、家族やグループで利用できる4人部屋(2クイーンサイズベッド)や8人部屋(4クイーンサイズベッド)が用意されています。

ziplineもありますので、パンガシナンでレジャー施設をお探しの方はお勧めのスポットです。

 

移動中に見つけたタマラオ?の銅像

 

URDANETA CITY POLICE STATIONの前にある公園

2つの大砲があったので、思わず撮影です。

 

 

ホセ リサールの銅像もありました。

 

 

子牛を2頭乗せたバイク

 

Trishland Resort

 

エントランス

入場料1名様150ペソ

 

 

 

ウォータースライダー

 

広いスイミングプール

スイミングプールは3つあります。

 

 

 

 

 

2つ目のスイミングプール

 

 

 

 

 

 

3つ目のスイミングプール

 

 

 

 

オレンジの建物がホテルになります。

 

 

4人部屋

1つのベッドに2人寝ます。

 

 

 

 

 

 

8人部屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーターパーク内でGREENWICHを注文できます。

 

Trishland Resortのホームページはこちら

 

 

  

LISLAND RAINFOREST RESORT パンガシナン州Urdaneta City

今日はパンガシナン州Urdaneta Cityにあるリゾート「LISLAND RAINFOREST RESORT」をご紹介いたします。

このリゾートは名前の通り森林の中にあるリゾートとして設計されており、2階建てのビルの他、離れのVillaタイプのお部屋もあります。

リゾート全体はローカル向けになっていますが、大きめのスイミングプールがあるのが特徴です。

マニラから早朝出発し、高速道路を使うと3時間ほど。。。

UrdanetaのICを降りて10分程で着きます

今回リゾートの写真を撮ることができましたので、ご紹介いたします。

 

LISLAND RAINFOREST RESORTはご紹介だけですので、

ご予約は直接LISLAND RAINFOREST RESORTにお願い致します。

Manila N Rd, Urdaneta City, Pangasinan
電話: (075) 568 2962

 

 

LISLAND RAINFOREST RESORT

 

 

フロント

 

レストラン

 

 

 

オープンレストランから見えるスイミングプール

 

大きめのスイミングプールです。

 

 

 

 

 

 

敷地内は森林をイメージ

 

 

Villaタイプのお部屋

 

 

 

 

洗面

 

シャワー

 

トイレ

 

 

ファミリールーム

 

 

 

洗面

 

シャワー

 

 

ビルスタイル

 

 

 

フロント横にあるコーヒーショップ

 

  

コレヒドール島へは、esplanade SEASIDE TERMINAL

先日、水上飛行機(AIR JUAN)の紹介をしました。ここは元コレヒドール島ツアーの船が出港していたターミナルの近くにありますが。

今日は現在コレヒドール島ツアーが出港するターミナル(esplanade SEASIDE TERMINAL)をご紹介いたします。

場所はモールオブエイシアの近くにありSeaside Bivd.沿いにあります。

清潔感のある白い建物はコンビニのセブンイレブンと併設されていますので、コレヒドール島に向かうまでの間、飲みも等購入できます。

ここはオプショナルツアーのマニラベイクルーズの発着場所でもあります。

 

SEASIDE TERMINALの入り口

奥にセブンイレブンがあります。

 

 

 

 

 

 

船着き場

 

 

 

 

 

 

待合場

 

 

マニラベイクルーズの船

 

 

 

 

  

TRAVEL MADNESS EXPO 2018開催中

7月5日から日曜日の7月8日までモールオブエイシア横にあるSMX CONVENTION CENTERで

TRAVEL MADNESS EXPO 2018が開催されています。

フィリピン国内旅行代理店から海外の旅行代理店まで多くの会社がアピールの為出店しています。

日本の旅行関係の会社も多く、

訪れた客は日本に興味があるようで、熱心に説明を聞いていました。

海外で日数限定で使用できるインターネットSIMの販売など2,3年前にはあまり無かったような

アイテムも今年はセールスポイントになっているようです。

会場の様子を写真でご紹介します。

 

SMX CONVENTION CENTER

TRAVEL MADNESS EXPO 2018

 

 

 

 

 

開催2日目ですので、客は少なめ、最終日の日曜日はかなり混雑しそうです。

 

 

 

航空会社も多く出店しています。

 

 

 

 

日本の企業も多くありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外用インターネットSIMが多く販売されています。

 

 

 

 

ホテル関係もあります。

 

 

 

 

 

 

フードコートもあります

 

 

旅行関係商品も販売しています。

 

 

 

  

水上飛行機(AIR JUAN)が人気上昇中!

今日は、水上飛行機(AIR JUAN)の紹介です。

ねもとでも何回かご紹介させていただき、ご存知の方、すでにAIR JUANをご利用されている方も多いかと思います。

プエルトガレラやスービックなど車での移動が多い地域は水上飛行機(AIR JUAN)を利用するとかなりの時間短縮につながります。

マニラ-プエルトガレラは片道30分、マニラ-スービックですと片道20分で着いてしまいます。

水上飛行機(AIR JUAN)をご利用されたお客様は、「1回乗るとやめられない!、景色が綺麗で早く着くからその分遊べると!」好印象です。

ご興味がおありの方はお問い合わせください。

 

水上飛行機(AIR JUAN) CCPの近くになります。

 

 

晴れているといい眺めです。

 

 

ここに水上飛行機がつきます。

 

こんな感じ(別の日に撮影)

 

 

 

AIR JUAN オフィス

 

 

 

 

 

近くにはクルーザーが停泊しています。

 

この階段を通って不幸に乗ります。

 

 

 

 

正面は元コレヒドール島ツアーボートが出航したターミナル

(現在はMOA側に移動されています。)

 

 

駐車場(有料)

 

 

 

 

  

マニラホテル106周年記念パーティー

昨日はマニラホテルの106周年パーティーが行われ、ねもとトラベルも招待されました。

マニラホテルは1912年7月4日のアメリカ独立記念日に開館しました。

1935年から1941年までダグラスマッカサーが使用していたことは有名なお話です。

過去にはSamuel George Davis Jr. やMichael Jackson、

John F. Kennedy元アメリカ大統領やThe Beatlesなど数多くの著名人がこのマニラホテルを訪れています。

パーティー会場には多くの招待客が招かれ楽しんでいた様子!

この記念パーティーまぬかれることは、ひとえにねもとをご利用してくださるお客様のおかげと感謝しております。

これからも、ねもとトラベルをよろしくお願い申し上げます。

 

マニラホテル 1912年開館

 

エントランス

 

ロビー

 

ロビーの豪華さはマニラNo.1

 

チェックインカウンター

 

会場に入る前に名前をエントリーします。

 

 

 

106周年の記念氷細工

 

 

会場内

 

 

会場いっぱいに招待客

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

The Bay Leaf Caviteの客室を紹介

昨日に引き続き、「The Bay Leaf Cavite」の紹介で今日は客室を中心にご紹介させていただきます。

2年前の2016年にオープンした新しいホテルで客室もとてもきれいです。

室外スイミングプールはリゾートっぽいデザインで人気がありそう!

建物の中心に吹き向けになったスペースには大型のカフェラウンジがあり、とてもお洒落な感じ!、パーティなどにも使えそうです。

ファンクションルームなども充実しており、今後に期待大のホテルです。

 

The Bay Leaf Cavite

 

プール側から見た外観

 

デラックスルーム(Queen Bed)

室内冷蔵庫は有りませんので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

トイレ

 

 

デラックス ツインルーム

室内冷蔵庫は有りませんので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

トイレ

 

建物吹き抜け部にあるラウンジ「THE ATRIUM」

 

吹き抜け部の天井

 

 

 

 

 

ファンクションルーム

 

 

スイミングプール

 

 

 

 

POOL BAR

 

 

 

 

  

The Bay Leaf Cavite、毎週金曜日はジャパニーズランチ!

今日は、CAVITEにある、ホテル「The Bay Leaf Cavite」をご紹介いたします。

ここのホテルは、イントラムロスにあるベイリーフ イントラムロス ホテルと同じホテルになります。

The Bay Leaf Caviteでは毎週金曜日の朝食と昼食がジャパニーズフード日になり、

今回ランチをご紹介いたします。

The Bay Leaf Caviteは2016年にオープンし、マニラから1時間30分の場所にあり、

周りには高層ビルが無く、景色が良い静かなホテルです。

 

The Bay Leaf Cavite

 

ロビー

 

 

 

日本食ビュッフェの案内

 

レストラン

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉(左)鳥唐揚げ(右)

 

シーフード鉄板焼き

 

なす味噌

 

ごはん

 

味噌汁コーナー

 

チャーシュー

 

天ぷら

 

刺身

 

寿司

 

 

 

サラダ

 

 

 

デザート

 

ハロハロ

 

果物

 

ケーキ

 

 

 

コーヒーゼリーも美味しいです。

 

マンゴクレープ

これは美味しいです。

 

 

次回はホテル内をご紹介いたします。

 

  

フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールの出身地カランバ

フィリピンの国民的英雄ホセ・リサールが生まれた地がラグナ州のカランバ(CALAMBA)です。

ホセ・リサールはカランバ(CALAMBA)で1861年6月19日、11人兄弟の7番目に生まれました。

フィリピン独立革命に関わったとして、スペイン官憲に1896年逮捕され、

同年1896年12月30日、バグンバヤン広場(現在のリサール公園)で35歳の若さで銃殺されました。

パグサンハンツアーを終えてからこのカランバ(CALAMBA)にあるホセ・リサールの銅像を見に行ってきました。

あいにくの雨で残念でしたが、写真を紹介いたします。

場所はカランバ市役所の前にあります。

 

パグサンハンを出たときは晴れていましたが、

 

マニラサウスロード

雨が降ってきました。

 

 

 

カランバ市役所

 

駐車場

 

ホセ・リサールの銅像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

パグサンハンツアーをご紹介!

ケソン州REALを後にして、次に向かったのはラグナ湖の南東に位置するラグナ州パグサンハン(Pagdanjan)ここは川下りのツアーとして知られている名所で連日多くの観光客がツアーに参加しています。

小型のボートで川を上りパグサンハン滝まで行き、イカダに乗り換え、滝の真下まで行くというツアー。

道中、大自然の景色はとても美しく、神秘的な価格です。

水の少ない場所は船頭さんがボートを持ち上げながら川を上がっていくのも楽しさの一つ!

このツアーは必ず濡れますので着替えが必要になりますが、それでも皆楽しかった感想を言います。

マニラから2時間のパグサンハン川下りツアーはいかがでしょうか?

 

PAGSANJAN FALLS LODGE

 

駐車場

 

エントランス

 

カウンター

 

 

レストラン

左側が川になります。

 

 

レストランから見たパグサンハン川

 

写真の方向が上流

 

ツアーが終わってエンジン付きのボートに引かれて帰ってくる観光客

 

 

 

 

ツアー参加にはライフジャケットとヘルメット着用が義務付けられています。

 

ライフジャケットを着て

 

ヘルメットを着用すれば準備完了!

 

 

 

ボートに乗って・・・

 

行ってきま~す!

 

 

 

参加者が多いので、多くの観光客とすれ違います。

 

 

 

途中いろんな光景が見えて楽しい!

 

 

 

 

 

 

 

岩が多くなってきました。

 

船頭さんは、岩を蹴りながら川を登っていきます。

 

ボートを降りて引っ張ることも・・・

 

浅い場所はボートを降りながら進みます。

 

 

 

 

 

船頭さんの動きを見ているだけで楽しくなります。

 

 

 

良い景色ですね!

 

 

 

少し歩きます。

 

 

 

 

 

 

到着!

 

手前のイカダに乗って滝のところまで行けます。

 

記念撮影!この状態ですでにびしょ濡れ・・・

 

滝まではカメラは持っていけませんので写真がありません。

 

帰りの写真

 

 

 

スペイン統治時代に作られた石積みの門

PAGSANJAN 1878-1880と書かれています。

.

 

 

  

ケソン州REALの海岸沿い

風力タービン発電機PILILLA WIND FARMを後にして、マニラの東海岸にあり「REAL」に行ってきました。

今はオフシーズンですが、9月、10月になるとサーフィンができるエリアとして知られています。

町並みはかなり田舎で自然いっぱい!、魚屋さんではラプラプや鯛などが売っていました。

海水浴ができるビーチには、ローカル向けのリゾートが並び、サーフィンエリアにもリゾートが数件あしました。

その中で今回は「REAL COAST & SURF」をご紹介いたします。

 

PILILLA WIND FARMからは山道が続きます。

 

 

マニラから114km地点

 

リアルの町並み

 

REAL COAST & SURFの案内看板

ここから15分ほどで着きます。

 

海岸線を走り

 

 

REAL COAST & SURF

ビーチフロントです。

 

 

 

 

 

 

これが宿泊施設

ローカルなので寝るだけのお部屋です。

 

 

 

 

 

 

写真奥はバーベキューエリア

 

 

ビーチ、オフシーズンなので波がありません。

 

 

 

 

 

海水浴エリアにあった市場の魚屋さん

 

 

 

 

 

 

 

 

  

SAVOY HOTEL グランドオープニング

昨日、空港第三ターミナル近くにある「SAVOY HOTEL」のグランドオープニングを行ってきましたので、ご紹介いたします。

SAVOY HOTELは6月6日にトランジットに利用できるホテルとしてご紹介いたしました。

昨日6月28日より宿泊が可能になり、グランドオープニングを行いました。

ロビーでのグランドオープニングには、多くの招待者が訪れ、華やかなパーティーでした。

無料の記念写真コーナーもあり、多くの方がカメラマンに記念写真をしてもらい、印刷した写真を持ち帰っていました。

ねもとも4人で参加させていただきましたので、写真で紹介させていただきます。

 

SAVOY HOTEL ロビー

 

 

パーティー状況

 

 

 

各部署のスタッフ紹介

 

 

 

 

 

乾杯!

 

 

 

 

 

司会者の人

 

 

ねもとトラベルスタッフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

マニラの近くで見れるよ!風力タービン発電機Pililla Windmill Faem

今日は、風力タービン発電機があるPILILLA WIND FARMをご紹介します。

風力タービン発電機(Wind Generato)は遠くからは見たことがあるけど、近くでは見たことがない方も多いかと思います。

フィリピンでは2005年にイロコスでBangui Wind Farmが設置され、

マニラの近くにある、リサール(RIZAL)でPililla Windmill Faemが2016年に設置されました。

PILILLA WIND FARMでは毎時150ギガワットを発電しています。

マニラから2時間余りで行クことができ、発電機のすぐ近くまで行け、しかもラグナ湖を一望できる場所もあります。

27基の風力タービン発電機が丘の上に設置されており、すべてを見て回ることができませんが、近くで見るとその大きさにただ驚くばかりです。

興味がある方は一度行ってみてください。

 

マニラ イースト ロード

 

 

道路上から見える風力タービン発電機

 

 

ここから風力タービン発電機の場所を目指します。

 

 

 

近づいてきました。

 

 

観光客が多いのかお土産屋さんもありました。

 

 

1つめの写真スポット

 

晴れていて良かった!

 

 

 

 

 

カラバオ(水牛)や牛などがいました。

 

車で更に奥へ進むと周りにには多くの風力タービン発電機が設置されています。

 

 

更に奥へ進みますと・・・

 

こんな近くで風力タービン発電機を見ることができます。

 

ここは観光スポットになっていてラグナ湖を一望でき、絶景の場所です。

 

広い敷地ですが車は駐車できません。

 

 

 

 

 

 

 

人がすごく小さく見えます。

 

 

 

ラグナ湖を一望できます。

 

 

 

 

 

 

  

アリストクラットレストラン周辺案内

今日は先日アリストクラットレストランに出かけたときに撮った他の写真を紹介いたします。

最初に紹介するのは、アリストクラットレストラン内にあるケーキ屋さん

ここのケーキはとても美味しく、誕生日などの際アリストクラットレストランのケーキをプレゼントすると大変喜ばれます。

レストランで食事をして、ケーキを買って帰るお客さんも多いですね・・・

アリストクラットレストランの前には噴水があり、夜になるとライトアップされ、とても綺麗!

晴れている日はカップルが写真を撮りに集まってきます。

その噴水の前には、フィリピン人は皆知っているレストラン「Shakey’s」があります。

ここでは、ビールも飲めますので、ピザと一緒に食べると美味しいですよね!(今回はピザは注文してないですが・・・)

しかもここのShakey’sは24時間営業!、アリストクラットレストランも24時間営業ですので、嬉しいですね!!!

 

アリストクラット レストランのケーキ屋さん

 

 

 

どのケーキも美味しいです。

 

 

 

価格はそこそこしますが誕生日などには喜ばれます。

 

 

 

 

アリストクラットレストラン前にある噴水

 

ライトアップがとてもきれい!

 

 

 

 

噴水の前にあるShakey’s(ピザ屋さん)

 

 

店内

 

 

 

Shakey’sはデリバリーも行っていますね!

 

外にもテーブルがあります。

 

 

チキン

 

スパゲッティー

 

デザート

 

 

 

  

意外とねらい目!価格でパールレーンホテル

今日は、マラテ地区のパールレーンホテルをご紹介です。

パールレーンホテルはねもとでも人気ホテル、パールガーデンホテルの同系列ホテルになり、Orosa通りとMalvar通りの交差点に位置し、パールガーデンホテルの2ブロック隣に位置します。

45のお客室数でそれほど大きくはないものの、繁華街から少し離れているため静かなロケーションになります。

5階にあたる屋上にはオープンスタイルで開放感のあるレストランがあります。

 

パールレーンホテル

Orosa通りとMalvar通りの交差点に位置します。

 

 

エントランス

 

ロビー

 

 

 

スーペリアルーム 18㎡

 

 

 

 

 

この中にセーフティーBOXと冷蔵庫があります。

 

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

 

 

 

トイレ

 

デラックスキング 26㎡

 

 

 

 

 

セーフティーBOX(上)冷蔵庫(下)

 

 

 

洗面

 

 

 

ドライヤー

 

 

シャワー

 

トイレ

 

デラックスツイン 26㎡

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX(上)冷蔵庫(下)

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

 

 

廊下

 

5階レストラン

 

 

オープンスタイルになっているため開放感があります。

 

 

テラスからの眺め(向こうに見えるのはロビンソンデパート)

 

 

マニラ新聞が読めます

 

 

 

  

センチュリーパークホテルのプール&レストランを紹介!

今日もセンチュリーパークホテルの話題ですが、今日はスイミングプールと朝食のレストランをご紹介いたします。

センチュリーパークホテルのスイミングプールは2つあります。

1つは長方形をした本格的なプールと、もう1つは楕円形をしたプールなります。

プールサイドも広く、日光浴を楽しむにも良い場所になっています。

レストランの朝食の評判も良く、種類も豊富で食事だけ来られるお客様も多いほど。。。

ねもとではかなりお得な価格で宿泊料金を提示させていただいております。

是非一度お泊り下さい。

 

 

エレベーターをおり廊下を進みます。

 

 

廊下を進み終わり、扉を開けるとスイミングプール。

 

長方形のプール

 

 

 

 

楕円形のプール

 

 

 

プールサイド

 

 

 

ジャグジーもあります。

 

プールサイドから本館の眺め

 

水泳教室も行っているようです。

 

レストラン、ここで朝食を食べます。

 

 

 

 

 

この日はランチタイムで、昼食の準備をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはコーヒーショップ、ウェルカムドリンクが飲めます。

 

 

日本食レストラン築地

  

センチュリパークホテルに泊まろう!

今日は、ねもとからも近いセンチュリーパークホテルをご紹介いたします。

センチュリーパークホテルはショッピングモール「ハリソンプラザ」に隣接し、465室ある大型のホテルです。

ホテルの入り口は2か所あり、チェックインカウンターがあるOcampo通り側とホテルレストランが近いハリソンプラザ側の2か所になります。

ホテル内には日本食レストランもあり、日本人の方にも多く利用されているホテルの一つになります。

今日は客室、スーペリアルームとデラックスルームをご紹介です。

センチュリーパークホテルの価格はこちら

 

センチュリーパークホテル ハリソンプラザ側から

 

 

ホテルから見たハリソンプラザ

 

 

スーペリアルーム 38㎡

 

 

 

 

セキュリティーBOX

 

冷蔵庫

 

 

 

 

 

 

洗面

 

 

 

バスタブ(全室完備)

 

シャワー

 

 

トイレ

 

デラックスルーム 38㎡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セキュリティーBOX

 

 

 

洗面

 

 

 

 

バスタブ

 

 

シャワー

 

 

 

  

マニラの遊園地STAR CITYで遊ぼう!

今日はマニラの遊園地「STAR CITY」の紹介です。

STAR CITYはパサイ市にあり、1991年に開園今年で27年目。

35000㎡(10587.5坪)の敷地には30種類上の乗り物とアトラクションがあり、全天候型エアコン完備の遊園地です。

年間150万人の人がSTAR CITYを訪れ、今でも人気遊園地でマニラのシンボル的スポットです。

平日は午後4時から開園で、たくさんの人が待っていました。

開園時間になるとスタッフがウェルカムダンスを踊ってくれて、来た人はスマホで写真を撮ったり、ビデオを撮ったりしてました。

ご家族やデートなどには最高のスポットです。

 

STAR CITY

月曜日~木曜日 4PM~10:30PM

金曜日及び日曜日 2PM~10:30PM

土曜日 2PM~11PM

 

 

メインエントランス

 

開園45分前で人がたくさんいます。

 

 

右側がチケット販売ブース

 

料金表

 

 

開園直前にスタッフによるウェルカムダンス

 

 

 

 

 

入場する場合、手首にスタンプを押してもらいます。

 

購入したチケットを改札機に入れて入場

 

チケット

 

入場するとお土産やさんがあります。

 

2階に移動

 

 

 

 

一部吹き抜けになっていて1階部分の乗り物も見えます。

 

 

Wacky Worm

 

 

中国スタイルの室内コースター

Dragon Express

 

 

Viking

 

 

Pirate Adventure

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bump Car Smash

 

 

Bumper Boat

 

 

Snow World

 

Star Flyer

人気の乗り物です。

 

 

 

 

Giant Star Wheel

観覧車 60mの高さです。

 

Surf Dance

 

Jungle Splash

 

Dungeon of Terror

 

室内お土産屋さん

 

 

 

 

 

ゲームエリア

 

 

 

Grand Carousel

 

 

  

フィリピン料理食べようよ!!

今日は、マラテ地区で営業しているフィリピン料理レストラン「ARISTO CRAT RESTAURANT」をご紹介いたします。

創業者のDONA ENGRACIA CRUZ REYESさんは1928年Lapu-Lapuというレストランを開業し、1936年ARISTO CRAT RESTAURANTをロハス通りにオープンさせました。

ロハス通りのARISTO CRAT RESTAURANTは今も創業者のDONA ENGRACIA CRUZ REYESさんの写真が飾られています。

ここのARISTO CRAT RESTAURANTは24時間営業で、チキンが美味しいレストランで有名です。

ディナータイムになると広い店内はお客でいっぱい、1時時間待ちという日もあります。

メニューの数も豊富ですが、なんといっても1番人気メニューは「Chicken Barbecue(チキン バーベキュー)」です。

 

アリストクラット レストラン ロハス通り

 

 

24時間営業

 

 

 

 

 

創業者のDONA ENGRACIA CRUZ REYESさん

 

レストラン内

 

 

 

店内には創業者DONA ENGRACIA CRUZ REYESさんの写真があります。

 

 

 

Lumpiang Ubod Sariwa

 

Leche Flan

 

Pancit Luglog

 

Clubhouse Sandwich

 

Ensaladang Manggang Hilaw

 

3 pcs. Chicken Barbecue

 

Pork Barbecue

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

空港ターミナル2のイミグレも混んできた?

久しぶりに空港ターミナル2に行きましたので、ご紹介させていただきます。

最近ターミナル2でもイミグレーションが混んで外に出るのに時間がかかるとお客様の声が多くなりました。

到着してからお客様が外に出るまで1時間半かかることもしばしは。。。

イミグレーション職員の不足や審査が厳しくなったといろんな要因はあるようですが、

実際空港に行き、機材が到着してからお客様が出てくるまで、今までとは違い、少し時間がかかっているようです。

他の方も迎えに来た人に、イミグレーションが混んでた!など言いながら再会を喜んでいました。

ターミナルの混雑はターミナル2に限ってではなく、1や3などでもしばし起こっています。

ねもとトラベルでも送迎業務も行っており、空港お迎えにつきましては基本的には予定便のお客様が出てくるまでお待ちしておりますのでご安心ください。

それでは、ターミナル2の写真をご覧ください。

 

ねもとから空港ターミナル2に向かいます。

 

 

ロハス通り、フィリピン在日本大使館近く

 

信号待ちをする車にウォーターやお菓子を売る売り子はフィリピンの特徴ですね

 

この交差点を左折

 

 

 

 

右はターミナル1、ターミナル2は直進です。

 

 

ターミナル2パーキング

 

 

管制塔

 

 

 

ターミナル2ではBAY20でドライバーがお客様の名前が入ったバナーを持ってお待ちしています。

 

 

コーヒーショップ

 

スモーキングルーム

 

 

到着便がない場合は、道路は空いています。

 

 

 

お客様がイミグレーションをすぎて外に出る場合、BAY17とBAY14の2か所から外に出られます。

 

BAY14に向かって歩きます。

 

 

 

 

BAY14の出口

ここからBAY13の方向は国内線エリアになります。

 

 

 

国内線出口

 

 

 

最近話題になっている「GRAB TAXI」はBAY7にあります。

 

国際線エリアに戻ります。

 

 

一般的な待合場所

ねもとはBAY20でまってますので、ここにはいません。

 

 

イミグレーションをすぎた人が外に出てきました。

 

道路も一時混雑します。

ねもとはBAY20で待っています。

  

パールガーデンホテル

今日はパールガーデンホテルの紹介です。

パールガーデンホテルは、マラテ地区にあり、繁華街の中心地に位置する大変便利なホテルになります。

ショッピングモール「ロビンソン」も徒歩数分。

周りには日本食レストランも数件あり、多くの日本人観光客に利用されています。

昨年からの改装工事も一段落して客室が新しくなり、ねもとでは5月から新価格で対応させていただいております。

パールガーデンコーヒーショップ内にはねもとトラベルのデスクがあり、フィリピン人スタッフ2名が常駐していますので、ご予約やお問い合わせなどもできます。

 

パールガーデンホテル外観

2階部分のガラス張り部分がレストランになりなす。

 

 

 

ロビー

左側がコーヒーショップになります。

 

コーヒーショップ

 

 

ねもとトラベルのデスク

 

 

2階のレストランはエレベーターで行きますが、今回は階段であがってみます。

 

 

 

 

 

レストランはMOON RIVER(銀河)という名のレストランです。

 

レストラン内

 

 

 

 

 

 

エレベーター

 

 

デラックス キング ルーム 32㎡

 

 

 

 

 

冷蔵庫

 

 

 

洗面

 

シャワー

 

タオル掛け

 

 

 

バスタブ 全室完備

 

 

 

 

 

トイレ

 

  

資料の濃さに驚き!バンバン歴史の博物館

ピナトゥボ山トレッキングツアーに参加し、次に向かったのはクラークフィールド内にある「バンバン歴史の博物館」

ここには第二次坂大戦中の資料が保存展示してあります。

特に貴重な写真が多く、先日ご紹介した、「神風特別突撃隊が最初に飛び立ったマバラカット西飛行場跡地」の記事内で紹介した敷島隊を率いる関大尉の写真や神風特別突撃隊が離陸する写真など神風特別突撃隊に関する写真が多いのには驚きました。

博物館は寄付のお金で運営されているようで、一般的な博物館とは少し違った印象を感じますが、一旦中に入るとその資料は歴史の宝だらけといった感じ、おそらく訪れた方のほとんどは資料の濃さに驚いて帰っていたのではないだろうか。。。

バンバン歴史の博物館の入り口

普通の家を改装したつくりになっています。

 

 

 

写真左の看板が目印です。

 

 

最初の展示エリア

たくさんの写真が展示されています。

建武集団作戦径過概要図

 

 

 

 

 

 

マバラカット西飛行場で出撃直前の敷島隊と朝日隊の写真

 

バンバン川の河原で敷島隊と大和隊の別杯の模様を写した写真

 

 

心が引き締まる写真ばかりです。

 

この人が敷島隊を率いた関行男大尉

 

 

西沢広義氏

 

手前の人が富永恭次陸軍中将

 

敷島隊が最初に飛び立った時の写真

 

 

 

 

 

ダグラス・マッカーサー元帥

 

 

別にある部屋にも資料があります。

 

 

 

 

 

 

中庭から撮影

 

 

 

最後に案内されたお部屋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

ピナトゥボ山トレッキングツアー(復路)

昨日に引き続き、ピナトゥボ山トレッキングツアーの紹介ですが、

今日は復路の状況を紹介いたします。

登りは3時間かかったのですが、帰りは2時間と早く下山できます。

行きと同じルートですが、下り坂のせいか、また違った景色のように感じながら山を下ります。

疲れもあり、ジープが待っている場所が長く感じますが、ガイドさんが「あの山裾を超えればジープが待っています」と案内沿てくれ疲れはありましたが、最後の一踏ん張り!

帰りのジープに乗り、オフィスまでの12キロを景色を眺めながら楽しみます。

疲れるツアーではありますが、大自然を相手にした山ツアーはなかなか経験できません。

ガイドもついてくれますので、終わってみると思いでいっぱいの楽しいツアーでした。。。

 

 

晴れ間を見ながら訪れた観光客は記念写真を撮っていました。

なかなか来れませんからね!

 

休憩も終わり、来た道を帰ります。

帰りの方が雨がきつくなってきました。

 

ガイドさんもカッパを着ています。

 

 

 

来た時よりも水かさが増しているようです。

 

みまさん手を取り合って川を渡ります。

 

少しでも流れの少ない場所を探して渡ります。

乾季の場合は、水が少ないので渡りやすいとのこと

 

 

平坦な場所に出ると一安心

 

平坦な場所なので、ビデオを撮りながら歩く観光客もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

靴に砂が入り歩きにくいこともあります。

紐をきつく縛って砂が入らないようにすているスタッフのジョベル。

置いて行かれそうですね!

 

2時間後ジープの待機場所に到着。今回一緒についてくれたガイドのRAULさんと一緒に記念撮影

 

ここからは歩かなくてよいので、ジープからの眺めを楽しみながら写真を撮ります。

 

 

 

 

ジープでこうゆう所を走るのもめったにないので、いい経験になります。

 

 

 

 

ジープはすごく揺れるので、ぶれないように撮るのが大変!

この写真も少しぶれてますね・・・

 

 

平坦な所が川になっています。

 

 

 

 

 

カラバオ(水牛)がお風呂に入っています。

 

 

出発してから約8時間、ようやく一般道に戻ってきました。

 

オフィス近くの場所に駐車していましたので、そこまで送ってもらいました。

山羊がたくさんいます。

 

 

ここではカラバオ(水牛)も立派な動力

 

最後に竹でできた貯金箱をお土産に買ってピナトゥボ山トレッキングツアーを後にしました。

  

1991年大噴火したピナトゥボ山トレッキングツアーに参加

先日ピナトゥボ山トレッキングツアーに参加してきましたのでご紹介いたします。

ピナトゥボ山はサンバレス州、バタアン州、パンパンガ州の境界上にあり、1991年に世界の歴史上に残る大噴火があった山です。

マニラからは約100kmの所に位置し、世界各国からトレッキングツアー参加する方が多くいます。

山頂のクレーターには湖があり、ここから25km手前でツアー参加の手続きをします。

受付の最終時間は午前7時で、時間に遅れると参加ができません。

専用のジープに乗り込み、クレーターから7km手前から徒歩になります。

雨季の為、雨の降る中、水かさが増えた川を横切ったり、道なき道を歩くこと3時間、素晴らしい湖に到着した気分は爽快です。

ピナトゥボ山トレッキングツアーは2回に分けてご紹介いたします。

 

ピナトゥボ山トレッキングツアーの申し込みオフィス
午前7時までに受付をしないと参加できません。

 

 

 

この誓約書にサインをします。

 

 

クレーターまで25km手前です。

 

四駆のジープに乗って移動します。

 

オフィスの周りには杖を売る子供たちがいます。
1個20ペソ
のちのちこの杖のありがたみが身に沁みます。

 

ジープに乗って出発!

 

一般道からオフロードに入ります。

 

 

大自然に突入!

 

川を横切ったりしながら進みます。

 

このシーズンは雨季で水量が多いです。

 

 

人造物が無く、良い景色です。

 

途中牛などいまして、のどかな感じ!

 

 

 

しばらくはこんな感じの景色やオフロード状況が続きます。

 

 

 

何キロか走ったら休憩

 

この辺は撮影ポイントのことでした。

 

 

原住民のアエタ族の子に会えました。

 

 

 

ねもとトラベルスタッフ

ジェニファー(左)ジョベル(右)

二人ともねもとトラベル英語サイトのブログ担当です。

 

休憩も終わり、出発

 

だんだん険しくなってきました。

それでもけっこう楽しいですョ!

 

しばらく川を逆のぼる感じです。

 

自然がつくった山肌

 

 

 

 

 

ここまでがジープでいける限界です。

ここからは、徒歩でクレーターを目指します。

 

 

徒歩でクレーターまでは7キロほどです。

 

 

足場はとても悪く、スポーツシューズでの参加をお勧めいたします。

長ズボンは濡れますので半ズボンが良いかと・・・

ジーンズで行った僕はビショビショになりました。

着替えは必ず持っていきましょう。

(着替えは持参せず車に置いといた方が良いです。リックに入れて雨に降られて着替えもびしょ濡れ・・・)

 

 

 

 

 

 

けっこう大変な道なりになってきました。

 

 

1個目の休憩地点

 

 

ガイドさんに撮ってもらいました。

 

この辺から登坂が多くなってきます。

 

 

 

写真の向こうに2個目の休憩地点が見えてきました。

 

 

 

最終地点クレーターまで1kmの所です。

 

ヤングエイジ15分

ミドルエイジ18分

シニアシチズン20分でたどり着けますと書いてあります。

ここからが本当に大変

体感時間は倍くらい感じます・・・

 

今までの雰囲気が一機に変わります。

 

 

ガイドさんに置いて行かれそうです。

 

 

途中から付いてきた犬は元気です。

 

 

途中から付いてきた犬は元気です。

 

もう一踏ん張りです。

 

 

冷たい水が雫となって手を当てると気持ちいい!

 

 

ここからは階段が作られています。

もう少し!

 

この階段がけっこう長くてキツイ!

 

 

もう少しです。。。

 

上から見るとこんな感じ!

 

階段を上がりきると最終地点に到着

 

到着

歩き始めて3時間かかりました。

乾季に来るともう少し早く着くそうです。

 

 

 

どうですかこの眺め!

疲れが吹き飛びます。

 

大自然を感じますね~

 

 

周囲は整備されここで昼食をとることもできます。

(お弁当は持参しましょう)

 

 

 

階段から下に降りることもできます。

 

記念撮影。相当バテてます

次回は下山の模様をご紹介いたします。

 

  

死の進行と深い関係、ターラック州カパス、CAPAS NATIONAL SHRINE

今日はターラック州カパス(CAPAS)にあるCAPAS NATIONAL SHRINE(カパス ナショナル シュライン)をご紹介いたします。

太平洋戦争時代、日本軍がアメリカ兵とフィリピン兵に行った「死の進行」

(バタアン州マリベレスからターラック州カパスまでの120kmの内、42kmを炎天下の中、徒歩で移動した死の進行)

で移動目的カパスのオドネル基地近くにあります。

1991年コラソン・アキノ元大統領時代に建てられました。

広大な敷地の奥に記念塔があり、記念塔を囲うように亡くなられた方の名前が刻まれています。

記念塔の高さは70m

記念塔のそばまで車で行け、写真を撮ることができます。

午前8時から午後5時まで 入場料1名40ペソ 駐車料金40ペソ

場内の写真を紹介いたします。

 

先日紹介いたしました。神風西飛行場跡地からは20k強

 

 

標識が出ています。

 

 

 

 

 

エントランス

 

料金表

 

エントランスでお金を支払い中に入ると記念塔が見えます。歩いてまっすぐ行けそうですが500mほどあります。

周りに車道があり、車で近くまで行けます。

 

 

 

 

 

記念塔

 

 

正面から撮影

 

記念塔を背にしてエントランスの方向を撮影

とても広い敷地です。

 

 

ここに亡くなわれた方兵士の名前が刻まられいます。

 

 

 

 

70mあるので近くで見ると迫力があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

サンフェルナンドにある桑の実狩り

昨日紹介したSAMBA BKUEWATER RESORTを後にして、次に向かったのは、サンフェルナンドにある「MULBERRY農園」

ここはテレビ「ABC-CBN」で紹介された農園で、スービックからの帰り道から近いので寄ってみました。

農園の名前は、「WILSON INSTANT TREE BANK」といいます。

高速道路(NLEX)サンフェルナンドインターからマッカーサー通り(MacArthur Hwy)に入りしばらく直線すると右手にあります。

WILSON INSTANT TREE BANKの看板がありますので分かりやすい位置です。

ここで今話題になっているのはMULBERRY狩り! 桑の実狩りです。

この桑の実狩りがテレビで紹介され、この日も他の客さんもテレビを見て来たと言っていました。

2~3mの桑の木には、たくさんの実がなり、紺色になった実を摘んでいきます。

料金は1カップ50ペソ。手がベタベタになるので、薄いビニール手袋をもらいMULBERRYエリアに入ります。

手の届く範囲いっぱいに桑の実がなり、訪れた人ははしゃいだりして桑の実狩りを楽しんでいました。

ねもとスタッフも初挑戦でけっこう楽しそうに桑の実摘んでいて、あっという間にカップいっぱい桑の実を摘み終わりましたが、

他にもいろんな木々があり、園内の写真を撮り、マニラに帰ってきました。

時期もので6月初旬から中旬が一番良いみたいです。

 

サンフェルナンドICを下りたところ

 

 

MacArthur Hwyに繫がる交差点右に曲がります。

 

MacArthur Hwy

この道路上にWILSON INSTANT TREE BANKがあります。

 

 

しばらく走ると

 

この看板が目印

 

グーグルマップ

 

園内、駐車場エリアは無く、適当に駐車します。

 

農園内

 

いろんな木々が展示してあります。

 

 

カラマンシー

 

ぶどう

 

 

農園オーナーのWILSONさん

 

1カップ50ペソ

 

WILSONさんからカップと手袋をもらって、奥の桑の木エリアに行きます。

 

鳥が入らないように網で囲っています。

 

桑の木エリア

 

他のお客さんも多かったです。

 

 

 

 

たくさん実がなっています。紺色になった実を摘んでいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ねもとスタッフのジョベル

 

ねもとスタッフのジェニファー

 

ねもとスタッフのインダイ

 

カップいっぱいに摘んだ桑の実は持って帰れます。

 

体に良いことが書いてあります。

 

 

 

 

  

ウォータースポーツ施設、SAMBA BKUEWATER RESORT&Inflatale Island

スービックを後にて次に向かったのは、帰りの途中にある、「SAMBA BKUEWATER RESORT」です。

ここはローカルの海水浴場的な所で、入場料を払い遊べる施設です。

入場料(1名250ペソ)を払い泳ぐも良し!、Nipa Hutを借りて、休憩しながら遊ぶも良し!

キャンプもできる、総合ウォータースポーツ施設です。

この日はあいにく雨模様で、海は少し濁っていましたが、お客さんけっこういました。

SAMBA BKUEWATER RESORTのチケット販売所の隣には、「Inflatale Island」とい水上アスレチック施設があり、ここも人気の施設です。

SAMBA BKUEWATER RESORTとInflatale Islandのチケットは別々になっていますので、お好みに合わせてチケットを購入できます。

今回は撮影が目的でしたので、入場料250ペソ(1名)を払い中に入りました。

写真をご紹介いたします。

SAMBA BKUEWATER RESORTのwebsite

Inflatale Islandのwebsite

 

 

SAMBA BKUEWATER RESORT

 

 

駐車場完備

 

チケット販売ブース

左側がSAMBA BKUEWATER RESORT、右側がInflatale Islndのチケット販売です。

 

SAMBA BKUEWATER RESORTの料金表

入場料のみは1名様250ペソ

 

Inflatale Islndの料金表

 

チケットを購入

 

 

エントランス

 

スタンプを押してもらい入場します。

 

すぐにキャンプエリアがあります。

 

 

 

 

子供用コーナー

 

 

お土産屋さんもあります。

 

HENNAを書いてくれるお店も

 

ビーチは歩きやすいように整備されています。

写真左のNipa Hutの利用は有料

 

 

 

 

ビーチは雨のため少し濁っています。

 

 

 

 

 

 

ビーチバレーもできそうです。

写真の向こう側に見えるのがInflatale Islndの水上アスレチック

 

標識もあります。

 

 

 

 

雨の為、屋根の下は人でいっぱい

 

 

ここで救命胴衣を借りて水上アスレチックに行くのですが、先ほどのチケットブースでチケットを買わないとダメ見たいです。戻るのはけっこう大変ですので、水上アスレチックで遊びたい方は先にチケットを購入しましょう!

 

この水上アスレチックは人気!

 

 

 

けっこう楽しそうです。

 

 

 

 

 

 

ロッカーエリアもありました。

 

シャワーエリア

 

スモーキングエリア

 

 

 

 

 

 

 

  

スービックに行くならホワイトロック ビーチホテル+ウォーターパークで遊ぼう!

スービック湾を囲うように数多くのホテルがありますが、今日紹介する「ホワイトロック ビーチホテル+ウォーターパーク」はスービックの中でも一番遊べるリゾートになります。

広い敷地の中にはスイミングプールを始め、ロッククライミングやZIPLINEなど施設があり、お供だし同士や家族などに人気があるホテルと遊びのレジャー施設です。

プールも数種類!波が出るプールやウォータースライダーがあり、普通のプール横にはバーベキューができるようになっています。

敷地内には手入れされた芝生が張られリゾート全体が清潔感ある施設だと感じさせてくれます。

海にはウォーターアソレティックがあり、人気の1つとなっています。

家族でスービックに行ったらホワイトロック ビーチホテル+ウォーターパーク外せないですね!

 

ホワイトロック ビーチホテル+ウォーターパーク

 

 

ウォーターパークのみ利用の方は、写真のビルディングの右にあるBACH ENTRANCEで支払います。

 

 

施設内に入ると、[I LOVE WHITEROCK]がお出迎え

 

 

 

 

 

ここは一番最初からあるプールエリア、お子様も遊べる浅いプールもあります。

 

 

 

昔からある波の出るプール

 

 

 

ロッククライミングもできます。

 

ZIPLINEも楽しめます。

 

 

場内昔は砂場が多かったのですが、今は芝生が敷き詰められ綺麗になりました。

 

数年前に比べると宿泊棟も増えています。

 

 

 

 

 

 

離れの宿泊施設

 

ビルディングエリア

 

 

 

 

ビーチバレーもできます。

 

新しい方の波の出るプール

 

 

 

ショップ

 

海の際にもプールがあります。

 

 

 

 

プールの横には、バーベキューの施設あります。

 

 

海には、ウォーターアソレティックがあります。

 

 

 

 

  

スービックの人気ホテルBlue Rock Resort & Dive Center②

昨日に引き続き、Blue Rock Resort & Dive Centerのご紹介ですが、

日が落ちてくるとライトアップされ、レストランでは、音楽演奏のサービスが行われます。

沖に浮かぶ人気のフローティングバーも多くのお客さんで活気が溢れています。

ビーチでは男女が手をつないで散歩を楽しむなど、日中とは違った雰囲気が味会えます。

 

人気のフローティングバー

ビーチから渡し舟で行くことができます。

 

 

こんな感じでフローティングバーまで送ってくれます。

 

 

ライトアップされたフローティングバーはけっこう綺麗です。

 

今回はねもとトラベルのスタッフがモデルです。

 

 

遠近法を利用してカメラ遊び

 

 

 

夜のレストラン

 

 

お二人が歌を歌ってくれました。

リクエストにも応じてくれます。

 

 

 

 

夕食

 

 

 

禁煙喫煙エリアが分かれています。

 

客室棟もライトアップされています。

 

庭にの木々もライトアップ

 

 

 

今回お世話になったスーパーバイザーのジャッキーさん(写真左)

 

  

スービックの人気ホテルBlue Rock Resort & Dive Center①

今日は、スービックにあるビーチフロントホテル、「Blue Rock Resort & Dive Center」をご紹介いたします。

Blue Rock Resort & Dive Centerはビートがあるホテルでレストランからは海を眺めながら食事ができるリゾートになっています。

青い屋根に白い壁といったデザインで夜になるとライトアップされ日中とまた違った雰囲気になります。

ご家族で来られているお客もあり、このエリアでは人気があるリゾートになります。

 

 

写真向こう側にBlue Rock Resort & Dive Centerの看板があります。

 

Blue Rock Resort & Dive Centerエントランス

 

チェックインカウンター

 

 

 

フロント横にはプールとレストランがあります。

プールでは小さいお子さんが楽しそうに泳いでいました。

 

レストラン

ビーチに直結していてレストランの外は砂場になっています。

 

 

 

夕方のビーチ

 

 

 

沖合に浮かぶ人気のフローティングバー

 

朝のビーチはきれいにならされていました。

 

 

 

 

ビーチから見たホテル

 

 

 

 

 

 

リゾート内のお庭も綺麗です。

 

 

 

 

宿泊ビルディング

 

 

客室 スーペリアビーチフロント

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

冷蔵庫(有料)

 

 

シャワールーム

 

シャワー

 

 

 

 

レストランバーは24時間営業

 

 

 

明日は日が落ちてからのBlue Rock Resort & Dive Centerをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

  

マカティの中心地I’M HOTEL

今日は、マカティの市にある新しいホテルで「I’M HOTEL」をご紹介いたします。

I’M HOTELはマカティ通りとカラヤアン通りの交差点に位置し、周りにはセントジャイルスホテルやシティガーデングランデホテルなどがあります。

I’M HOTELはオープンして間もないホテルですので、全てが新しく新鮮なホテルです。

ホテルの特徴としてはスイミングプールが街中のホテルとしては斬新なデザインになっています。

スパやジムも充実しており、マカティの中心に位置する高級ホテルの1つとして人気が高まっています。

ホテル全体で434室ありますので団体のお客様にも対応しており、ねもとでもお勧めのホテルになります。

 

I’M Hotel
Makati Avenue corner Kalayaan Avenue Makati

 

I’M Hotel 外観

 

エントランスの上にスイミングプールがあります。

 

 

 

ロビー 近代っぽいデザイン!

 

 

 

 

Classis Standard (Classic Studio) 30㎡

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫

 

 

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

シャワーは固定と手持ちの2種類が装備されています。

 

 

PRESTIGE ROOM 37㎡

 

 

 

 

 

多機能の電話

 

セーフティーBOX(全室完備)

 

 

冷蔵庫

 

洗面

 

 

シャワー

 

 

バスタブ

 

 

 

体重計

 

トイレ

 

 

EXECUTIVE PRESTIGE ROOM 40㎡

 

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

冷蔵庫

 

洗面

 

 

シャワー

 

 

バスタブ

 

 

体重計

 

PREMIERE SUITE 40㎡

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

 

 

キッチン

 

大型冷蔵庫

 

洗面

 

 

シャワー

バスタブ

 

 

1BR EXECUTIVE SUITE 57㎡

 

 

 

 

 

 

 

 

セーフティーBOX

 

 

キッチン

 

洗面

 

 

シャワー

 

バスタブ

 

トイレ

 

スイミングプール

他のホテルとは違い斬新なデザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジム

 

SPA

 

 

 

レストラン

 

 

  

パンパシフィックホテル 「Back to the 90’s」

昨日はパンパシフィックホテルで 「Back to the 90’s」というパーティがあり、ねもとトラベルが招待されましたので行ってきました。

ホテルスタッフは、皆90年代の服装でお客様をお迎えし、パーティーを盛り上げてくれます。

パーティー会場には、たくさんの料理が用意され、記念撮影をしてくれるコーナーもあり、順番待ちをするお客さんが大勢いました。

パーティーはジェネラルマネージャーのRichard Masselin氏の挨拶から始まり、商品が当たるくじ引きなどで盛り上がります。

時間の都合で最後までパーティーにはいませんでしたが、写真をご紹介いたします。

 

パンパシフィックホテル7階

 

 

 

会場内では記念撮影をする方が大勢いました。

 

 

 

 

プロのカメラマンによる撮影

 

 

メイン会場の横には多くの料理が用意されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻物もありました。

 

 

デザートもたくさん!

 

 

 

 

 

 

 

ジェネラルマネージャーのRichard Masselin氏と記念撮影

 

会場内

 

 

 

 

パーティーが始まりました。

 

 

 

 

 

ジェネラルマネージャーのRichard Masselin氏の挨拶

 

 

  

スービック1のビーチ!カマヤンビーチ

ZOOBICを後にしてスービックのランチをカマヤンビーチで食べることにしました。

このカマヤンビーチはイルカショーで有名なオーシャンアドベンチャーのすぐ横にあります。

カマヤンビーチはホテルですので宿泊もできるリゾートでビーチフロントになります。

レストランの目の前にビーチがありますので、食事を食べてスイミングなんてことも可能!

残念ながらこの日は雨に見舞われ、泳ぎませんでしたが、他のお客さんたちは元気よくビーチで楽しんでいました。

宿泊しなくても入場料を払えばビーチで泳ぐことができるスポットです。

 

駐車場、写真奥がオーシャンアドベンチャー

 

駐車場から見たスービックの海

 

 

 

ホテルの看板

 

左側がホテルのエントランス

 

 

宿泊はしないので、入場料を支払い中に入ります。

 

 

 

 

 

写真奥の方にレストラン及びビーチがありますので歩いて移動です。

 

雨が降っているので本当に残念!

 

 

 

 

レストラン 入場料には飲食代は含まれませんのでご注意ください。

 

 

ビーチから見たレストラン。

 

 

今回注文したチキン(上)とパスタ(下)

 

 

 

 

 

 

砂で出来てはいないようです。

 

雨でも元気に遊ぶ人たち

 

この日は雨ですが、スービック湾内ではここが一番きれいなビーチとも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

スービックに行ったらZOOBICサファリに行こう!

昨日は急きょ「SAVOY HOTEL MANILA」の紹介をさせて頂きましたが、

今日からスービックの話題に戻ります・・・

今日ご紹介するスポットは、スービック観光には欠かせない、「ZOOBIC」

サファリパークがある動物園です。

場所は、先日ご紹介した、トライアスロンのスタート地点、スービックインタナショナル空港から山の方向に車で走り8.8km

しばらく山道をはしるとZOOBICの看板がありますので、左に曲がり、到着です。

駐車場横にチケット売り場がありますので、大人695ペソを支払い入場します。

コース順序は決まっており、最初はかわいい動物を見ながら進み、園内のバスにのり移動、ライオンがいる所を見学したり爬虫類のエリアを見学したりと結構見るところがありました。

次はいよいよZOOBICの目玉といえるサファリです。

専用の車に乗り、パーク内に入ります。ここには放し飼いにされたトラがいまして、1グループ100ペソで買ったトラ用の鶏の切り身を餌にトラが車まで寄ってきます。

園内のスタッフが鶏の切り身をトラにあげると、お客さんから歓声があがるほど迫力がありました。

次に向かったワニの所でも竿につるした鶏の切り身をワニに食べさせる体験なども人気があり、お客は楽しそうでした。

スービックに行くなら話のネタに一度は行ってみたいスポット「ZOOBIC」どうでしょうか・・・

 

スービックの町から来るとちょうどスービックインタナショナル空港の最後の曲がり角

ここの「ZOOBIC」の距離標識があります。

 

ZOOBICまで8.8km

 

しばらくこのような山道を走ります。

 

 

ZOOBIC SAFARI左の看板がありますので、左折します。

 

動物園が近いせいか、野サルがいます。

 

 

 

 

駐車場

 

お土産屋さん

 

チケット売り場

 

チケット売り場では1人695ペソですが、食事込み1人895ペソも選択できます。

 

 

チケット売り場の横には3Dアートのエリアもありました。

 

 

 

ZOOBICの案内とスケジュール表

 

 

ここから進み、まず受付をします。

 

受付中

 

受付そしてスタンプを押してもらいます。

 

 

受付の横には白いトラがお昼寝中

 

 

 

場内のMAP

 

鳥コーナー

 

 

 

場内は自然いっぱい

 

記念撮影のポイントもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場内は厚いですが、歩き安い通路になっています。

 

 

 

 

この辺までの動物はみんなかわいく愛嬌ある小さい動物です。

 

場内のレストラン

 

 

 

ここは動物たちのショーが見れるところですが、この日は動物たちはトレーニング中とこのことで行われませんでした。

 

 

 

 

爬虫類のコーナー

 

 

 

 

 

次はこの車に乗って移動です。

 

 

 

白いTシャツお姉さんの説明を聞きながら進みます。

 

 

 

車を降りて移動

 

 

ライオンのエリアです。

 

 

BIG BOYという名前が付けられているオスライオン

 

 

 

 

 

 

次はいよいよサファリです。

 

スタッフの説明を聞き。

 

 

 

このサファリ専用車に乗ります。

 

 

 

トラ発見

 

 

こっちにもトラ発見!

 

スタッフが餌を見せると近づいてきます。

 

どうですかこの迫力!マニラ動物園では見れません。

 

 

 

車の屋根にも上がってくれました。

 

 

サファリが終わり、いろんな動物を見ながら車で移動

 

ラクダもいます。

 

 

 

車を降りて次はワニのいるところです。

 

 

 

ここでも餌を買って、竿に吊るしワニに食べさせることができます。

 

 

ワニを見てから急に雨が降ってきてZOOBIC見学を終了し、ZOOBICを後にしました。

一度は行ってみたくなるZOOBIC、ご家族で楽しめます。

 

 

 

 

  

トランジットに最高!SAVOY HOTEL MANILA 空港第三ターミナル前

今日はマニラ空港第三ターミナル前に新規オープンするホテル「SAVOY HOTEL MANILA」を紹介いたします。

SAVOY HOTELは世界各国に展開するホテルで、ロンドンからスタートしたホテルグループです。

SAVOY HOTEL MANILAは4スターとして位置づけられたホテルで600室を超える客室数になっています。

ホテル内にはスイミングプールやジムあり、4スターとし十分な設備を備えています。

ネモトで販売するスタンダードルームは、ツイン(シングルサイズベッド2つ)とクイーン(クイーンサイズベッド1つ)になりますが、それぞれ200室を超える客室数でいつでもご要望にお応えできる数量になっております。

加え、朝食付き、朝食無の設定もでき、トランジットで早朝フライトなど、朝食の必要がないお客様にも対応しております。

6月28日より宿泊可能で、ねもとでも自信の価格でご販売させていただきます。

宿泊費につきましてはお問い合わせください。

 

SAVOY HOTEL MANILAマニラ空港第三ターミナル前にあります。

(写真中央のビル)

 

マニラ空港第三ターミナルからの撮影

 

 

 

Essential1(スタンダードルーム)ツイン 23㎡

 

 

 

 

 

セキュリティーBOX(全室完備)

 

冷蔵庫(有料)

 

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

 

トイレ

 

 

以下の客室は、ご紹介だけいたします。

宿泊価格は現在交渉中になります。

RUNWAYルーム

 

 

 

 

 

 

 

 

冷蔵庫(有料)

 

 

洗面

 

 

シャワー

 

 

トイレ

 

The Deckルーム

 

 

 

 

 

セキュリティーBOX

 

 

冷蔵庫(有料)

 

洗面

 

 

シャワー

 

トイレ

 

 

 

スイートルーム(1BR)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セキュリティーBOX

 

 

洗面

 

 

 

シャワー

 

 

トイレ

 

1階フロント左側にレストランがあります。

朝食はここで食べます。

 

 

 

スイミングプール

 

 

 

 

スイミングプールは屋内ですが、吹き抜けになっていますので開放感があります。

 

 

ジム

 

 

サウナ

 

 

シャワー

 

 

ファンクションルーム

 

お部屋前の廊下部分は

2階分づつの吹き抜けになっています。

 

 

ロビー部分6月28日からですので、まだ準備中でした。

 

エントランス

 

 

 

  

スービック、トライアスロン(IRONMAN 70.3 SUBIC BAY)その2

トライアスロン「IRONMAN 70.3 SUBIC BAY」

大会当日6月3日SUBIC BAY内は交通規制が行われ渋滞し、車が進みません。

自電車(バイク)コースはハイウェイを片側封鎖してトライアスロンコースになっていますので、車を高速に向けて、

反対車線に入り自転車(バイク)を撮影しました。

途中給水地点などがあり、給水しながら走る選手や、自転車を降りて休憩する選手など様々な光景を見ることができました。

いろんなデザインの自転車(バイク)で走る選手たちがハイウェイを走る姿は感動すら覚えてきます。

写真をご紹介いたしますので、ご覧ください。

 

マニラからスービックに向かう高速道路最終料金所

トライアスロンの交通規制が行われています。

 

 

給水地点

 

 

関係スタッフ

 

選手が来ました・・・

 

 

 

 

車をマニラに向けて走っていきます。

 

 

 

 

 

 

ここでは止まって給水している選手もいます。

 

 

 

 

 

選手側の道路は上り坂ですので結構苦しそうでした。

 

 

 

 

 

 

 

選手の数も増えてきました。

 

 

しばらく上り坂が続きます。

 

 

折り返した選手は逆に下り坂になります。

 

 

 

選手の皆さんは自分との戦いもあるのでしょうね・・・

大変そうです。

 

 

 

 

 

 

自転車の点検でしょうか、自転車を降りている選手がいます。

 

給水ポイント

 

 

 

 

 

女性の選手が多かったのは驚きでした。

世界のトライアスロン人口は200万人を超えるそうです。

 

過酷な競技なのでしょう。途中自転車を止めている選手もいます。

 

 

 

選手の数が多いポイント

 

 

 

 

 

 

給水ポイント

 

 

 

 

給水ポイント

GATORADEがスポンサーでしょか

 

救急車も各所待機しています。

 

 

 

 

ここで交通規制が解除されました。

 

  

スービック、トライアスロン(IRONMAN 70.3 SUBIC BAY)その1

昨日まではマバラカット周辺をご紹介させていただきました。

今日からはスービックをご紹介させていただきます。

お付き合い宜しくお願い致します。

さて、スービックで6月2日、トライアスロンの大きな国際大会が行われました。

「IRONMAN 70.3 SUBIC BAY」という国際大会です。

大会は2種類のコースで、
水泳1.9km/自転車90km/ランニング21.1km 合計113km
水泳3.8km/自転車180km/ランニング42.2km 合計226kmの
2コースになります

6月3日早朝5時30分のスタートで、6月1日及び前日のスタート地点に行ってみました。

 

ハイウェイを降りるとトライアスロンの看板がありました。

 

6月1日スービック ベイ インターナショナル エアポート

この空港の横のビーチで6月3日朝5時30分水泳からスタートします。

 

 

スタート地点はスービックインターナショナルエアポート近くのビーチで車で行けるところまで行ってみました。

6月1日は2日前でしたでm準備中なのか静かな感じです。

 

大会2日前の水泳から自転車に代わる地点

 

準備も始まったばかりの様で静かです。

 

ブルーシートの場所に自転車(バイク)を置くようです。

 

 

 

 

この道はズービックサファリやオーシャンアドベンチャーなどに行く道です。

 

 

大会前日に行ったときは、ちょうど出場選手の自転車(バイク)をエントリーしているのか写真を撮っていました。

フィリピンを始めアメリカ、オーストラリア、日本など各国から1000人以上エントリされているようです。

ゴール地点はSUBIC BAY内のグランドの様で、大会前日の様子を撮影してきました。

 

トライアスロン競技用自転車を積載する車

 

 

 

 

自転車からマラソンにチェンジする場所でゴール地点。

 

 

 

 

 

 

準備作業中の大会関係者

 

向こう側には臨時スタンドが設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

大会前日の空港の様子

 

 

6月2日大会前日、スタート地点付近

少し動きがあるようです。

 

 

 

ここで選手と自転車の写真を撮っていました。

 

 

台に自転車を載せて・・・

 

 

 

選手とバイクの写真撮影

 

 

ここに自転車を駐車しているようです。

 

 

大会当日6月3日

ハイウェイで自転車(バイク)コースの様子は明日ご紹介いたします。

 

ちょっとだけ! ハイウェイを走る選手!